湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

外付けハードディスク データ復旧

何故か解らないけど?突然大量のデータが消えてしまったハードディスクのデータ救出作業 お客様がバックアップを取っていた時に何故か大量のデータが消えました。 理由・原因は不明です。 でも消えた事実は間違いなし。 という訳でソフトウエア解析を行いデータを探しま
『突然!大量のデータが消えたハードディスクのデータ救出』の画像

TOSHIBA HD-ED20TK 外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 この案件は当社に持ち込まれる前に3社のデータ復旧会社で復旧出来なかったものを当社でセカンドオピニオンで対応した物です。 当社到着時のハードディスクの状況は重度物理障害であり、読み取りヘ
『TOSHIBA製外付けハードディスクデータ救出作業』の画像

異音がするWD製外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 明らかにヘッド部品がクラッシュしている異音がするので通電を直ぐに止めてハードディスク分解作業を行いました。 分解してみると若干ですが記憶盤面にスクラッチ状の傷が入っていました。 こういった
『WD MyPassport Ultra 外付けハードディスクのデータ救出作業』の画像

BUFFALO開封品のハードディスクをデータ救出してみた。 メーカーでは読み取りヘッド部品不良なので高額救出作業となる診断だった案件。 当社到着時にハードディスクケースを確認すると「バッファロー開封品」と可愛いシールが貼ってありました(笑) 早速中身を取り出し
『BUFFALO開封品のハードディスクをデータ救出してみた。』の画像

東京銀座にある大手データ復旧会社で半日診断してデータ復旧不可の診断が出たハードディスクのセカンドオピニオン品です。 まず結論から言うと1時間程度の作業でデータ救出できる軽度の物理障害で 当社で行うデータ救出作業では割と安価な金額で復旧出来る状態でした。
『他社で救出不可だったハードディスクのデータ救出作業』の画像

Macで使っていた外付けハードディスクのデータ救出依頼品です。 到着時にはハードディスクとしては認識するも、パーテーション情報が飛んでいて、からっぽの状態。 しかも、元は「HFS+」というAPPLEフォーマットの筈なのに、なぜか? 58.22GBの不明なフォーマットにな
『Macで使ったいた外付けハードディスクのデータ救出』の画像

RATOC製のRAIDケースに格納されているハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 中に格納されていたハードディスクはSeagate製の3TBの物。 Seagate ST3000DM001 軽度物理障害から読み取りヘッド破損に移行し始めている状況です。 格納データは動画が中心でかなりのデ
『RATOC製ハードディスクのデータ復旧作業』の画像

LaCie製の外付けハードディスクに間違ってノートパソコンの電源アダプターを差し込んで壊してしまったハードディスクの修理を行いました。(中身はSeagate製) 最初に基板をテスターとオシロスコープであたって破損チップ部品を特定します。 その調査で分かった破損部
『違う電源アダプターを刺して壊れたハードディスクの修理作業』の画像

同業者様からデータ復旧のご依頼を頂きました。 お客様(業者様)が色々とやってしまって手に負えなくなった状態からのデータ復旧案件です。 やっちまった?経緯は致し方が無い事ですが、最初から持ってきてくれていたら・・・。 そう感じてしまうハードディスク君。 当
『同業者様からのハードディスクデータ復旧依頼品』の画像

TOSHIBA製 DT01ACA300 3TB のハードディスクのデータ救出作業を行っています。 このディスクは他社様で物理障害の診断がされており、高額なデータ復旧費用のお見積もりで諦めて当社にセカンドオピニオンでお持込されました。 当社で診断してみたところ、最初に診断され
『他社で高額お見積もりのハードディスクデータ救出』の画像

ノートパソコンにつないだ状態で落下させてしまったBUFFALO製HD-LB2.0TU3-BKCのデータ復旧作業を行いました。 持ち込まれた状態はハードディスクのモーターが回らない状態 モーターが回らないのは読み取りヘッド部品がプラッタ盤面上で止まってしまいヘッドロックしている
『HD-LB2.0TU3-BKC データ復旧作業』の画像

Windows 10 で使っていたハードウェアが 突然に回復ドライブという名前になってしまってデータが消えて無くなってしまったハードディスクからデータを救出しました。 この現象、たまーにデータ救出案件で持ち込まれます。 自分で回復ドライブを作った覚えが無いのに、パソ
『Windows 10 で使っていて回復ドライブになってしまったハードディスク』の画像

Logitec LHD-ENA020U2W LHD-EN2000U2W データ復旧 外付けHDDがパソコンで認識しなくなりました。 と一件のお問い合わせをいただきました。 ドライブへのショートカットにカーソルを合わせると「?」と表示されてしまうとのことで 一度郵送にてお預かりさせていただくこ
『アクセス不可で「?」マーク!?どうしてこんなことに?』の画像

