湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜6時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

更新情報

動かなくなってしまったデスクトップパソコンからお客様の保存したデータを取り出してほしいという依頼品です。 機種名は FUJITSU ESPRIMO WD2/M というモデルです。 電源を入れても動かないのでパソコン本体からハードディスクを取り出して 別のデータ救出用パソコ
『FUJITSU ESPRIMO WD2/M データ取り出し作業』の画像

現行型ワークステーション(パソコン)修理作業です。 機種名は hp Z2 SFF 4G workstation というモデル 割と新しい機種なのですが故障はするから困ったものです。 このマシンはリース品で保証対象だと思うのですが、正規修理でデータが無くなると困るので下田商会に修
『hp Z2 SFF 4G workstation 修理作業』の画像

リカバリーしてしまったパソコンのハードディスクのデータ救出作業を行いました。 この作業はハードルが高く、データ救出作業の成功率が低いのです。 データ救出作業を行っても、フォルダ構造やファイル名が喪失している事が多く、拡張子単位でのデータ救出(ファイル名が
『リカバリーしてしまったパソコンからデータ復旧作業を行いました。』の画像

IODATA製のネットワーク接続型HDDのデータ救出作業を行いました。 LANDISKという製品の中身のハードディスク3TBです。 このハードディスクのフォーマット形式はext2フォーマットなので、そのままWindowsやMacに繋いでデータは見えません。 しかも今回は停電が原因でデータ
『IODATA LANDISK データ救出作業』の画像

どうしてそんなに壊れるの・・・。 BUFFALO おもいでばこ データ復旧作業 またまたデータ救出依頼品 おもいでばこ 特殊な製品だけにデータ復旧作業をやってくれる業者様がすくないのかな? 写真データの保存方法が特殊だから解かりにくいんですよね。 今回の「おもい
『BUFFALO おもいでばこ データ復旧作業』の画像

HP Compaq 6005 Pro Small Form Factor 修理作業 電源が入らない症状での修理依頼品でした。 1番の故障個所は電源ユニットだったのですが、交換して電源を投入するとBIOS画面は立ち上がりますがOSが立ち上がりません。 ハードディスクも壊れていたんです。 多分、電源が
『HP Compaq 6005 Pro Small Form Factor 修理作業』の画像

DELL PRECISION TOWER5810 SSD換装作業 元々は3.5インチのハードディスクが搭載されているDELL製ワークステーションPCにSSDを換装しました。 ハードディスクのマウンターは3.5インチなので、2.5インチから3.5インチに変換するマウンターを取り付けて搭載しました。 元の容
『快適化作業 DELL PRECISION TOWER5810 SSD換装』の画像

OS起動が出来なくなってしまったDELL製デスクトップパソコンの修理作業を行いました。 機種名はDELL Inspiron3470というモデルです。 故障個所はハードディスクでした。 ハードディスクに軽微な物理障害が発生した為に起動出来なくなっていたようです。 修理作業としては
『DELL Inspiron3470 修理作業:ハードディスク交換』の画像

新年から3連チャンで「おもいでばこ」のデータ救出作業を行いました。 デジタルカメラ写真を簡単に保存出来てテレビで見られる便利な機械ですが、機械故に壊れます・・・。 そうすると撮り貯めた写真がすべて無くなっちゃうんですよ。 あら大変! と云う訳で、「おもいで
『初期型「おもいでばこ」データ救出作業』の画像

今となっては懐かしい MacBookの修理・改造作業を行いました。 ハードディスク不良で修理を行う案件だったのですが、お客様のご要望によりSSD換装となりました。 元々は2.5インチのハードディスクが搭載されているので、それを2.5インチSSDに換装するだけなので割と
『MacBook Mac OS X Snow Leopard 修理作業』の画像

Seagate ST3500418AS データ救出作業 (このハードディスクはGATEWAY製のパソコンに搭載されていたものです。) 通電するけどモーターが回らないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 正確にはモーターは回ろうとしてるけど、何かが引っかかっていて回れない感じ
『モーターが回らない?Seagate ST3500418AS データ救出作業』の画像

巡回冗長エラーとなってしまいデータのコピーが出来ない・フリーズしてしまうハードディスクのデータ救出作業を行いました。 BUFFALO製 HD-LC2.0U3-BKC というUSB接続のハードディスクです。 分解してハードディスクを取り出します。 そしてデータ救出作業用のパソコ
『BUFFALO製 HD-LC2.0U3-BKC データ救出作業』の画像

BUFFALO製 おもいでばこ のデータを救出作業 ※PD-1000 (スマホで気軽に写真を撮れる今。たまっていく写真や動画の保存・整理は、もう悩まずに。「おもいでばこ」なら、楽しみに変えながら写真を残せます。) という製品です。 でもハードディスクが壊れると最悪です。
『BUFFALO製 おもいでばこ PD-1000のデータを救出作業』の画像

DELL OPTIPLEX990 修理作業 OS起動が出来なくなってしったデスクトップパソコンの修理を行いました。 BIOS起動も出来ない状態です・・・。 最初はマザーボード不良?と疑いましたが、内臓電池の完全消耗によりBIOSが動作できなかったようです。 年末年始のお休みで電源を
『電源が入らない? 起動できない? DELL OPTIPLEX990 修理作業』の画像

