湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜6時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

ハードディスクデータ復旧

デスクトップパソコンに内蔵されていた、データドライブ用の8TBハードディスクデータ救出を行いました。 パソコン上でアクセスできなくなってしまった状態 早速診断してみると 確かのフォルダやファイルが読み込めないです。 記録盤面にエラーが多発していて正常にアク
『seagate 3.5インチ 8TB ハードディスクデータ救出』の画像

下田商会はBtoB案件(同業者様からのご依頼)も多いんです。 写真の2.5インチハードディスクデータ救出もBtoBです。 当社で持っているディプリケーター(ハードディスククローン装置)を使って 1か月ほど時間をかけて作業を行いました。 下田商会には様々な種類のディ
『BtoB案件 同業者様からのデータ救出ご依頼品』の画像

リカバリーしてしまったパソコンのハードディスクのデータ救出作業を行いました。 この作業はハードルが高く、データ救出作業の成功率が低いのです。 データ救出作業を行っても、フォルダ構造やファイル名が喪失している事が多く、拡張子単位でのデータ救出(ファイル名が
『リカバリーしてしまったパソコンからデータ復旧作業を行いました。』の画像

Seagate ST3500418AS データ救出作業 (このハードディスクはGATEWAY製のパソコンに搭載されていたものです。) 通電するけどモーターが回らないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 正確にはモーターは回ろうとしてるけど、何かが引っかかっていて回れない感じ
『モーターが回らない?Seagate ST3500418AS データ救出作業』の画像

令和5年の最初のお仕事! モータが回らなくなってしまった? 通電しないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 Seagate製 ST2000DM001 というハードディスクです。 全く通電している気配がない。モーターが全く動かない感じです。 これは基板が完全に壊れて
『Seagate ST2000DM001 HDD データ救出作業』の画像

データが読めなくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 HITACHI製 HDS721010CLA332 というハードディスクです。 当社診断時にはモーターが回りませんでした。 読み取りヘッド部品がプラッタ盤面(記録盤面)に吸着していました。 最初に吸着(
『HITACHI製 HDS721010CLA332 ハードディスクデータ救出』の画像

データが読めなくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 SEAGATE製 ST3000DM001 というハードディスクです。 この子は異音などは出ていないですが、読み取りヘッド部品が破損していて正常にデータが読み出せなかったんです。 できれば分解しない
『SEAGATE製 ST3000DM001 データ救出作業』の画像

メーカー製のデスクトップパソコンに内蔵されているハードディスクデータ救出を行いました。 大切なデータが格納されている2.5インチのハードディスクです。 ハードディスクの状態は、まだギリギリ異音は出てない感じですが、症状が徐々に悪くなるので、 ハードディスクを
『内臓ハードディスクデータ救出』の画像

SEAGATE製ハードディスク Basic Portble Drive 2URA8-500 データ救出作業を行いました。 USBコネクターの接続部分がもげてしまい不動になったそうです。 このコネクター部分を半田付けすれば、とりあえずデータのコピーは可能なのですが、強度などを考えると不安が残ります
『SEAGATE製ハードディスクのデータ救出作業』の画像

突然認識しなくなってしまったTranscend製ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 Exteral Hare Drive 2020 Model TS4TSJ25M3S というモデルです。 一応モーターは回っているので制御まわりの基板不良の可能性が高い感じでした。 早速、診断調査を進めて行きます
『Transcendハードディスクデータ救出作業』の画像

突然パソコンのOSが立ち上がらなくなってしまったそうです。 そこでパソコンからハードディスクを取り出して、別のパソコンに接続して確認したところドライブとして認識させることが出来ず、結果的にフォルダやファイルが取り出せないという悲劇的な状態になったそうです。
『hp製デスクトップパソコンに内蔵されていたハードディスクのデータ救出作業』の画像

モーターが回らなくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 故障個所は基板だったのですが、基板の修理を行うよりも丸ごと基板を交換したほうが早いので丸っと交換します。 但し、1個だけ部品を半田付けして交換します。 この作業で無事にモータ
『ハードディスクの修理?データ救出してみる。』の画像

データが読み出せなくなってしまった東芝製外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 TOSHIBAと印刷されているケースを開けて中身のHDDを確認するとちゃんと東芝製でしたよ。 このハードディスクを変換ケーブル経由でパソコンに繋いでみますが、認識はするもの
『東芝製外付けハードディスクのデータ救出作業』の画像

起動できない? DELL Vostro3267 修理作業を行いました。 電源ボタンを押してもDELLの画面で止まったあとに黒い画面で英語が出てきて固まる・・・。 こんな症状で修理お持ち込みされました。 診断作業を進めていくとハードディスクに物理エラーがあることが判明! まだ破
『DELL Vostro3267 修理作業』の画像

モーターが回らないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 型番は Seagate製 Seagate ST2000DM001 というモデルです。 ハードディスクに過電流が流れてしまい基板を壊した感じです。 こういった場合、基板を修理するのですが、故障個所・電子部品が複数に渡っ
『Seagate ST2000DM001 データ救出作業』の画像

