湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386

神奈川県藤沢市にあるパソコン修理・データー復旧専門店 下田商会の作業日誌です。2017年からドローン空撮・航空撮影のサービスの提供を始めました。 お問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。日曜お休み。朝9時〜夜6時まで営業しています。 お気軽にお問い合わせください。

湘南のパソコン修理専門店 下田商会 0466-48-2386 イメージ画像
パソコン修理・パソコンデーター復旧・ドローン空撮・航空撮影のお問い合わせ電話番号は 0466−48−2386 です。神奈川県藤沢市にあるパソコン修理専門店 下田商会 住所「神奈川県藤沢市遠藤5608番地」 http://www.ryoya.net/ 日曜お休み。朝9時〜夜7時まで営業しています。

RAIDデータ復旧

ラックサーバーに格納されていたハードディスクのデータ救出作業を行いました。 ハードディスク3本でRAID5環境で構築されていました。 ハードディスク3本中・2本が生きていれば、データ救出マシン上の仮想RAID再構築を行えばデータが見えてきます。 ところが今回のハード
『HDD3本でRAID5構成されていたラックサーバーのデータ救出作業』の画像

バッファロー製ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 機種名は BUFFALO製 HD-WLU3/R1 というモデルです。 RAID設定のハードディスクなのですが、今回はミラーリング:RAID1です。 でもRAID1だからと言って確実にミラーされていない事や、エラーになったハード
『BUFFALO製ハードディスクデータ救出作業』の画像

インフラ管理施設で使用されているFAパソコンのメンテンス作業を行いました。 機種名は TOSHIBA FA3100 です。 故障個所はRAID1で構成されているハードディスク2本のうち1本にエラーがあり 片方1本のハードディスクで運用されていました。 それを正規の2本 RAID1に戻
『TOSHIBA製FAパソコン FA3100 RAID1 HDD交換作業』の画像

USB接続(HDD2本内臓)RAID1設定のハードディスクデータ救出作業を行いました。 RAID1設定なので2本同時に物理的破損はまず無いのですが、今回は2本ともデータが読みだせません。 解析するとフォーマット情報が飛んでます。 しかも保存ファイルが半分くらい削除されてい
『RAID1なのにHDD両方ともデータがぶっ飛んだ?!』の画像

LACIE製 LCH-2B060TB RAID0設定 ハードディスクデータ復旧作業 HDD2本でRAID0構成でした。(HDD2本で1本にする設定) そのうちの1本が物理障害でNGでした。 こういった場合、物理障害のHDDを修理してあげてからクローンHDDを作成します。 そのHDDと元のHDD
『LACIE LCH-2B060TB RAID0 データ救出作業』の画像

ラックサーバーの処分品を貰ったので、RAID5構成のハードディスクデータ救出作業用に改造してみた。 RAID5構成用の接続ポートは4つしかないので、PCI_EX経由でSATAカードを追加してあげて、そこにOSインストール用のSATAハードディスクを取り付けてから、OSを強引にインス
『RAID5構成のラックサーバーデータ救出マシンを作ってみた。』の画像

DELL製ラックサーバー RAID6構成のデータ救出作業を行いました。 当社へお持ち込み頂いた状態は、既にラックサーバーからSASハードディスク4本を取り外した状態で、ハードディスク本体のみをお預かりしました。 しかも4本の順番は不明です。 新人SEさんが無作為に外した
『SASハードディスク・RAID6構成データ救出作業』の画像

非常に苦労したデータ救出案件です。 QNAP RAID5 ネットワーク接続ハードディスクデータ救出作業 データ領域にアクセスできないという状態で当社にお持ち込みされました。 診断作業を進めて行くとハードディスク4本でRAID5構成なのですが、4本中2本のモーターが回らな
『QNAPネットワーク接続ハードディスクデータ救出作業』の画像

動かなくなってしまったMacmini君のデータ救出作業を行いました。 小さなMacmini君の筐体内部に2.5インチのHDDとSSDが収まっています。 電源が入らなくなった症状だったので、安易にデータがコピーできると思ったら・・・ ハードディスクもSSDもMACに繋いでも見えません。
『Macmini RAID0 SSD+HDDデータ救出作業』の画像

