湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜6時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

外付けハードディスク データ復旧

パソコンに繋いでも認識しない USB接続 外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 メーカーは LACIE(らしー)製です。 まあ、どのメーカーでも基本的にやる作業内容は同じなので、どの製品でも対応可能です。 今回は認識しないというところから診断します。
『LACIE製 外付けハードディスクデータ救出作業』の画像

Seagate USB外付けHDD Model : SRD00F1 Macにて使用していたUSB接続タイプのポータブルHDDです。 認識しなくなってしまったということでお預かりしました。 認識しなくなる直前に、普段行っていた取り外し作業(ドライブをゴミ箱アイコンへドロップ) をせずに取り外して
『Seagate Expansion Portable Drive データ復旧』の画像

突然データ領域にアクセス出来なくなってしまったUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いまた。 今回データ救出を行ったハードディスクのモデルは WD My Passport Uitra です。 エラーメッセージは 「E:¥にアクセスできません。パラメーターが間違っています。」
『外付けハードディスクにアクセスできません。ドライブ名:¥にアクセスできません。パラメーターが間違っています。』の画像

認識しなくなってしまったバッファロー製の外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 このような外付けハードディスクの場合、ケース側の基板が故障する場合と ハードディスク自体が故障する場合があるので 一度ケースからハードディスク単体を取り出して、別
『Buffalo MiniStationAir HDW-PDU3-C データ救出作業』の画像

データが読み出せなくなってしまったIODATA製のUSB接続外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は IODATA HDC-LA3.0 という容量3TBのモデルです。 このハードディスクのデータが突然読めなくなったそうです。 当社で診断してみると、ハードディスク
『IODATA製外付けハードディスク HDC-LA3.0 データ救出』の画像

USB接続のケーブル部分のコネクターがもげてしまった外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は BUFAALO HD-PNT500U3 というモデルです。 このモデルは純正で暗号化ソフトがバンドルされているので、それを用いて暗号化している事が多く厄介な案件が多
『BUFFALO製USB接続ハードディスクのデータ救出作業』の画像

Logitec製外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 こういったUSB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行う場合には、下田商会ではUSB接続の外付ケースから中身のハードディスクだけ取り出して作業を行います。 今回の物も、外側はLogitec製ですが
『Logitec製外付けハードディスクデータ復旧作業』の画像

USB接続の外付ハードディスクが認識しなくなってしまった案件です。 当社へのセカンドオピニオン品です。 一度、基板を交換されたことがあるそうでうす。 ハードディスクの実装基板にはセキュリティーチップが付いているので、同じ形のハードディスク基板と交換しても読み
『ハードディスクが認識しない?IODATA HDCR-U-1.5E データ救出作業』の画像

突然データが見えなくなってしまった!USB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 BUFFALO MiniStation3.0 とケースに書いてあります。 とってもよく売れたハードディスクです。 型番は HD-PCT500U3-BJ というモデル。 こういったハードディスク
『データが見えなくなってしまったBUFFALO MiniStation3.0 データ救出作業』の画像

Macで使っていたハードディスクのデータが突然消えてなくなってしまった案件です。 ハードディスクのメーカーはWD製です。 ハードディスクとしてはマウントするのですが中身が全く何もない状態です。 こういった場合はフォーマット情報を探してあげて、元々がどんな
『Macで使っていた外付けハードディスクデータ復旧』の画像

I/ODATA製 EC-PHU3W3D とうい外付けハードディスクのセカンドオピニオン作業を行いました。 ハードディスクに付いているラベルを見るとどこで最初に復旧作業したのかが判るぐらい 下田商会にセカンドオピニオンで持ち込まれます。 このデータ復旧会社様の見積が、凄く高い
『他社で高額だったハードディスクデータ復旧のセカンドオピニオン』の画像

誤ってフォーマットしてしまったUSB接続の外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 IODATA製 HDCZ-UTL6KB というモデルです。 名前の通り6TBの大容量品 一度フォーマットしてしまっているので、最初に過去のフォーマット形式と欠片を探します。 これが
『誤フォーマット:IODATA HDCZ-UTL6KB データ救出作業』の画像

ドライブEのディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか? のメッセージが出てきてしまい、保存してあったデータが消えてしまった!!!! というご相談です。 この表示はハードディスクのパーテーション情報が記録されている部分の読取りエラーが
『ディスクはフォーマットされていません えっ?データは?』の画像

ドライブのアイコンをクリックしても開けない。 データが読み出せなくなってしまったUSB接続外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 機種は BUFFALO製  HD-H250U2 というモデル。 今となっては殆ど見かけなくなった旧いモデルです。 早速分解して確認しま
『データが読み出せなくなってしまったUSB接続外付けハードディスクのデータ復旧作業』の画像

