神奈川県藤沢市のパソコン修理・データ復旧専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

神奈川県藤沢市のパソコン修理・データ復旧専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

外付けハードディスク データ復旧

落下させてしまい壊れてしまったハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 要救助ハードディスクは「Bufflo MiniStation HD-PCF1.0U3」というポータブルタイプのハードディスクです。 分解してみるとUSB3のコネクター部分が見事にもげていました。 幸いハードディ
『Bufflo MiniStation HD-PCF1.0U3 データ復旧作業 』の画像

IO DATA HDPF-TU500K データ復旧 今回ご依頼いただきましたのはIO DATA製 HDPF-UT500K 2.5inch 500GBの外付けハードディスクです。 ハードディスクは不良クラスタが多数あり、あまりよろしくない状態…。 なんとか解析が終わり、ほとんどのデータを復旧することができま
『IO DATA 外付けハードディスク データ復旧』の画像

外付けハードディスクに間違えてノートパソコンのACアダプターを刺したら煙が出て壊れたハードディスクのデータ復旧作業 こんな小さなチップ部品が1個ダメなだけで30万円以上のデータ復旧お見積もりになってしまうデータ復旧業界・・・。 確かに銀座あたりの大手復旧業
『ハードディスク基板修理からのデータ復旧』の画像

停電で動かなくなってしまった BUFFALO LS-Y1.0TLデータ復旧作業を行いました。 当社に持ち込む前に横浜にあるデータ復旧業者様で80万円のお見積もりだったそうです。 ハードディスクの状態は「モーターが回らない。」 正確には読み取りヘッドがプラッター盤面に吸着し
『横浜の復旧業者様で80万円。下田商会で15万円。データ復旧作業』の画像

USB接続の外付けハードディスクから煙が出てきて動かなくなった? そんなBUFFALO製HD-CL500U2 というモデルのデータ復旧依頼品です。 まず、ハードディスクの状態は不良クラスターがあり、正常にデータが読み出せない状態。 ハードディスクのケース側の基板は破損してい
『BUFFALO製HD-CL500U2データ復旧作業』の画像

バッファロー製の外付けハードディスクを、お客様がご使用になられていて突然保存していたデータがすべて無くなった?との事で緊急お持込されました。 要救助ハードディスクは、BUFFALO製 HD-CB1.5TU2 というモデルです。 パソコンに繋ぐと、本来であれば1.5TBのパーテーシ
『Buffalo HD-CB1.5TU2 データ復旧作業』の画像

IODATA製の外付けハードディスクのデータ復旧作業 HDPD-AUT500K Macで使用されていたので、HFS+でフォーマットされていました。 これをWindowsベースのマシンでデータ復旧すると上手くいかないので、Macベースのデータ復旧マシンで作業を行います。 WindowsとMacの決定的
『Macで使っていたハードディスクのデータ復旧』の画像

Buffalo製 USB接続の外付けハードディスク HD-LS2.0TU2J のデータ復旧作業を行いました。 ある日突然、ハードディスクとして認識しなくなったそうです。 でも異音は無く、ハードディスクのモーターも回っていました。 デバイスとしてもハードディスクの型番までは認識で
『HD-LS2.0TU2J データ復旧作業』の画像

Mac OSで使用している外付けHDD Mac OSにてデータ復旧 下田商会ではMac OSで使用してたデータのデータ復旧は基本的に同じMac OS上で行っています。 というのも、Windows上でも出来なくはないのですが、 復旧したデータの再生が正常に行われない。ということもしばし
『Mac OSのデータ復旧はMacで行ってます!』の画像

東日本大震災で津波被害に遭ったハードディスクのデータ復旧依頼品が到着しました。 ビジュアルチェックの段階で既に錆の確認ができたので厳しい状況です。 恐る恐る基板を外してみると、HDD基板に実装されているコントロールチップの足が錆で腐食していて基板についてい
『東日本大震災で津波被害に遭ったハードディスクのデータ復旧依頼品』の画像

BUFFALO製のハードディスクから デジカメ写真のデータ復旧作業を行いました。 バッファローのモデルナンバーは  HD-CL2.0TU2/N という型式です。 Windows の回復ドライブに設定してしまった為に保存してあったデータがすべて消えて無くなってしまった悲しい案件です。
『BUFFALO HD-CL2.0TU2/N デジカメ写真のデータ復旧作業』の画像

誤動作で作ってしまった?回復ドライブからデジタルカメラ写真を救出する。 Windows8でコントロール・パネルから[回復]というツールを起動してしまい、外付けハードディスクのデータが無くなってしまうケースが相変わらず多いのです。 そうなってしまうと普通はデータを
『回復ドライブからデジタルカメラ写真を救出する。』の画像

