2017年03月19日

3/17.18下北サクラマスジギング@36朝日丸

早春の名物、下北半島のサクラマスを釣りたくて行ってきました。
例年なら、二月中にパタパタと釣れ始まるサクラマスですが、今年はどういうわけか?二月中の爆釣なくて、このまま低調に終わるのか?と心配しておりました。
三月に入ってソコソコの釣果が聞こえてきたので、3/17.18日と野牛港の36朝日丸さんにお願いして釣行してきました。

3/17日
5時集合、5時半出船。
事前に36朝日、左舷トップと釣座を聞いて居たので、サクサクと荷物を積み込みポイントへ。
片道2時間の沖ではなく、港から30分の前沖がポイントの様です。
6時実釣開始。
8時過ぎに右舷トップのアングラーがサクラマスをキャッチ。
どんなシャクリ方をしてるのか?そのアングラーの釣りを見させていただき、自分の釣りをアジャスト。
ジグを替えて、シャクリ、テンポを変えて釣り続ける。
9時を回った辺りから、船中がバタバタと賑わってきた。
程なくして私にもヒット。
フォール中にジグの重さが消えて、メインラインが斜めに走り出す!
鱒だ!
難なくキャッチしたのは1キロ半くらいか!
この一匹と同じパターンで釣りを続け4ヒット1バラシ。
その後、ジアイが過ぎたのか?ヒットが無くなる。
天気は良く、凪もよく釣り日和。
ジグのカラーチェンジした途端、ヒット!
その後又してもこう着状態。
ジグをアワビ貼りにチェンジすると即ヒット。これで5本キャッチ。
船中にマッタリとした空気が流れ始め、サクラマスの当たりが全く無くなる中、シャクリのピッチを上げて、早めのワンピッチにして一本追加。
合計7ヒットの6キャッチ1バラシ。
合間合間に水草カレイを追加してお土産も充分でした。
14時ストップフィッシング。
15時帰港して、この日は終了。
むつ市で温泉に浸かり疲れを癒し車中泊。

3/18日
休養十分でしたが肝心のマスが探せず撃沈。
船中鱒一本で終了。
オマケにアザラシに付きまとわれて、外道の鯖を何度も引ったくられ散々でした。

腹の内容物は全てカタクチの様でした。
ベイトを追って移動が早いのかな?ってくらい状況の変わり様が激しい。
サクラマスジギングの難しい一面が出た日でした。

昨年は早めのワンピッチで普通に釣れました。
今回も朝のうち、そんな釣り方でやってましたが船中のファーストヒットがスローなワンストロークでヒットした様なので釣り方を、フォールを多めに変えたら当たりが出る様になりました。
その日その日のパターンですし、ジャークも人それぞれですから一概に言えないですが、この日は明らかにフォールに強く反応していたと思います。
今まではサクラマスジギングは下げより上げを意識した方が釣れると思ってましたので、今回はいい勉強になりました。
今回のタックルは以下の通りです。
スピニング
スミス HSJ62+セルテート3000+PE1号

ベイト
エバーグリーン PSLJ603-1.5+オシアコンク301+SFL1号

GM サーベルダンス グラスモデル+ソルティストICV+SFL1号

サクラマスは捕食が下手なのか?掛かった魚の全てが背、腹、尾鰭などのスレ掛かりでした。
皮が柔らかいので強引なやり取りは身切れしてバラしが多くなります。
強引なやり取りは厳禁!
竿もライトで粘りのあるものが適しています。
今回の使用したジグ
2wayspikyセミロング/フラット155g
同/セミロング/ラウンド115g
SFC レクター150g







alfaone at 19:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) サクラマスジギング | 2wayspiky

2017年03月09日

東北アブラボウズへの道

3/2の忠兵衛丸釣行の疲れを引きずりながらも東北地方のアブラボウズポイントを開拓する為の釣行に誘って頂き行ってまいりました!