モーターが回らない症状でお持ち込みされたハードディスクのデータ救出作業を行いました。   型番は WesternDigital WD2500BB です。 今となっては珍しいIDE接続のハードディスク お預かりした段階で焦げた臭いがしていたので嫌な予感はしていましたが・・・ 分解し
『モーターが回らないハードディスクの修理』の画像

USB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 外付けハードディスクのACアダプター電源を間違えて電圧の高い物を刺してしまい基板を焼いてしまったそうです。 その影響は外付けケースの基板だけでは無く、ハードディスク本体の基板まで壊してしまい、狭小IC部品を
『TOSHIBA製ハードディスク DT02ABA600V 基板修復・データ救出』の画像

普通に使っていたUSB接続ハードディスクが壊れた?データが読めません(>_こうなってしまうとパソコン上ではどうにも出来ないので、データ救出用のパソコンで解析してフォルダ構造を復元ます。 それが上手くいけば別のハードディスクにデータをすべて退避してあげます。 救
『最近多いトラブル例:ハードディスクにアクセスできません。ドライブ名:¥にアクセスできません。パラメーターが間違っています。』の画像

フォーマットしてしまったハードディスクから、保存されていたデーターを救出しました。 この手の依頼は意外に多く、間違えてフォーマットしてしまったハードディスクから元々保存されていたデーターを探し出して救出するという作業になります。 作業手順は元のフォーマッ
『間違えてフォーマットしてしまったハードディスクのデータ救出作業』の画像

モーターは回っているのにパソコンで認識できないUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は TOSHIBA HD-PB50GK というモデルです。 パソコンに接続してもモータが回るだけで認識しません。 診断時に別のUSB接続のケーブルを使って調査を行うとハー
『TOSHIBA製 USB接続 外付けハードディスクのデータ救出作業』の画像

モーターが全く回らないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は Western Digital WD1600JS というモデルです。 初期診断時にハードディスクの基板を確認したところ、制御チップ2枚が焼けて吹き抜けた跡が有りました。 これでは通電しないのでモーターは
『モータが回らないハードディスクのデータ救出作業』の画像

突然パソコンのハードディスクがアクセス出来なくなってしまい データが見えなくなってしまった悲惨なハードディスクです。 他のパソコンに繋いでみても読み出せないのです。 こういった場合、物理障害という酷い状態になっている事が多く、ハードディスク内部の読み取りヘ
『物理障害ハードディスクからデータ救出する。』の画像

物理障害で正常にアクセスできないハードディスクのデータ復旧作業中です。 重症な案件になると、データを読み出すためのヘッド部品交換を行うだけではダメなケースも多く、ハードディスク上にデータが記憶されているセクターをすべて解析しながら複製ハードディスクを作っ
『HGST製ハードディスク 物理障害データ復旧作業 その1』の画像

データが読み出せないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 今となっては珍しい PATA IDE接続のハードディスク 容量も80GBです。 型番は Western Digital 社製 WD800BB というモデルです。 初期診断でモーターが回らない事が判明したので、同系の基板と交換
『モーターが回らない?ハードディスクのデータ救出』の画像

Logitec製外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 こういったUSB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行う場合には、下田商会ではUSB接続の外付ケースから中身のハードディスクだけ取り出して作業を行います。 今回の物も、外側はLogitec製ですが
『Logitec製外付けハードディスクデータ復旧作業』の画像

誤操作した覚えはないのにダイナミックディスクに変換されてしまったらしい?  そのせいで、データが見えなくなってしまったハードディスクからデータ復旧作業を行いました。 そもそもWindowsではハードディスクはベーシックディスクで扱われ、必要に応じてダイナミックディ
『ダイナミックディスクに変換されてしまいデータが見えなくなってしまったハードディスクをデータ復旧する。』の画像

パソコンからデータ領域にアクセス出来なくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 WesternDigital製 WD20EARS というモデルです。 パソコンに接続すると、ずっとアクセスランプが点滅して何時まで経っても認識しない感じ。 これは不良クラスタとい
『WD製ハードディスクのデータ救出作業』の画像

落下させてしまったノートパソコン(LIFEBOOK AH/54D)のデータ救出作業を行いました。 落とした際の衝撃でハードディスクの記録盤面に複数の小さな傷(不良クラスター)が出来てしまい正常な読み出しが出来ない状態です。 幸い読み取りヘッド部品には損傷が少なかったの
『FMV LIFEBOOK AH54/Dデータ救出作業』の画像

デスクトップパソコンのHDDをSSDに換装するために お引越しツール(環境移行ツール)を使ったら上手くいかずに、元々のハードディスクが読みだせなくなってしまった最悪のパターンからの?データ救出作業依頼品です。 ハードディスクはWD製で  WD20EARXというモデル。 お
『環境お引越しツールを使ったら読みだせなくなったハードディスクのデータ救出作業』の画像

↑このページのトップヘ