妊娠することで、お腹の急激な成長についていけず、肌に亀裂が入ったような線が出来てしまう。

これが妊娠線の原因です。 妊娠中は血液の循環が悪くなりがちです。

身体に不純物が溜まりやすくなります。

すると、亀裂が入った肌の再生力が衰えてしまい、妊娠線が残ってしまいます。

産後 お腹 

↑このページのトップヘ