IO DATA LANDISK HDL-AH1.0 データ復旧 「必要なデータが残っているのに間違えて削除してしまいました・・・。」 今回は誤削除からのデータ復旧依頼です。 IO DATA LANDISK HDL-AH1.0 USBでは無くネットワークで接続をするタイプ(NAS)の外付けHDDです。 中身はSeaga
『何故必要なデータが無い!?Part1』の画像

Buffalo製の外付けハードディスクのデータ救出作業をおこないました。 手順としては外付けハードディスクのケースを分解して中身のハードディスクを取り出します。 中に入っていたのは当社でも復旧率の悪い・・・。Seagate製 2TBのモデル。 予想通りの読み取りヘ
『Buffalo製 LinkStation LS-Y2.0TL データ救出作業』の画像

Macで使用していたデータをWindowsで使いたい データ復旧 外付けHDDが壊れてしまって・・・。データ復旧をお願いしたいのですが。 データ復旧のご依頼をいただきました。 実はこの外付けHDDはMacで使用していたものなんです。 手前のディスクが今回のご依頼品。 それで
『ミッション!Macを使ってNTFSにデータを書き込め!?』の画像

落下させてしまい壊れてしまったハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 要救助ハードディスクは「Bufflo MiniStation HD-PCF1.0U3」というポータブルタイプのハードディスクです。 分解してみるとUSB3のコネクター部分が見事にもげていました。 幸いハードディ
『Bufflo MiniStation HD-PCF1.0U3 データ復旧作業 』の画像

IO DATA HDPF-TU500K データ復旧 今回ご依頼いただきましたのはIO DATA製 HDPF-UT500K 2.5inch 500GBの外付けハードディスクです。 ハードディスクは不良クラスタが多数あり、あまりよろしくない状態…。 なんとか解析が終わり、ほとんどのデータを復旧することができま
『IO DATA 外付けハードディスク データ復旧』の画像

外付けハードディスクに間違えてノートパソコンのACアダプターを刺したら煙が出て壊れたハードディスクのデータ復旧作業 こんな小さなチップ部品が1個ダメなだけで30万円以上のデータ復旧お見積もりになってしまうデータ復旧業界・・・。 確かに銀座あたりの大手復旧業
『ハードディスク基板修理からのデータ復旧』の画像

停電で動かなくなってしまった BUFFALO LS-Y1.0TLデータ復旧作業を行いました。 当社に持ち込む前に横浜にあるデータ復旧業者様で80万円のお見積もりだったそうです。 ハードディスクの状態は「モーターが回らない。」 正確には読み取りヘッドがプラッター盤面に吸着し
『横浜の復旧業者様で80万円。下田商会で15万円。データ復旧作業』の画像

USB接続の外付けハードディスクから煙が出てきて動かなくなった? そんなBUFFALO製HD-CL500U2 というモデルのデータ復旧依頼品です。 まず、ハードディスクの状態は不良クラスターがあり、正常にデータが読み出せない状態。 ハードディスクのケース側の基板は破損してい
『BUFFALO製HD-CL500U2データ復旧作業』の画像

バッファロー製の外付けハードディスクを、お客様がご使用になられていて突然保存していたデータがすべて無くなった?との事で緊急お持込されました。 要救助ハードディスクは、BUFFALO製 HD-CB1.5TU2 というモデルです。 パソコンに繋ぐと、本来であれば1.5TBのパーテーシ
『Buffalo HD-CB1.5TU2 データ復旧作業』の画像

IODATA製の外付けハードディスクのデータ復旧作業 HDPD-AUT500K Macで使用されていたので、HFS+でフォーマットされていました。 これをWindowsベースのマシンでデータ復旧すると上手くいかないので、Macベースのデータ復旧マシンで作業を行います。 WindowsとMacの決定的
『Macで使っていたハードディスクのデータ復旧』の画像

Buffalo製 USB接続の外付けハードディスク HD-LS2.0TU2J のデータ復旧作業を行いました。 ある日突然、ハードディスクとして認識しなくなったそうです。 でも異音は無く、ハードディスクのモーターも回っていました。 デバイスとしてもハードディスクの型番までは認識で
『HD-LS2.0TU2J データ復旧作業』の画像

Mac OSで使用している外付けHDD Mac OSにてデータ復旧 下田商会ではMac OSで使用してたデータのデータ復旧は基本的に同じMac OS上で行っています。 というのも、Windows上でも出来なくはないのですが、 復旧したデータの再生が正常に行われない。ということもしばし
『Mac OSのデータ復旧はMacで行ってます!』の画像

東日本大震災で津波被害に遭ったハードディスクのデータ復旧依頼品が到着しました。 ビジュアルチェックの段階で既に錆の確認ができたので厳しい状況です。 恐る恐る基板を外してみると、HDD基板に実装されているコントロールチップの足が錆で腐食していて基板についてい
『東日本大震災で津波被害に遭ったハードディスクのデータ復旧依頼品』の画像

↑このページのトップヘ