DELL PRECISION TOWER 5810 SSD換装作業 この子は元々、改造されていたマシンなんです。 起動ドライブのSSDが128GBになっていましたが、ユーザーがCドライブ(デスクトップとマイピクチャー)にデータを保存してしまうので、あっという間にCドライブの空きが無くなって
『DELL PRECISION TOWER 5810 SSD換装作業』の画像

令和5年の最初のお仕事! モータが回らなくなってしまった? 通電しないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 Seagate製 ST2000DM001 というハードディスクです。 全く通電している気配がない。モーターが全く動かない感じです。 これは基板が完全に壊れて
『Seagate ST2000DM001 HDD データ救出作業』の画像

ちょっと旧いパソコンの修理作業 動物病院の電子カルテ端末の修理です。 故障個所はハードディスクなのですが、元のソフトウエア環境が重要なので、元の環境のハードディスクからクローンコピーして複製ハードディスクを作ります。 その複製HDDをエラー修復などを経て正常
『電子カルテのPC端末修理(WindowsXP)』の画像

DELL OPTIPLEX9020 SSD換装作業 元々は1TBのHDDで動作していたパソコンをSSD1TBに換装しました。 それに加えてデータドライブ用に1TBのHDDを追加してあります。 あれ? 普通に考えると筐体内部のスペースから考えると 無理じゃね? となるやつです。 実はSSDを搭載
『魔改造? DELL OPTIPLEX9020 SSD換装作業』の画像

BUFFALO製 おもいでばこ というデジカメ写真を保存する箱の特殊修理対応?を行いました。 SDカードを介してデータを読み込むのですが、 そのSDカードが何故か入っては行けない隙間から筐体内に落ちてしまい 取れなくなってしまったそうです。 そんなトラブルでも対応
『おもいでばこ。ちょっと変わった依頼品です。』の画像

TOSHIBA dynabook T544/76LW 修理作業 PT55476LBXW お客様がご自身でWindows10にアップグレード作業を行ったのですが上手くいかず、 お持ち込みされました。 当社でも最初は上手くいかず試行錯誤しましたが、 結果的には新品のハードディスクに元のハードディスク環境を丸
『TOSHIBA dynabook T544/76LW 修理作業』の画像

Let'snote CF-SV7RDAVS SSD データ救出作業を行いました。 このモデルはハードディスクではなく、基板タイプのSSDなのです。 こういった場合はまずノートパソコンからSSDを取り外します。 SSDのタイプによってコネクター形状が違うので、当社では違う形状ごとのマウンター
『起動できない? Let'snote CF-SV7RDAVS SSD データ救出作業』の画像

折れ曲がってしまったUSBメモリー データが読めません(´;ω;`)ウゥゥ こんな風になってしまった可哀そうなUSBメモリーですが、データを救出できる可能性はあるんですよ。 半田付けで断線した部分を治してデータを読み出したりしますが それでもダメな場合はメモリーチッ
『データ救出:折れ曲がってしまったUSBメモリーだけど・・・。』の画像

他社様でデータ復旧作業を行ったUSBメモリーのセカンドオピニオン品です。 この製品はSONY製のノック式USBメモリーでものすごく売れたメモリーなんですよ。 そんな製品の再調査依頼品です。 他社様での救出結果や経緯は知りませんが、私達が出来る限りの調査と作業を行い
『SONY製USBメモリーデータ復旧作業:セカンドオピニオン品』の画像

とても動作が遅く感じるノートパソコンの修理作業を行いました。 機種名は 富士通製 FMV LIFEBOOK  AH77/G というモデルです。 CPUが3世代のCorei7で、メモリーが8GB搭載されているのに、 常にハードディスクへのアクセスが100パーセントになっています。 ハード
『とても遅い? 富士通製ノートパソコン FMV LIFEBOOK AH77/G』の画像

ノートパソコンのヒンジ部品が折れてしまい、液晶画面が開けない?開いたら倒れるw 可哀そうな状態の LENOVO製ノートパソコン L540 を修理しました。 修理するために分解してみると、左側のヒンジが治せないくらい激しく損傷していました。 しかも無線LANのアンテナ
『LENOVO製ノートパソコン L540 液晶画面ヒンジ部分修理』の画像

パソコンに繋いだ瞬間だけは認識するも、すぐに切断されてしまうBUFFALO製USBメモリーのデータ救出作業を行いました。 こういった場合、普通のパソコン上ではどうにもならないので、特殊なツールを使ってUSBメモリーを解析してデータを抜き出します。 今回はメモリーチップ
『BUFFALO製 USBメモリーデータ復旧作業』の画像

USBメモリーデータ復旧作業 BUFFALO RUF3-C 16GB 他社様でデータ復旧作業を行ったセカンドオピニオン品です。 他社で作業したデータは破損ファイルが多くてダメだったらしいのです。 それを当社でディプリケーターを使ったクローンメモリーを作ってからデータを救出しまし
『BUFFALO RUF3-C 16GB USBメモリーデータ復旧作業』の画像

SiliconPower製 外付けHDDデータ救出作業 ある日突然ハードディスクがパソコンから認識しなくなってしまったそうな。 不良クラスターという悪い傷が増殖してフォーマットを壊したらしいのです。 物理的な傷ですな。 そんな状態のハードディスク君をコツコツとエラースキ
『SiliconPower製 外付けHDDデータ救出作業』の画像

↑このページのトップヘ