湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜6時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

外付けハードディスク データ復旧

元々はUSB接続ハードディスクに格納されていた4TBのハードディスクです。 BtoB 同業者様からのご依頼品 ハードディスクが認識しない?という症状だそうです。 早速、解析してみると・・・ パソコン上で正常に認識はしない?のではなく ハードディスクとしてはBIOSレベ
『USB接続ハードディスクの中身だけ?データ救出作業』の画像

このハードディスクは元々はUSB接続外付けハードディスクの中に格納されていたものですが、当社に持ちこまれた際には既に2.5インチハードディスク単体になっていました。 不具合状況はパソコンに繋いでもドライブが開かない状態です。 データ救出診断を行うと、ハードデ
『2.5インチハードディスクのデータ救出作業』の画像

電源は入るのだけどモーターが回らないUSB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 お客様は大変お急ぎの様子でしたので緊急対応作業でデータ復旧作業を行います。 今回のケースは非常にレアな奴で・・・。 中身のハードディスク単品ではモータは回って
『外付けハードディスクのデータ救出作業(ノーブランド品)』の画像

「フォーマットする必要があります」とアナウンスされてしまうUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 こうなってしまうと普通のパソコンではデータが見えないんです。 データ救出用のソフトウエアで解析したり、エラーを回避できるツールを使ったりしながら
『USB接続ハードディスクのデータ救出作業』の画像

トランセンド(Transcend)外付けHDDが正常に動かないという案件です。 フォルダが開けない。ファイルがコピーできない。 ハードディスクに不良クラスターが発生しているために起こる障害です。 これが徐々に酷くなっていき、最終的には読み取りヘッド部品がクラッシュしま
『トランセンド(Transcend)外付けHDDのデータ復旧作業』の画像

複数あるフォルダの中身が消えてしまった? すごく困った症状のWD製 Elements 外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 中に保存されているデータはMacで作った物でした。 ハードディスクのフォーマットはHFS+です。 その中にる複数のフォルダの中身が忽然と
『データが無くなった?WD製ハードディスクのデータ救出作業』の画像

SEAGATE製の外付けハードディスクからデータを取り出しました。 他社で高額お見積もりで諦めた案件です。 私の感覚では高いなあと思いますが、会社としての工数と経費を考えると妥当だとも思います。 ハードディスクについている他社診断のラベルは「A0」という表示でした
『他社で高額だったSEAGATE製USB接続ハードディスクのデータ復旧』の画像

データが読めなくなってしまった外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は BUFFALO製 HD-AD4U3 というモデルです。 パソコンに繋いでもドライブとして認識しません。 異音はしないけどフォーマット不良ですね。 不良クラスターが出来始めていて、
『BUFFALO HD-AD4U3 データ救出作業』の画像

外付けハードディスク?みたいな形状をしたSSDドライブから 突然いくつかのフォルダが無くなってしまった! それを復旧してほしいというご依頼品です。 要救助媒体は SanDisk ExtremePro PortableSSD 2TB というモデルです。 この現象はSSDの壊れ初めに出てくる症状
『SanDisk ExtremePro PortableSSD 2TBデータ復旧』の画像

他社で物理障害診断 高額データ救出お見積もりだったハードディスク君 BUFFALO製 HD-PCFS2.0U3-BBA というモデルです。 当社でセカンドオピニオンとしてデータ救出作業を行いました。 結論から言うと最初にお見積もりした業者様よりも安価な作業代金でデータ救出作業
『セカンドオピニオン:HDDデータ救出作業』の画像

他社で高額で諦めたハードディスクデータ救出のセカンドオピニオン案件です。 BUFFALO製 HD-PVU2 というモデル 診断結果は物理障害です。 多分、最初に診断した大手データ救出会社では、部品交換して作業を行う診断だったので そうとう高額見積だったのだと思います。
『他社で高額だったハードディスクデータ救出作業』の画像

USB接続(HDD2本内臓)RAID1設定のハードディスクデータ救出作業を行いました。 RAID1設定なので2本同時に物理的破損はまず無いのですが、今回は2本ともデータが読みだせません。 解析するとフォーマット情報が飛んでます。 しかも保存ファイルが半分くらい削除されてい
『RAID1なのにHDD両方ともデータがぶっ飛んだ?!』の画像

正常に認識できないUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は IODATA EX−HD3CZ というモデル アクセスが非常に遅くフォルダ構造が全く見えてこないんです。 データ救出用のソフトウエアを介してみてみると、なんとか エクスプローラのツリー構造
『USB接続ハードディスクのデータ救出作業』の画像

認識しなくなってしまったUSB接続ハードディスクデータ救出を行いました。 SEAGATE製 Expansion Desktop Drive です。 ハードディスクに物理的なエラー(不良クラスタ)が出来てしまって正常に読み出せない状態でした。 中身のハードディスクを取り出して丸ごとクローン
『Seagate製ハードディスクデータ救出作業』の画像

IODATA製のUSB接続の外付けハードディスクがパソコンに繋いでも見えなくなりました。 中には大切な家族写真が沢山入っているそうです。 なんとかデータを取り出したいというご依頼品 早速診断すると・・・。 ハードディスクに物理エラーがウジャウジャと発生していました
『IODATA製 HDPT-UT1KR/E データ救出作業』の画像