パソコンに繋いでも認識しなくなってしまった? BUFFALO製外付けハードディスクデータ復旧作業を行いました。 このモデルは HD-CS500U2 という型番で割と良く売れたモデルです。 構造的に外付けハードディスクのケースに実装されている電源基板のコンデンサーがパンクして
『BUFFALO製外付けハードディスクデータ復旧 HD-CS500U2』の画像

パソコンに繋いでも動かなくなってしまった アイ・オー・データ製 HDPC-UT500S 外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 郵送で送られてきたハードディスクだったので、早速診断作業を行います。 外付けハードディスクをパソコンに繋いでみると確かにモーター
『I/ODATA HDPC-UT500S データ復旧作業』の画像

BUFFALO製 USB接続外付けハードデイスク HD-PNT1.0U3-BC のデータ復旧作業を行いました。 お持込された時のお客様ヒアリングでは、「アクセスできないフォルダーやファイルがある。」との事でしたが、実際に診断してみると根本的にドライブが開けない! 全くフォルダーも
『BUFFALO つやスリムTOUGH データ復旧作業』の画像

WD製のUSB接続外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 このハードディスクの状況はパソコンでは認識して、ドライブとして表示されるのですが、アクセスしようとすると「フォーマットされていません」とメッセージが表示されて開くことができません。 ここで間
『WD製の外付けハードディスクデータ復旧作業』の画像

BUFFLO製のUSB接続外付けハードディスク HD-LL3.0U3-BK からのデータ復旧作業を行いました。 BUFFALO製ですが、中身のハードディスクは WD製(ウエスタンデジタル製)のWD30EZRX という 3TBの大容量ハードディスクが格納されています。 今回の不具合原因は外付
『USB接続HDD BUFFLO HD-LL3.0U3-BK データ復旧作業』の画像

最近、同じ形をしたUSB接続のハードディスクのデータ復旧依頼が増えています。 今回のモデル名は BUFFALO製 HD-CL1.0TU2 です。 中に格納されていたハードディスクは Seagate製 ST31000520AS でした。 同じような外観のハードデイスクケースでも、中身のハードデイス
『USB接続ハードディスク HD-CL1.0TU2データ復旧作業』の画像

BUFFALO製 USB接続の外付けハードディスク HD-CB1.5TU2 データ復旧作業を行いました。 お持込された時の状況では電源ボタンを入れても全くモーターが回らない状態でした。 ハードディスクケース本体から、ハードディスク単体で取り出して データ復旧用のマシンに接続
『外付けハードディスク BUFFALO HD-CB1.5TU2 データ復旧作業』の画像

巡回冗長エラーの表示が出てしまいデータコピーが出来ない! TOSHIBA製2.5インチハードディスクデータ復旧作業を行いました。 ハードディスクのモデルは TOSHIBA製 MQ01ABD100 です。 まだ新しいモデルですが不良クラスターの影響なのか?巡回冗長エラーがでてし
『TOSHIBA製2.5インチハードディスクデータ復旧 MQ01ABD100』の画像

パソコンから認識しなくなってしまった I・ODATA 外付けハードデイスク HDCN-U500 のデータ復旧作業を行いました。 この外付けハードディスクはお持込された段階で異音は無い物の、正常に認識できない状態だったので、外付けハードディスクのケースを分解して中身のハー
『I・ODATA 外付けHDD HDCN-U500データ復旧作業』の画像

パソコンから認識できない外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 今回も持ち込まれたハードディスクは I-O DATA HDCR-U500 というモデルです。 中身のハードディスクはWD製 グリーンラベルの WD5000AADS が格納されていました。 早速、調査し
『I-O DATA HDCR-U500データ復旧作業を行いました。』の画像

I・O DATA製 ポータブルハードディスク HDPC-UT1.0SB のデータ復旧作業をおこないました。 お客様の状況報告によると、 「特定のフォルダにアクセスすると巡回冗長エラーとなり開けない。」 とのこと・・・。 この状況はハードディスクに不良クラスターと云う物
『I・O DATA製 ポータブルハードディスクのデータ復旧作業』の画像

お客様が自作パソコンの電源交換をしたところ、電源の初期不良からの過電圧でハードディスクが壊れたしまった! そんな状態なので、モーターが回らなくなったハードディスクの修理作業を行いました。 故障したハードディスクは HITACHI製のHDS723020BLA642というモデ
『モーターが回らなくなったハードディスクの修理作業を行いました。』の画像

違うACアダプターを刺して壊れたBuffalo製 外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 Buffalo製の外付けハードディスクで最近の物はACアダプターを刺して使う物が殆どです。 しかもノート用のACアダプターで電圧違いの物がちょうど刺さる同規格品なの
『違うACアダプターを刺して壊れたハードディスクのデータ復旧作業』の画像

↑このページのトップヘ