場所、船名は公開致しませんが餌釣りでの実績もある船宿さんにジギングでのアブラボウズ釣りをお願いしての釣行です(^-^)

北海道、東北地方にもアブラボウズのポイントは各地にある様ですが、開拓は十分に進んでいない様です。
釣りのシステムが確立された南伊豆にこのままではアングラーが集中してしまって、ポイントが潰れる、資源が枯渇するのも時間の問題と危惧するアングラーも多く、この釣りが長く楽しめるように新たなアブラボウズポイントの開拓は喫緊の課題と思います。

そんな中、FBフレンドのSさんの段取りで3/4.5日の二日間を試験釣行として企画されました。
私もお誘い頂き、3/5日の1日だけ参加させていただきました。
結果的には魚の顔を見る事は叶いませんでしたが、北海道、東北地方でのアブラボウズ開拓に情熱を燃やすアングラーと一緒に釣り出来たのは良い刺激になりました!
日を置いて、再度、試験釣行する事を約束して解散しましたが、新たなアブラボウズポイントの開拓も時間の問題だと信じています!
SFC松村さんも参加した今回の試験釣行が北海道、東北地方のアブラボウズジギングの第一歩となる事を切に願っています!
同船頂きましたアングラーの皆さん、今回はありがとうございましたm(_ _)m


alfaone at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アブラボウズ | スローピッチジャーク

2017年03月08日

アブラボウズアタック第三回@南伊豆 忠兵衛丸

3/2南伊豆の忠兵衛丸さんに行ってきました!
前回のなごみ丸さんに引き続き、ボウズ狙いのジギングです(^-^)

1日8時間、シャクリ倒してもアタリなど無いのが当たり前!
正しく坊主上等!な釣りですが、何故か?愉しい!辞められない!
得体の知れない面白さに引き込まれる様な感覚の釣りですね(笑)

前回のなごみ丸さんでのバラムツキャッチから、何かを掴み掛けている感覚に気を良くしての二週連続釣行でした。

また、同船のメンバーが濃い方々ばかりでして、私なんかが同船するのも憚れる程でした(笑)
色々、参考になる話もお聞きして勉強になった釣行となりました。

船は定刻に出航。
ジグアングラー7名で片舷流し。
オモテから、ダイアンさん、SFC弘田さん、手塚さん夫妻、ディープ西本さん、大石さん、トモに私!
この中で釣りするのはどう見ても厳しい!
人の釣りを見て、勉強したいのは山々だけど、自分の釣りに迷いが出ると釣れるものも釣れなくなるので一切、見ない事にして自分の釣りに集中!
1日の投入回数に制限があるので、兎に角、一投一投が勝負なのだ!
一投目。
先ずはスパイV900g  で様子を見る。
潮流れ悪いのか?スンナリと着底からの落とし返しでも問題なく、釣りはしやすい感じ!
つまりは釣りやすいけど、釣れにくい!
この調子で三投目までやって見る。
四投目!
釣れない時の常套手段。
リグを軽くする!
FB800gに変更。
問題なく釣りできる。
5投目。
Vib830g投入。
フォールスピードは更に遅くなるも問題し。
着底から数回、落とし直したか?
5メーター上げからのフォール後、着底から二回しゃくった所でPHPJ501のティップに重みが伝わる。
根掛かりか?重いな!
そのままの角度をキープしてティップを注視してると明らかに生命反応だ!
半信半疑で二回持ち込まれた所で巻き合わせ!
確信に変わったところを忠兵衛丸船長も見逃していなかったのか?オッ来たね!と声を掛けられた時には1色分リールを巻いていたと思います。
ココで本当に魚か?
不安に駆られリールを巻くのを止めた!
確かに魚だ!
600メーターの底から魚信が伝わる!
ドラグが出るのを安心して見ていた!
そこで不意にティップの緊張が解かれた!
アッ!やってしまった!
大馬鹿野郎でした(笑)
深海ジギングの経験の無さがこの失敗の原因です。
メインラインの伸びが5%なら600メーターで30メーターも伸びるという事。
ましてや魚探の水深が600メーターを指示していても、いとも簡単に700も800メーターも吸い込まれていくライン。
底なし沼の様にどこまでもラインを喰らう怪物の様な海なのです。
違和感や魚を感じたら、躊躇なく巻けるだけ巻くのが正解だった!
ブレークしたのはシステムのノット上部で、呆気なく切れた!
私のリーダー長さはジグの動きを良くしようと2ヒロと短めでした。
多分、根ズレでしょうけど、次回はリーダーを長くしようとは思いません。
長くした所で潜った魚を引っ張り出せるとは到底思えないし、やはり底に張り付かれる前に引き剥がすのが一番の対策だと思えるからです。
この誤ちは2度と繰り返しませんよ!
体験しないと分からない事なんですよね。幾らラインの伸びがあると言っても、普段の釣りでラインの伸びを意識することなんて先ず無い事ですからね!
頭で理解しているつもりでも、体が動かないもんです(笑)

