湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

外付けハードディスク データ復旧

ドライブEのディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか? のメッセージが出てきてしまい、保存してあったデータが消えてしまった!!!! というご相談です。 この表示はハードディスクのパーテーション情報が記録されている部分の読取りエラーが
『ディスクはフォーマットされていません えっ?データは?』の画像

ドライブのアイコンをクリックしても開けない。 データが読み出せなくなってしまったUSB接続外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 機種は BUFFALO製  HD-H250U2 というモデル。 今となっては殆ど見かけなくなった旧いモデルです。 早速分解して確認しま
『データが読み出せなくなってしまったUSB接続外付けハードディスクのデータ復旧作業』の画像

誤ってデータを削除してしまった外付けハードディスクからデータ救出作業を行いました。 機種は BUFFALO製 HD-PCG1.0U3-BBA というモデルです。 こういった場合、ハードディスクを使わないで、すぐにお持ち込み頂くとデータ復旧率が格段に良くなります。 今回もご削除後
『データ誤削除!HD-PCG1.0U3-BBA データ救出作業』の画像

データ領域にアクセス出来なくなってしまったUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。(BUFFALO HD-CX2.0TU2) しかも暗号化されていました。 「Secure Lock Wareで暗号化を施されたドライブやメディアの使用には、正しいパスワードが必要。解析による不正な
『BUFFALO HD-CX2.0TU2 データ救出作業』の画像

突然認識出来なくなってしまったUSB接続の外付けハードディスクのデータ救出案件です。 型番は BUFFALO製 HD-HS250U2 早速分解してみると電源基板の実装部品の電解コンデンサーが吹いていました。 新しい物(ハードディスクケース側)であれば基板の修理をするので
『USB接続ハードディスク HD-HS250U2データ救出』の画像

ハードディスクから動画データを編集中にエラーが出てしまい 次に使用した時にエラーチェックが表示されて実行したら編集データが無くなってしまったという最悪なケースのUSB接続外付けハードディスクの緊急データ復旧作業を行いました。 まずはマスターハードディスクを徹
『Transcend製ハードディスクデータ復旧』の画像

データが取り出せなくなってしまったIODATA製の外付けハードディスクのデータ復旧を行いました。 ご依頼時の症状はエクスプローラでは見えているのにコピーが出来ない。 ところが救出作業を始めるとエクスプローラーですら見えない状況まで悪化していました。 作業手順と
『IODATA HDPS-U320 ハードディスクデータ復旧』の画像

メーカーで高額見積もりで諦めたデータ救出依頼品です。 型番は BUFFALO MiniStation HD-PUSU3 当社でのセカンドオピニオンでも状況はかなり悪い感じでしたが、何とかお客様のご要望にお応えできる感じでデータ救出・データバックアップ作業を行いました。 納品は別のハ
『MiniStation HD-PUSU3 データ救出作業』の画像

「ドライブXのディスクはフォーマットされていません」という表示が出てしまいデータが読みだせなくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 救出したモデルは I/ODATA製 Portable HDD HDPC-AU500 です。 この現象はハードディスクに書き込まれている
『I/ODATA Portable HDD HDPC-AU500 データバックアップ作業』の画像

いつもは会社で使用していて、たまたまカバンに入れて外出したら動かなくなってしまった? データが読みだせなくなってしまったUSB接続 外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 メーカーはBUFFALO(バッファロー)製 モデルは HD-PNTU3シリーズ HD-PNT500U3
『BUFFALO MiniStation HD-PNTU3データ救出作業』の画像

USB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 このハードディスクをUSB接続でパソコンに繋いでもドライブとして認識出来ない状態でした。 (TOSHIBA製HDD HD-AC20TWというモデル) 診断を進めていくと、デバイスマネージャーではUSB接続ハードディスクと認
『TOSHIBA製HDD HD-AC20TW データ救出作業』の画像

沢山の想い出を詰め込んだ、おもいでばこ。のデータ救出依頼品です。 製品名 BUFFALO製 デジタルフォトアルバム おもいでばこ PD100 今となっては、旧型おもいでばこです。 機器自体の構造は至ってシンプルなので、本体かHDDのどちらかの故障となりますが、今回は
『おもいでばこ(バッファロー)PD100データ救出作業』の画像

BUFFALO製 USB接続外付けハードデイスク HD-PNT500U3-BC のデータ復旧作業を行いました。 「ハードディスクが認識きなかったので、別のUSB接続ハードディスクケースに入れたがデータが見えない」との事でした。 これはこのモデルの特徴で、ハードディスクケース側に暗号化
『BUFFALO つやスリムTOUGH データ復旧作業』の画像

BUFFALO ministation 1TB データ救出 USBケーブルを差し込む端子が取れてしまいました。 お預かりしたものは バッファロー製 ポータブル外付けHDD Mini Station HD-PNT1.0U3-SCです。 金色の接触端子部分がコネクタ側に残っていました。 中はこんな感じでした。 内蔵さ
『USB接続端子が取れてしまった外付けHDD データ復旧』の画像

