湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜6時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

ハードディスクデータ復旧

懐かしいDELL製ノートパソコンのデータ救出作業を行いました。 いにしえのOSとなってしまったWindowsXPです。 機種名は DELL INSPIRON 1100 というモデルです。 ハードディスクはPATA・IDE接続という旧規格品 今時の若い者には解らない代物ですwww 今回
『動かなくなってしまったWindwosXPパソコンのデータ救出』の画像

産業用 組み込みPC faytech製Industrial PC に内蔵されているハードディスクのデータ救出作業を行いました。 超お急ぎの案件でした。 土曜日の朝に到着して、土曜日中に指定データをメール納品 土曜の深夜から日曜日にかけてすげてのデータを引っこ抜く。 日曜日の午後
『産業用PC faytech製Industrial PC データ復旧作業』の画像

このハードディスクは元々はUSB接続外付けハードディスクの中に格納されていたものですが、当社に持ちこまれた際には既に2.5インチハードディスク単体になっていました。 不具合状況はパソコンに繋いでもドライブが開かない状態です。 データ救出診断を行うと、ハードデ
『2.5インチハードディスクのデータ救出作業』の画像

電源は入るのだけどモーターが回らないUSB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 お客様は大変お急ぎの様子でしたので緊急対応作業でデータ復旧作業を行います。 今回のケースは非常にレアな奴で・・・。 中身のハードディスク単品ではモータは回って
『外付けハードディスクのデータ救出作業(ノーブランド品)』の画像

ハードディスクの制御基板が壊れてしまったという案件 ドナー基板を用意して、そこに必要なBIOSチップを移植します。 お客様がご自身で普通の半田ごてで頑張ったらしいのですが上手くいかなかったそうです。 それもそのはず・・・。 見えている半田ランド8か所だけで
『ハードディスク基板修理作業』の画像

「フォーマットする必要があります」とアナウンスされてしまうUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 こうなってしまうと普通のパソコンではデータが見えないんです。 データ救出用のソフトウエアで解析したり、エラーを回避できるツールを使ったりしながら
『USB接続ハードディスクのデータ救出作業』の画像

トランセンド(Transcend)外付けHDDが正常に動かないという案件です。 フォルダが開けない。ファイルがコピーできない。 ハードディスクに不良クラスターが発生しているために起こる障害です。 これが徐々に酷くなっていき、最終的には読み取りヘッド部品がクラッシュしま
『トランセンド(Transcend)外付けHDDのデータ復旧作業』の画像

複数あるフォルダの中身が消えてしまった? すごく困った症状のWD製 Elements 外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 中に保存されているデータはMacで作った物でした。 ハードディスクのフォーマットはHFS+です。 その中にる複数のフォルダの中身が忽然と
『データが無くなった?WD製ハードディスクのデータ救出作業』の画像

SEAGATE製の外付けハードディスクからデータを取り出しました。 他社で高額お見積もりで諦めた案件です。 私の感覚では高いなあと思いますが、会社としての工数と経費を考えると妥当だとも思います。 ハードディスクについている他社診断のラベルは「A0」という表示でした
『他社で高額だったSEAGATE製USB接続ハードディスクのデータ復旧』の画像

他社でハードディスクのデータ復旧診断とお見積もりをした案件のセカンドオピニオン依頼品です。 パソコンに接続する一瞬フォルダは見えるけど ファイルが開けない・ファイルのコピーができない。 そんな状態です。 これは物理障害の中期症状で、これが進行して酷くなる
『WD製ハードディスクデータ救出作業 WD20EZRZ』の画像

起動できないTOSHIBA製ノートパソコンの修理作業を行いました。 機種名は TOSHIBA dynabook T75/AB 型番:PT75ABP-BJA2  というモデルです。 ハードディスクにトラブルがあり起動できなくなっていました。 可能な限り元環境での修理をと、、、頑張ったのですが残念なが
『起動できない東芝製ノートパソコン修理作業』の画像

モーターが回転しなくなってしまった? ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 Seagate製 ST2000DM001 というハードディスクです。 もともとはUSB接続の外付けケースに格納されていたものです。 ACアダプターをなくしてしまって(12V) 適当なアダプターを
『モーターが回らないハードディスクデータ救出』の画像

DtoD 同業者様からのご依頼品です。 同業のパソコン屋さんから修理やデータ救出のご依頼を頂けるのはうれしいものです。 さて、今回は故障したパソコンに内蔵されていたハードディスクからデータを取り出すご依頼です。 ハードディスク単品で送られてきました。 作業手
『ノートパソコン内臓ハードディスクのデータ救出作業』の画像

デジタルカメラの写真データが沢山入っているハードディスクのデータ救出作業を行いました。 今回はハードディスクの記録盤面に複数の不良クラスター(物理傷)がありました なので正常なデータコピー作業が上手くいかないんです。 そこでハードディスクのエラーをスキッ
『ハードディスクデータ復旧作業』の画像