誤ってデータを削除してしまった外付けハードディスクからデータ救出作業を行いました。 機種は BUFFALO製 HD-PCG1.0U3-BBA というモデルです。 こういった場合、ハードディスクを使わないで、すぐにお持ち込み頂くとデータ復旧率が格段に良くなります。 今回もご削除後
『データ誤削除!HD-PCG1.0U3-BBA データ救出作業』の画像

データ領域にアクセス出来なくなってしまったUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。(BUFFALO HD-CX2.0TU2) しかも暗号化されていました。 「Secure Lock Wareで暗号化を施されたドライブやメディアの使用には、正しいパスワードが必要。解析による不正な
『BUFFALO HD-CX2.0TU2 データ救出作業』の画像

突然認識出来なくなってしまったUSB接続の外付けハードディスクのデータ救出案件です。 型番は BUFFALO製 HD-HS250U2 早速分解してみると電源基板の実装部品の電解コンデンサーが吹いていました。 新しい物(ハードディスクケース側)であれば基板の修理をするので
『USB接続ハードディスク HD-HS250U2データ救出』の画像

ハードディスクから動画データを編集中にエラーが出てしまい 次に使用した時にエラーチェックが表示されて実行したら編集データが無くなってしまったという最悪なケースのUSB接続外付けハードディスクの緊急データ復旧作業を行いました。 まずはマスターハードディスクを徹
『Transcend製ハードディスクデータ復旧』の画像

データが取り出せなくなってしまったIODATA製の外付けハードディスクのデータ復旧を行いました。 ご依頼時の症状はエクスプローラでは見えているのにコピーが出来ない。 ところが救出作業を始めるとエクスプローラーですら見えない状況まで悪化していました。 作業手順と
『IODATA HDPS-U320 ハードディスクデータ復旧』の画像

メーカーで高額見積もりで諦めたデータ救出依頼品です。 型番は BUFFALO MiniStation HD-PUSU3 当社でのセカンドオピニオンでも状況はかなり悪い感じでしたが、何とかお客様のご要望にお応えできる感じでデータ救出・データバックアップ作業を行いました。 納品は別のハ
『MiniStation HD-PUSU3 データ救出作業』の画像

「ドライブXのディスクはフォーマットされていません」という表示が出てしまいデータが読みだせなくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 救出したモデルは I/ODATA製 Portable HDD HDPC-AU500 です。 この現象はハードディスクに書き込まれている
『I/ODATA Portable HDD HDPC-AU500 データバックアップ作業』の画像

いつもは会社で使用していて、たまたまカバンに入れて外出したら動かなくなってしまった? データが読みだせなくなってしまったUSB接続 外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 メーカーはBUFFALO(バッファロー)製 モデルは HD-PNTU3シリーズ HD-PNT500U3
『BUFFALO MiniStation HD-PNTU3データ救出作業』の画像

USB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 このハードディスクをUSB接続でパソコンに繋いでもドライブとして認識出来ない状態でした。 (TOSHIBA製HDD HD-AC20TWというモデル) 診断を進めていくと、デバイスマネージャーではUSB接続ハードディスクと認
『TOSHIBA製HDD HD-AC20TW データ救出作業』の画像

沢山の想い出を詰め込んだ、おもいでばこ。のデータ救出依頼品です。 製品名 BUFFALO製 デジタルフォトアルバム おもいでばこ PD100 今となっては、旧型おもいでばこです。 機器自体の構造は至ってシンプルなので、本体かHDDのどちらかの故障となりますが、今回は
『おもいでばこ(バッファロー)PD100データ救出作業』の画像

BUFFALO製 USB接続外付けハードデイスク HD-PNT500U3-BC のデータ復旧作業を行いました。 「ハードディスクが認識きなかったので、別のUSB接続ハードディスクケースに入れたがデータが見えない」との事でした。 これはこのモデルの特徴で、ハードディスクケース側に暗号化
『BUFFALO つやスリムTOUGH データ復旧作業』の画像

BUFFALO ministation 1TB データ救出 USBケーブルを差し込む端子が取れてしまいました。 お預かりしたものは バッファロー製 ポータブル外付けHDD Mini Station HD-PNT1.0U3-SCです。 金色の接触端子部分がコネクタ側に残っていました。 中はこんな感じでした。 内蔵さ
『USB接続端子が取れてしまった外付けHDD データ復旧』の画像

データ復旧 BUFFALO HD-CS320U2  突然データが見えなくなってしまったということで BUFFALO製 外付けHDD HD-CS320U2をお預かりしました。 突然データが見れなくなることで多いケースは 不良セクタが多数発生してデータ領域にアクセスするまでに時間がかかる等がありま
『データ領域にアクセスできない? BUFFALO 外付けHDD』の画像

↑このページのトップヘ