USB接続のハードディスクがパソコンに繋いでも認識しないトラブルでお持ち込みされた案件です。 ハードディスクを格納するケースについている基板が壊れている感じでした。 念のために元のハードディスクからすべてのデータを取り出してあげて 別のハードディスクにデータ
『IODATA HDCA−U2.0CK データ救出』の画像

電源が入らなくなってしまったUSB接続の外付けハードディスクからデータを救出しました。 機種名は SEAGATE ExpansionDesktop Drive Model:SRD0NF2 というモデルです。 早速分解して中身のハードディスクを確認します。 中身は SEAGATE製 ST3000DM007 です。 ハード
『SEAGATE製外付けハードディスクのデータ救出作業』の画像

BUFFALO製のUSB接続外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は HD-HS320U2 というモデルです。 2007年製造なので16年間頑張って動いていたハードディスクなんです。 今回の障害箇所はハードディスク本体にもエラーはありましたが USB接続のケース側
『BUFFALO外付けハードディスクのデータ救出作業』の画像

MACで使っていたUSB接続外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 製品名は WD ElementsSE というものです。 状況はかなり悪かったです。 2TBのハードディスクを2パーテーションに割られていて 先頭がデータ領域 後方がタイムマシン(Apple Time Machine)
『WD製USB接続ハードディスクのデータ救出作業』の画像

突然データが読み出せなくなってしまったUSB接続ハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 機種名は BUFFLO HD-PNT1.0U3LC というモデルです。 このタイプのハードディスクは(BUFFALOだけだよ)ケース基板とハードディスクの組み合わせで暗号化できるのです。 で
『BUFFLO HD-PNT1.0U3LCデータ復旧作業』の画像

LACIE製 LCH-2B060TB RAID0設定 ハードディスクデータ復旧作業 HDD2本でRAID0構成でした。(HDD2本で1本にする設定) そのうちの1本が物理障害でNGでした。 こういった場合、物理障害のHDDを修理してあげてからクローンHDDを作成します。 そのHDDと元のHDD
『LACIE LCH-2B060TB RAID0 データ救出作業』の画像

USB3接続の外付けハードディスクからのデータ復旧作業を行いました。 機種名は IODATA HDCZ-UT2K というモデルです。 故障内容はUSB3コネクターのハードディスク側がもげた?剥がれた?ことによる接続不良です。 最初は半田付けで治せるかな?とも思いましたが、基板側
『USBコネクターが折れた!IODATA HDCZ-UT2K データ復旧』の画像

すごく時間が掛かったデータ救出案件でした。 USB接続のハードディスク データ復旧作業です。 機種名は LACIE LCH−MND030U3 というモデルです。 作業内容は 正常に認識出来ない状態からのデータ救出 とにかくハードディスクデータ領域へのアクセスが遅いんです。
『LACIE LCH−MND030U3 データ救出作業』の画像

初めて見ました?! アイリスオーヤマ製 USB接続外付けハードディスクです。 型番は Model HD-IR1-V1 というモデルです。 ハードディスクの中に保存されているデータにアクセス出来なくなってしまったそうです。 何とか中にあるデータを復旧してほしいというご依頼内容
『激レアハードディスク?アイリスオーヤマのハードディスクデータ復旧』の画像

正常認識できないUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 メーカーは ADATA製です。 パソコンに接続しても認識するもののドライブは開けない状態。 これはハードデイスクの記録盤面に物理的な傷が発生していて正常にデータが読み出せない為に起こることが
『ADATA製USB接続ハードディスクのデータ復旧作業』の画像

BUFFALO製の外付けハードディスクが読み出せなくなってしまったトラブルでのご相談品です。 機種名は BUFFALO製 USB接続 外付けHDD HD-LS2.0TU2C というモデルです。 お持ち込みされた段階で既に重症でした。 パソコンに繋いでもWindows上で認識されない状態 かろう
『BUFFALO製USB接続外付けHDD HD-LS2.0TU2Cデータ救出』の画像

BUFFALO製 USB接続ハードディスク HD-PNT1.0U3 の修理?データ救出作業を行いました。 このモデルはよーく修理依頼があります。 コネクター部分がもげるんです。 しかも、このハードディスクはケースの制御基板とハードディスクが一対で暗号化がかかるので、 違うHDDケ
『BUFFALO HD-PNT1.0U3修理作業』の画像

特定のフォルダが開けないUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 製品名は BUFFALO HD-PNT1.0U3-LC というモデルです。 特定のフォルダにだけアクセスできないという一寸変わった壊れかたです。 これは不良クラスターという物理的な傷が記録盤面(プラッ
『データ救出作業:BUFFALO HD-PNT1.0U3-LC』の画像

データが読み出せなくなってしまったポータブルハードディスクのデータ救出作業 IODATA HDPT−UTS2BR 「フォーマットする必要があります」とアナウンスされてしまいデータが読み出せない状態です。 この現象はハードディスクのフォーマット情報が壊れてしまったときに起
『IODATA HDPT−UTS2BR ハードディスクデータ救出作業』の画像

モーターが回らなくなってしまいデータが読み出せなくなったUSB接続外付けHDDのデータ救出作業を行いました。 機種名は SEAGATE SGD-MX020UBK というモデルです。 中身のハードディスクは Seagate ST2000DM005 でした。 モーターが回らない障害の場合、ハードディスク
『SEAGATE SGD-MX020UBK データ救出作業・基板修理』の画像

↑このページのトップヘ