データ復旧 BUFFALO HD-CS320U2  突然データが見えなくなってしまったということで BUFFALO製 外付けHDD HD-CS320U2をお預かりしました。 突然データが見れなくなることで多いケースは 不良セクタが多数発生してデータ領域にアクセスするまでに時間がかかる等がありま
『データ領域にアクセスできない? BUFFALO 外付けHDD』の画像

データ領域にアクセス出来なくなってしまったBUFFALO製外付けハードディスク HD-LC1.0U3-BKのデータ救出作業を行いました。 当社で診断時にも確かにアクセスできませんでした。 しかも若干の異音と怪しい振動があります。 こういった場合、データ救出用のソフトウエアだ
『Buffalo製 外付けハードディスク データ復旧作業』の画像

BUFFALO ポータブルHDD MiniStation microUSB端子破損 データ救出 BUFFALO製 ポータブル外付けHDD MiniStation HD-PNT1.0U2 です。 microUSB端子がもげてしまった。ということで データ復旧のご依頼です。 この手の端子では以外と多い破損案件です。 ぶつけてしまっ
『USBの接続端子が取れてしまった! 外付けHDD データ復旧』の画像

TOSHIBA製 ポータブルHDD HD-PB10TW データ復旧 USB接続の外付けHDDなのですが、データが見えなくなってしまいました。 HD-PB10TW 東芝製 USB接続タイプのポータブル外付けHDDです。 事の経緯をお伺いすると、どうやらmicroUSB端子(USB3.0)を上下逆さまにはめ込んで
『東芝製 ポータブルHDDのデータが見えなくなってしまいました。』の画像

データが見れない 外付けHDD 3TB データ救出 パーティションの情報が破損してしまい、通常アクセスでデータが見えなくなってしまった BUFFALO製 3.5inch 外付けHDD HD-LBV3.0U3/YDのデータ復旧依頼です。 内蔵HDDはTOSHIBA製 DT01ACA300 3000GB 3.5inc です。 状
『BUFFALO 外付けHDD データ復旧』の画像

何故か解らないけど?突然大量のデータが消えてしまったハードディスクのデータ救出作業 お客様がバックアップを取っていた時に何故か大量のデータが消えました。 理由・原因は不明です。 でも消えた事実は間違いなし。 という訳でソフトウエア解析を行いデータを探しま
『突然!大量のデータが消えたハードディスクのデータ救出』の画像

TOSHIBA HD-ED20TK 外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 この案件は当社に持ち込まれる前に3社のデータ復旧会社で復旧出来なかったものを当社でセカンドオピニオンで対応した物です。 当社到着時のハードディスクの状況は重度物理障害であり、読み取りヘ
『TOSHIBA製外付けハードディスクデータ救出作業』の画像

異音がするWD製外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 明らかにヘッド部品がクラッシュしている異音がするので通電を直ぐに止めてハードディスク分解作業を行いました。 分解してみると若干ですが記憶盤面にスクラッチ状の傷が入っていました。 こういった
『WD MyPassport Ultra 外付けハードディスクのデータ救出作業』の画像

BUFFALO開封品のハードディスクをデータ救出してみた。 メーカーでは読み取りヘッド部品不良なので高額救出作業となる診断だった案件。 当社到着時にハードディスクケースを確認すると「バッファロー開封品」と可愛いシールが貼ってありました(笑) 早速中身を取り出し
『BUFFALO開封品のハードディスクをデータ救出してみた。』の画像

東京銀座にある大手データ復旧会社で半日診断してデータ復旧不可の診断が出たハードディスクのセカンドオピニオン品です。 まず結論から言うと1時間程度の作業でデータ救出できる軽度の物理障害で 当社で行うデータ救出作業では割と安価な金額で復旧出来る状態でした。
『他社で救出不可だったハードディスクのデータ救出作業』の画像

Macで使っていた外付けハードディスクのデータ救出依頼品です。 到着時にはハードディスクとしては認識するも、パーテーション情報が飛んでいて、からっぽの状態。 しかも、元は「HFS+」というAPPLEフォーマットの筈なのに、なぜか? 58.22GBの不明なフォーマットにな
『Macで使ったいた外付けハードディスクのデータ救出』の画像

RATOC製のRAIDケースに格納されているハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 中に格納されていたハードディスクはSeagate製の3TBの物。 Seagate ST3000DM001 軽度物理障害から読み取りヘッド破損に移行し始めている状況です。 格納データは動画が中心でかなりのデ
『RATOC製ハードディスクのデータ復旧作業』の画像

LaCie製の外付けハードディスクに間違ってノートパソコンの電源アダプターを差し込んで壊してしまったハードディスクの修理を行いました。(中身はSeagate製) 最初に基板をテスターとオシロスコープであたって破損チップ部品を特定します。 その調査で分かった破損部
『違う電源アダプターを刺して壊れたハードディスクの修理作業』の画像

同業者様からデータ復旧のご依頼を頂きました。 お客様(業者様)が色々とやってしまって手に負えなくなった状態からのデータ復旧案件です。 やっちまった?経緯は致し方が無い事ですが、最初から持ってきてくれていたら・・・。 そう感じてしまうハードディスク君。 当
『同業者様からのハードディスクデータ復旧依頼品』の画像

↑このページのトップヘ