湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜6時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

ハードディスクデータ復旧

USB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 外付けハードディスクのACアダプター電源を間違えて電圧の高い物を刺してしまい基板を焼いてしまったそうです。 その影響は外付けケースの基板だけでは無く、ハードディスク本体の基板まで壊してしまい、狭小IC部品を
『TOSHIBA製ハードディスク DT02ABA600V 基板修復・データ救出』の画像

普通に使っていたUSB接続ハードディスクが壊れた?データが読めません(>_こうなってしまうとパソコン上ではどうにも出来ないので、データ救出用のパソコンで解析してフォルダ構造を復元ます。 それが上手くいけば別のハードディスクにデータをすべて退避してあげます。 救
『最近多いトラブル例:ハードディスクにアクセスできません。ドライブ名:¥にアクセスできません。パラメーターが間違っています。』の画像

フォーマットしてしまったハードディスクから、保存されていたデーターを救出しました。 この手の依頼は意外に多く、間違えてフォーマットしてしまったハードディスクから元々保存されていたデーターを探し出して救出するという作業になります。 作業手順は元のフォーマッ
『間違えてフォーマットしてしまったハードディスクのデータ救出作業』の画像

モーターは回っているのにパソコンで認識できないUSB接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は TOSHIBA HD-PB50GK というモデルです。 パソコンに接続してもモータが回るだけで認識しません。 診断時に別のUSB接続のケーブルを使って調査を行うとハー
『TOSHIBA製 USB接続 外付けハードディスクのデータ救出作業』の画像

モーターが全く回らないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は Western Digital WD1600JS というモデルです。 初期診断時にハードディスクの基板を確認したところ、制御チップ2枚が焼けて吹き抜けた跡が有りました。 これでは通電しないのでモーターは
『モータが回らないハードディスクのデータ救出作業』の画像

突然パソコンのハードディスクがアクセス出来なくなってしまい データが見えなくなってしまった悲惨なハードディスクです。 他のパソコンに繋いでみても読み出せないのです。 こういった場合、物理障害という酷い状態になっている事が多く、ハードディスク内部の読み取りヘ
『物理障害ハードディスクからデータ救出する。』の画像

物理障害で正常にアクセスできないハードディスクのデータ復旧作業中です。 重症な案件になると、データを読み出すためのヘッド部品交換を行うだけではダメなケースも多く、ハードディスク上にデータが記憶されているセクターをすべて解析しながら複製ハードディスクを作っ
『HGST製ハードディスク 物理障害データ復旧作業 その1』の画像

データが読み出せないハードディスクのデータ救出作業を行いました。 今となっては珍しい PATA IDE接続のハードディスク 容量も80GBです。 型番は Western Digital 社製 WD800BB というモデルです。 初期診断でモーターが回らない事が判明したので、同系の基板と交換
『モーターが回らない?ハードディスクのデータ救出』の画像

Logitec製外付けハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 こういったUSB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行う場合には、下田商会ではUSB接続の外付ケースから中身のハードディスクだけ取り出して作業を行います。 今回の物も、外側はLogitec製ですが
『Logitec製外付けハードディスクデータ復旧作業』の画像

誤操作した覚えはないのにダイナミックディスクに変換されてしまったらしい?  そのせいで、データが見えなくなってしまったハードディスクからデータ復旧作業を行いました。 そもそもWindowsではハードディスクはベーシックディスクで扱われ、必要に応じてダイナミックディ
『ダイナミックディスクに変換されてしまいデータが見えなくなってしまったハードディスクをデータ復旧する。』の画像

パソコンからデータ領域にアクセス出来なくなってしまったハードディスクのデータ救出作業を行いました。 WesternDigital製 WD20EARS というモデルです。 パソコンに接続すると、ずっとアクセスランプが点滅して何時まで経っても認識しない感じ。 これは不良クラスタとい
『WD製ハードディスクのデータ救出作業』の画像

落下させてしまったノートパソコン(LIFEBOOK AH/54D)のデータ救出作業を行いました。 落とした際の衝撃でハードディスクの記録盤面に複数の小さな傷(不良クラスター)が出来てしまい正常な読み出しが出来ない状態です。 幸い読み取りヘッド部品には損傷が少なかったの
『FMV LIFEBOOK AH54/Dデータ救出作業』の画像

デスクトップパソコンのHDDをSSDに換装するために お引越しツール(環境移行ツール)を使ったら上手くいかずに、元々のハードディスクが読みだせなくなってしまった最悪のパターンからの?データ救出作業依頼品です。 ハードディスクはWD製で  WD20EARXというモデル。 お
『環境お引越しツールを使ったら読みだせなくなったハードディスクのデータ救出作業』の画像

お引越しの後にパソコンに繋いだら認識しなくなってしまったUSB接続のハードディスクデータからデータをバックアップしました。 引っ越し作業で衝撃が加わったのか? ハードディスクに不良クラスター(物理傷)が出来ていてフォーマット形式を認識しません。 解析用のソフ
『USB接続のハードディスクデータ復旧』の画像

突然ハードディスクデータが動かなくなってしまった案件です。 メーカー・型番 Seagate ST2000DL001 こういった場合、ハードディスクの裏側に付いている実装基板がダメなケースが多いのです。 今回も基板に半田付けされている幾つかの部品が破損していました。 皆さん
『Seagate ST2000DL001 モーターが回らないハードディスクデータ復旧』の画像