認識出来なくなってしまったBUFFALO製USB接続ハードディスクのデータ救出を行いました。 BUFFALOの製品型番は HD-PE250U2 というモデルです。 故障の原因はハードディスクのケースに実装されている基板が壊れてしまった感じです。 それに加えてハードディスクにもエラー
『BUFFALO製外付けHDDのデータ救出作業』の画像

DELL製デスクトップパソコンのデータ救出作業を行いました。 工作機械に接続して使っていたもので、この中に設定データなどが沢山入っているそうです。 ハードディスクの状況は・・・ 読み取りヘッド部品がプラッタ盤面(記録盤面)に吸着していてモーターが回りません(
『DELL製デスクトップパソコンのデータ救出作業』の画像

mouse製PCが起動できなくなった。 電源ははいる。 BIOS画面にもはいれる。 でもBIOS上でハードディスクが認識してない。 というかハードディスクのモーター回ってない? ハードディスク不良で確定です。 早速、ハードディスクを取り出してみます。 搭載されていたのは
『mouse製コンピュータ修理作業』の画像

パソコンに繋いでも正常に認識しなくなってしまったハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 モデル名は Seagate ST1000LM035 です。 物理障害という状態で、ハードディスク内部の部品交換を行ってデータ復旧するのですが 記録盤面:プラッターに傷があるので、部
『Seagate製2.5インチハードディスク データ復旧作業』の画像

DELL製デスクトップパソコンに内蔵されていたハードディスクが突然認識しなくなってしまったというトラブル案件です。 DELL製デスクトップパソコンからHDDを取り外してあげて、別のPCで確認してもハードディスクのデータにアクセスできません。 当社で初期診断した段階でも
『アクセス不良 Seagate ST500DM002 データ復旧』の画像

すごく時間が掛かったデータ救出案件でした。 USB接続のハードディスク データ復旧作業です。 機種名は LACIE LCH−MND030U3 というモデルです。 作業内容は 正常に認識出来ない状態からのデータ救出 とにかくハードディスクデータ領域へのアクセスが遅いんです。
『LACIE LCH−MND030U3 データ救出作業』の画像

正常認識できないUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 メーカーは ADATA製です。 パソコンに接続しても認識するもののドライブは開けない状態。 これはハードデイスクの記録盤面に物理的な傷が発生していて正常にデータが読み出せない為に起こることが
『ADATA製USB接続ハードディスクのデータ復旧作業』の画像

デスクトップパソコンに内蔵されていた、データドライブ用の8TBハードディスクデータ救出を行いました。 パソコン上でアクセスできなくなってしまった状態 早速診断してみると 確かのフォルダやファイルが読み込めないです。 記録盤面にエラーが多発していて正常にアク
『seagate 3.5インチ 8TB ハードディスクデータ救出』の画像

下田商会はBtoB案件(同業者様からのご依頼)も多いんです。 写真の2.5インチハードディスクデータ救出もBtoBです。 当社で持っているディプリケーター(ハードディスククローン装置)を使って 1か月ほど時間をかけて作業を行いました。 下田商会には様々な種類のディ
『BtoB案件 同業者様からのデータ救出ご依頼品』の画像

リカバリーしてしまったパソコンのハードディスクのデータ救出作業を行いました。 この作業はハードルが高く、データ救出作業の成功率が低いのです。 データ救出作業を行っても、フォルダ構造やファイル名が喪失している事が多く、拡張子単位でのデータ救出(ファイル名が
『リカバリーしてしまったパソコンからデータ復旧作業を行いました。』の画像

Seagate ST3500418AS データ救出作業 (このハードディスクはGATEWAY製のパソコンに搭載されていたものです。) 通電するけどモーターが回らないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 正確にはモーターは回ろうとしてるけど、何かが引っかかっていて回れない感じ
『モーターが回らない?Seagate ST3500418AS データ救出作業』の画像

令和5年の最初のお仕事! モータが回らなくなってしまった? 通電しないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 Seagate製 ST2000DM001 というハードディスクです。 全く通電している気配がない。モーターが全く動かない感じです。 これは基板が完全に壊れて
『Seagate ST2000DM001 HDD データ救出作業』の画像

データが読めなくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 HITACHI製 HDS721010CLA332 というハードディスクです。 当社診断時にはモーターが回りませんでした。 読み取りヘッド部品がプラッタ盤面(記録盤面)に吸着していました。 最初に吸着(
『HITACHI製 HDS721010CLA332 ハードディスクデータ救出』の画像

データが読めなくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 SEAGATE製 ST3000DM001 というハードディスクです。 この子は異音などは出ていないですが、読み取りヘッド部品が破損していて正常にデータが読み出せなかったんです。 できれば分解しない
『SEAGATE製 ST3000DM001 データ救出作業』の画像

↑このページのトップヘ