BUFFALO TeraStation TS-H2.0TGL/R5 RAID5 データ救出作業 エラー表示が出て動かなくなってしまったネットワークハードディスクのデータ救出作業を行いました。 ファームウエア領域(RAID1)が激しく壊れてしまい、その影響でデータ領域のRAID5が崩壊してしまったという最
『TeraStation RAID5 データ救出 TS-H2.0TGL/R5』の画像

Windows Server のデータ救出作業を行いました。 今回の案件はRAID0(HDD2本で1セット)を2組(合計4本)使ってRAID1という仕様でした。 通常使用しているRAID0が崩壊してしまったので、RAID1でミラーリングしていたRAID0を使ってOSが起動していました。 解かりにくいの
『WindowsServer データ救出作業』の画像

ドライブが認識しなくなってしまった BUFFALO LinkStation LS420D のデータ救出作業を行いました。 このモデルはRAID0(HDD2台を1つにしてHDDの容量を増やす)とRAID1(HDD2台とも同じデータを記録して冗長化する)の設定が出来るのですが、今回はHDD2台を合体さ
『BUFFALO LinkStation LS420D RAID0 データ復旧作業』の画像

突然アクセス出来なくなってしまったBuffalo製 LinkStation LS420D というネットワーク接続のハードディスクのデータ救出作業を行いました。 ハードディスク2本で RAID0構成 という難儀するヤツ。 これは2本のハードディスクをジョイントして1本にする感じで、もしもど
『LinkStation LS420D RAID0構成 データ救出作業』の画像

ELECOM Network Storage Series NSR-MS2T2BLB ネットワーク接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 ネットワーク接続のハードディスクなのですが、突然アクセス出来なくなってしまったそうです。 対応としては内蔵のハードディスクを取り出して、データ救出作業
『エレコム製 ネットワーク接続ハードディスクのデータ救出作業』の画像

RAID5構成のネットワーク接続ハードディスク QNAP TS-453PRO 8GBのデータ救出作業を行いました。 このハードディスクはヒューマンエラーでRAID5の再構築を2回行ってしまい完全にデータが見えなくなり、その状態でのお持込です。 早速、ONAPからハードディスク4本取
『QNAP TS-453PRO RAID5データ救出作業』の画像

ハードディスクのエラー表示が出てしまったNEC FC98-NX FC-24VE の修理作業を行いました。 このモデルはIDE(PATA)ハードディスクを2本使ってRAID1構成になっています。 大抵2番のハードディスクがSMARTエラーだとBIOSレベルでのエラー表示が出るのですが、この機種特有
『NEC FC98-NX FC-24VE RAID1 ハードディスク交換』の画像

ネットワーク接続ハードディスクのデータ救出作業を行いました。 製品名は IODATA製 HDL-XV4.0LP というモデルです。 RAID6で構成されていたのですが、ハードディスク4本中 3本が物理障害という致命的な状態で、尚且つ残った1本も軽度の物理障害でした。 こうなると最
『IODATA HDL-XV4.0LP RAID6データ救出作業』の画像

緊急データ救出対応中 Buffalo製 TeraStation HS-DH1.0TGL のデータ救出作業を行いました。 今回の製品はハードディスク4本でRAID5構成で動いていた物です。 4本中3本のハードディスクが動いていれば何とかなるのですが、4本中2本が物理的に壊れていました。 読み
『RAID5崩壊?TeraStation HS-DH1.0TGL データ救出』の画像

Buffalo製 TeraStation TS-WXL データ救出作業を行いました。 インジケーターが赤い画面でエラー表示のままで、データ領域にアクセスできない状態です。 この場合、内蔵されているハードディスクを取り出して別のパソコンで直接データを抜き出します。 TeraStationの製
『TeraStation TS-WXL データ救出作業』の画像

BUFFALO LinkStation LS-WX1.0TL/R1J RAID 0 データ復旧 RAID構成がされたNAS(ネットワークハードディスク)にアクセスができなくなりました。 お預かりしたのはBUFFALO製 LinkStation LS-WX1.0TL/R1Jです。 日常で使用しているNASということで、データがなくなってし
『LinkStation WX-1.0TL/R1J データ復旧 RAID 0』の画像

