データ救出最優先のパソコン修理専門店 下田商会  神奈川県藤沢市

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

データ救出最優先のパソコン修理専門店 下田商会  神奈川県藤沢市 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

ハードディスクデータ復旧

Logitec LHD-ENA020U2W LHD-EN2000U2W データ復旧 外付けHDDがパソコンで認識しなくなりました。 と一件のお問い合わせをいただきました。 ドライブへのショートカットにカーソルを合わせると「?」と表示されてしまうとのことで 一度郵送にてお預かりさせていただくこ
『アクセス不可で「?」マーク!?どうしてこんなことに?』の画像

BUFFALO おもいでばこ データ復旧 表題に既に答えがありますが 残念(?)ながら切り餅とはんぺんではないのです。 (すみません、筆者がサムネイルでそう見えただけです) ご存じの方もおられるとは思いますが 3つともBUFFALO製 デジタルフォトアルバム おもいでば
『新旧おもいでばこ』の画像

前回と同様にはなりますが、BUFFALO製 おもいでばこのデータ復旧です。 こちらは旧モデルのおもいでばこでPD-100です。 大きさは新モデルの倍程あります。 起動できなくなってしまい、保存データのバックアップが出来ない状態。 幸いハードディスクには致命的なエラーは
『BUFFALO おもいでばこ PD-100 のデータ復旧です。』の画像

通電するも異音無し。アームも動いている。 でもデバイスとして認識しない。 典型的なSeagateファームウエアロックの案件。 業界界通データ復旧価格15万円〜20万円です。 うちで施工すると5万円ですが(笑) 良くあるファームウエアロックの対処法では治せないので一
『デバイス認識しないSeagate製ハードディスクのデータ復旧』の画像

「デスクトップに置いてあったデータだけでも復旧したい!」 そういった内容の緊急の修理ご依頼品です。 パソコン修理はハードディスク交換で治りますが、データ復旧はハードディスクの状態が悪く5日間ほど掛かりましたが、ご指定のデータは無事に復旧して修理パソコンと
『データが大事なパソコン修理依頼品』の画像

某県立高校の校内サーバーのハードディスクデータ復旧作業を行っています。 学校内の停電作業の際に電源を落とさないで作業を行ってしまったとの事です。 ハードディスクを分解すると見事にハードディスク内部の読み取りヘッド部品がクラッシュしていました。 こうなると
『ハードディスクデータ復旧作業』の画像

WD20EARS-00MVWB0データ復旧作業 かれこれ1週間かけてデータ復旧しているハードディスク。 障害箇所は不良クラスター多数による、中度物理障害でした。 ハードディスクのクローンを作るディプリケーターを用いて ハードディスク先頭のクラスターから攻めていき、越えら
『WD20EARS-00MVWB0データ復旧作業』の画像

バッファロー製 おもいでばこ データ復旧作業 おもいでばこのデータ復旧のご依頼を頂きました。 危うく”記録”のおもいでばこから ”記憶”のおもいでばこになるところでした。 いや、ほんと笑えませんね。 おもいでばこはデータの保存方式が少し特殊で デ
『おもいでばこのデータ復旧作業です。』の画像

お客様が日常業務で使用しているDELL製のノートパソコンでディスクのエラーチェックを行ったら、2度と起動できないパソコンになってしまったという残念な故障ケースです。 この場合、殆どがハードディスク不良であり、メーカー修理だと間違いなくデータが無くなってしまう
『ハードディスクのエラーチェックをしたら壊れたPCからのデータ復旧』の画像

Fujitsu製のノートパソコン FMV A56MW のハードディスクデータ復旧作業を行いました。 中身のハードディスクは富士通製では無く、WD製 WD10JPVX です。 お客様がご自分で頑張ってデータを取り出そうとしたそうなのですが、巡回冗長エラーになってしまい上手く行かなかった
『Fujitsu FMV A56MWのハードディスクデータ復旧』の画像

ハードディスク障害の中には、ハードディスクに実装されている基板故障・ICチップ故障・コントロールチップ故障などが有ります。 そいういった場合にはドナーパーツからIC部品などを半田付けで移植する作業を行う場合があります。 中には狭小パーツなどもあるので、その場
『ハードディスクの基板修復作業』の画像

ノートパソコンに内蔵されていたハードディスクのデータ復旧作業依頼品です。 ノートパソコンから取り出して他のパソコンに繋ぐと何となくファイルは見えるのですが、コピーしようとするとフリーズしてしまいデータが取り出せない状態です。 そのハードディスクを解析して
『ノートパソコンのハードディスクデータ復旧作業』の画像