電源をいれてもモーターが回転しないハードディスクのデータ復旧作業を行いました。 この現象はハードディスクのプラッタ盤面上に読み取りヘッド部品が乗っかったまま回転が止まってしまいヘッド部品が吸着してしまうことから起こります。 作業手順としては吸着したヘッド
『ヘッドロックでモータが回らないハードディスクのデータ復旧作業』の画像

水没したマーシャル製ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 水没した場合、乾かさずに濡れたままの状態を保持してください。 濡れたタオルなどで包んでからビニール袋などで包んでウエット状態をキープして持ち込むとデータ救出の確立が高くなります。 今回のケ
『水没したハードディスクのデータ救出作業』の画像

IBM製ハードディスク Deskstar MODEL IC35L040AVER07-0 のデータバックアップ作業を行いました。 このハードディスクの容量は40GBです。今となってはUSBメモリーよりも小さいサイズです。 この40GBのハードディスクを2パーテーションに分けてデスクトップパソコンの起動
『旧いIBM製ハードディスクのデータ救出作業作業』の画像

動かなくなってしまったIBM製ノートパソコンからのデータをバックアップします。 動かない理由がハードディスク不良だったので非常に難儀する案件でした。 普通のパソコンでは全くハードディスクにアクセスできないので、データ救出用の装置(PC3K)を使ってコマめにエラー
『突然動かなくなったノートパソコンからデータをバックアップする。』の画像

OSが起動しなくなり、別PCに接続してもCドライブのパーテーションが認識できない状態。 SMARTエラーが発生、不良セクタによりCドライブ・OSデータが読めず、起動できなくなる。というよくあるパターンでした。 この場合、データ救出ソフトウエアで1次救出作業を行いますが
『ノートパソコン内蔵 HGST製 ハードディスクデータ復旧』の画像

BUFFALO製 USB接続の外付けハードディスク HD-CB2.0TU2 データ復旧作業を行いました。 お持込された時の状況でかなり状況が悪く、全くデータが読みだせない状態でした。 ハードディスクケース本体から、ハードディスク単体で取り出して データ復旧用のマシンに接続してみ
『BUFFALO製 USB接続の外付けハードディスク データ復旧作業』の画像

USB接続の外付けハードディスクのデータ救出作業を行いました。 このハードディスクをUSB接続でパソコンに繋いでもドライブとして認識出来ない状態でした。 (TOSHIBA製HDD HD-AC20TWというモデル) 診断を進めていくと、デバイスマネージャーではUSB接続ハードディスクと認
『TOSHIBA製HDD HD-AC20TW データ救出作業』の画像

突然起動出来なくなってしまったショップブランドパソコンの修理作業を行いました。 TSUKUMO(ツクモ製)eX_COMPUTER というブランドです。 BIOS起動までは問題無く出来るので、ハードディスク系統の故障だと予想して作業にかかりました。 最初にお客様からパソコンの環境
『ショップブランドパソコン TUKUMO eX_COMPUTER 修理作業』の画像

通電してもモーターがスピンアップしない(回らない)ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 モーターが回らない場合には大きく分けて3種類の原因ケースがあります。 その1 HDD実装基板自体の不具合でモーターに電気が行かないケース その2 モーターは回転し
『モーターが回転しないハードディスクのデータ救出作業』の画像

最近では滅多に見ることが無くなってしまったIDE接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 SATAが主流となった今ではIDEのジャンパピン設定すらわからないエンジニアが増えております(笑) そんな化石の様なハードディスクのデータ救出作業も問題無く可能です。
『IDE接続ハードディスクのデータ救出作業』の画像

PC内蔵HDD データ復旧 救出 取り出し Western Digital製 WD1600AAJS PC内蔵のハードディスクです。 お持ち頂く前にUSB変換のSATAケーブルを使用して電源が入ったそうですが、 次回には電源も入らなくなってしまったそうです。 弊社で確認すると、あれ?電源は入りま
『動かない?ハードディスクからデータ復旧です。』の画像

Windows Server2008 PC内蔵HDD データ復旧 Windows Server2008がRAID1構成で可動していたPCが不調となり データが見られなくなってしまいました。ということで内蔵HDDをお預かりしました。 DELL と書いてありますが、HDDはWD製の500GB 不良セクタが多数出ており、パー
『データはどこへ? データ救出作業』の画像

誤削除 Seagate製 ST500LM021 Dドライブのデータを間違えて削除してしまいました! お預かりしたのはSeagate製 2.5inch ST500LM021です。 幸い、削除してから全く触れていなかった為、 ソフトウェアで解析を行って綺麗に戻すことができました。 誤削除で重要なのは、消
『ま、間違えて消しちゃった! Seagate製 HDD』の画像

Seagate Barracuda ST2000DM001 HDDを接続すると画面には「このHDDを使用するにはフォーマットする必要があります・・・」 ・・・中身のデータを見ることができません。 Seagate製 3.5inch Barracuda ST2000DM001というモデルのHDDです。 幸い異音もなく、取り出したい
『Seagate製 HDD 中身のデータを見ることができません!』の画像

BUFFALO おもいでばこ PD100 データ復旧 おもいでばこは定期的にデータ復旧の依頼があります。 BUFFALO製 デジタルフォトアルバム おもいでばこ PD100 です。 旧型おもいでばこですね。 機器自体の構造は至ってシンプルなので、本体かHDDのどちらかの故障となりま
『BUFFALO おもいでばこ 「おもいで」が消えてしまった!?』の画像

↑このページのトップヘ