Buffalo製 LinkStation LS420D RAID1ミラーリング構成のデータ復旧作業を行いました。 RAID1構成のハードディスク2本中、1本がかなり悪い状態で正常にアクセスできない症状です。 この場合はRAID1ミラーリングなので正常なハードディスクの方からデータ復旧作業を行いま
『LinkStation LS420D データ復旧:RAID1』の画像

RAID1はリビルトしないで! データ復旧できなくなります。 今回の案件はRAID1ハードディスク2本構成の1本が物理的にクラッシュしてしまったモノを お客様が新しいハードディスクに差し換えてRAIDリビルトしてしまったケースです。 クラッシュしたのは1番のハードディスク
『RAID1はリビルトしないで! データ復旧できなくなります。』の画像

今晩も急ぎのデータ復旧作業です。 Buffalo TS-QVH12TL/R6 RAID6 データ復旧作業 内蔵されているハードディスク4本中 1本が物理的にNG! 2本がかなり危うい状態 最後の1本のみが正常・・・。 RAID6なのでハードデイスク4本中 2本が読み出せれば何とかバーチャルRAI
『Buffalo TS-QVH12TL/R6 RAID6 データ復旧作業』の画像

緊急対応案件のお仕事 hp Server ProLiant ML150G6 RAID1 データ復旧作業です。 このServerマシンはRAID1なのに、ハードディスク2本とも不良クラスターが多数あり正常なアクセスができません。 なので起動しているWIndowsからはデータをまともに取り出せない?読み出せな
『hp Server ProLiant ML150G6 RAID1 データ復旧作業』の画像

データがなくなってしまった? PRIMERGY TX100S RAID1構成のデータ復旧作業を行いました。 このマシンは突然データドライブの中身が無くなってしまったという?レアなデータ復旧依頼品です。 1階層目のフォルダーは普通にあります。 でも開くと中身は空っぽなのです。
『富士通 PRIMERGY TX100S RAID1 データ復旧作業』の画像

土曜日の昼に持ち込まれた超緊急対応案件のサーバーデータ復旧作業中。。。 他社持ち込みで、めちゃくちゃ高額のお見積もりだったらしい。(約70万円) そんなハードディスク データ復旧の着手から丸24時間経過。 問題のサーバーマシンの中に搭載されていたハードデ
『SASハードデイスクでRAID1しかも物理障害あり。のデータ復旧案件』の画像

RAID1設定サーバーのデータ復旧作業を行いました。 今回のデータ要救出サーバーはHP ProLiant DL360G5 というラックサーバーです。 通常RAID1設定だとハードディスク2本で各ディスクにミラーリングされているので ハードディスクが1本壊れても大丈夫な筈なのですが
『RAID1設定サーバーのデータ復旧作業 HP ProLiant DL360G5』の画像

BUFFALO LS-WV1.0TL/R1 データ復旧作業 藤沢市の会社様からのお持ち込み案件 BUFFALO LS-WV1.0TL/R1 のデータが読み出せなくなってしまったということで データの復旧依頼がありました。 このLinkStationはHDD2本で構成できるタイプのNASなのですが、 お客様曰く、RAI
『急にデータが読めなくなりました!!』の画像

BUFFALO LinkStation LS-WX2.0TL/R1 RAID1 フォルダが消えてしまった!?データ救出作業 BUFFALO LinkStation LS-WX2.0TL/R1 RAID1構成の調子が突然悪くなり RAIDを再構築したらフォルダが消えてしまったということで、データ復旧のご依頼が有りました。 1本のハー
『BUFFALO LinkStation LS-WX2.0TL/R1 データ救出作業』の画像

今回はかなり苦労しました! RAID5 IODATA HDL-XV4.0データ救出作業です。 ハードディスク4本でRAID5構成のLANDISKだったのですが、4本中 2本のフォーマット情報が完全に飛んでいる上に、3番のハードディスクに不良クラスターが沢山ありアクセスがかなり悪い状態
『苦労しました! IODATA HDL-XV4.0データ救出』の画像

↑このページのトップヘ