今回のハードデイスクはデータ復旧不可だった物の画像です。 電源が入った状態で落下させてしまい、読み取りヘッド部品がクラッシュしてしまい、その結果、データが記憶されている盤面まで削ってしまった悲しい状態です。 この状態からだとヘッド部品交換しても
『データ復旧不可案件 落としてしまったSeagate製ハードデイスク』の画像

iMacに内蔵されていたハードデイスクのデータ復旧屋作業を行いました。 ハードデイスクの最初の状態はモーターが回らないという症状でした。 最初に疑ったのが基板不良でしたので、同系型の基板を探して交換してみたところ、モーターは回るけど回転が上がらない感じでした
『WesternDigital WD2500 ハードデイスクのスピンドルモーター交換作業』の画像

TOSHIBA製のハードディスクでモーターが回らない症状からデータを復旧してみた。 一昔前の2.5インチIDE接続のハードディスクで TOSHIBA製 MKシリーズには良くある症状なのです。 理由はモーターの流体軸受け部分に使われている油が長期間使っていないと固まってしまい固着
『モーターが回らないハードディスクのデータ復旧』の画像

デスクトップパソコン FMVの修理依頼品です。 パソコンはハードディスクの交換とリカバリーCDからのリカバリーで無事に修理出来たのですが 「ハードディスクの中に入っているデータが大切なんです。」という案件。 こういった場合、データ救出作業を同時作業で行っていま
『不良クラスターがあってデータが読み出せない。』の画像

「Windowsが正しく開始できませんでした」の画面で動かなくなってしまう HP製 Workstation xw4300 のデータ復旧作業とPC修理作業を行いました。 今回のトラブルの原因はハードディスクの物理障害なのです。 まず、パソコン本体からハードディスクを取り出して別のパソコン
『HP xw4300 Workstation データ復旧&修理作業』の画像

ファンが暴走して起動する事が出来なくなったデスクトップパソコンからデータを取り出す作業のご依頼がありました。 これはデータ復旧になるのか? ならないのか? それでも普通の人にはデータを抜き出す手立てはない訳で・・・。 下田商会では、壊れたパソコンからハ
『壊れたパソコンからデータを抜き出す作業を行いました。』の画像

電源を入れると「カッコン・カッコン」と異音がするハードディスクのデータ復旧作業を行いっています。 ハードディスクを分解してみると、見事に読み取りヘッドの先端部分が飛んでいます! これではデータが読み出せるわけもなく・・・。 旧いハードディスクだったの
『物理障害ハードディスクの読み取りヘッド部品交換作業』の画像

NEC VersaPro ハードディスクデータ救出作業中! ハードディスクに不良クラスター(物理傷によるエラー箇所)が数多くあり、通常のデータ復旧ソフトウエアツールではデータ復旧が困難な案件・・・。 そんな時にはデータ復旧用の物理的対応可能な装置を使います。 これ
『NEC VersaPro ハードディスクデータ救出作業中!』の画像

自作パソコンの中に格納されていたハードディスクが突然認識しなくなった症状からの、データ復旧依頼品 要救助ハードディスクはSeagateのST3500320ASです。 電源供給が不安定になるとファームウエアロックしてしまい、通電してモーターは回るのですが、ハードディスク
『認識できないSeagate製ハードディスクST3500320ASのデータ復旧作業』の画像

ハードデイスクを取り出しても読めないぞ?! CドライブのOSが壊れてしまったDELL OPTIPLEX7010 の「セカンドドライブに格納されているデータを取り出したい」というご依頼品 ところがセカンドドライブを取り外して別のパソコンで読み出そうとしても全く読めません。
『DELL OPTIPLEX7010 データ復旧作業』の画像

フォーマットしてくださいとメッセージが出てしまいアクセスできない? BUFFALO製外付けハードディスク HD-H250U2 データ復旧作業を行いました。 このモデルは 発売日:2005年 7月中旬なので、10年選手ですね! 中身のハードディスクはIDE接続の物で Western Digit
『BUFFALO製 HD-H250U2 データ復旧作業』の画像

WD製のUSB接続外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 このハードディスクの状況はパソコンでは認識して、ドライブとして表示されるのですが、アクセスしようとすると「フォーマットされていません」とメッセージが表示されて開くことができません。 ここで間
『WD製の外付けハードディスクデータ復旧作業』の画像

動かなくなってしまったMacBookに搭載されているハードデイスクのデータ復旧作業中 Appleなのに、搭載されているハードデイスクは東芝製。 TOSHIBA MK5065GSXF というモデルです。 今回のハードデイスクはかなり状態が悪く、いつも使っているハードウエアディプリケータ
『MacBookに搭載されているTOSHIBA MK5065GSXFデータ復旧』の画像

Windowsのデバイスマネージャー上ではWD3200BEVTという型番でちゃんと認識するのですが、ディスクドライブとしてマウント出来ない状態のハードディスクからデータを復旧しました。 この状態はハードディスクに不良クラスターという物理的なエラー箇所があり、WIndowsからア
『認識はするけどアクセスできないWD3200BEVTのデータ復旧作業』の画像

↑このページのトップヘ