この後、二回程、投入出来ましたが本命のバイト無く沖上がりとなってしまいました。
良い体験の出来た釣行でしたが、今季の伊豆遠征はそろそろ終了です。
残念ですが、来シーズンに向けて、またコツコツ準備していきたいと思います。
同船頂きましたアングラーの皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m






alfaone at 09:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スローピッチジャーク | アブラボウズ

2017年02月23日

アブラボウズアタック二回目@西伊豆 なごみ丸

20172/22アブラボウズチャレンジして来ました!
今回の船宿は西伊豆 松崎港のなごみ丸さんです。
南伊豆の忠兵衛丸さんで下積み後、開業したなごみ丸さん
船は乾舷も低めで短い竿でも釣りやすい!
これならノーマルの501でもガンガンシャクれます。

当初、22/23日と二日間の予定でしたが23日は南風が吹いて時化模様の様で22日だけの釣行となってしまいました。
なごみ丸さんは乗合3名からの出船との事でしたが凪も良いし2名でも出ます!と嬉しい対応をしていただきました。
ありがとうございますm(_ _)m
平日、単独釣行の多い私にとって大変ありがたいデスね!
ましてやアブラボウズなどと言う深海ジギングなんて周りにやってるアングラーなんて居ませんからね。

22日4時出船。
ユックリ走って、2時間。
今日の潮流れはどうか?
一投目の着底感は曖昧でしたが、打ち直しすると綺麗に着底。
釣りやすい!
なごみ丸船長の丁寧な操船も相まって、超釣りやすい!
が肝心のポイントに入った所で根掛かりやっちゃいました。
アレコレやりますがダメでジガーのスプールロックして強引に巻き上げマス!
諦めていたけど、根掛かり外れてジグ回収出来ました。
1流しは投入から回収まで約1時間。
伊豆海域は遊漁の時間も申し合わせ事項がある様ですが、今日は13時までの釣りなので何回流せるかな?
兎に角、一投一投が大事です!
一斉回収からポイントに入り直して第2投。
ジグはそのまま、スパイV900g
またもや、核心部に船が入った所で根掛かり!
コレでは釣れないのも当たり前。
スパイV900殉職
高切れじゃ無いのがせめてもの救いです!
回収してリールごと交換。
次の投入に備えます。
ココで船長の餌釣りに何かが当たった様です。
バラムツ20キロ位かな?
相変わらず人相悪い魚だな!
第三投、第四投も空振り
カラで巻くのは余計疲れます!
潮流れ良いのでジグをFB900gに変更して居ましたが、CXでも大丈夫そうなのでCX800gにチェンジ。
これが良かったのが五投目。
700メーターからのカケ上がり。
上手くボトムの起伏をかわしてシャクれてるなと思った時に突然、ジグが重くなった!
CXだからかな?
竿先に集中しても生命感ナッシング!
取り敢えず合わせだけやっておいて、20メーター巻き上げてみるも魚じゃ無いかも?
針エビか?
溶岩でも針に掛かったか?
いずれにしろ回収しなきゃな!
めちゃ重のリールハンドルを巻き巻き!
残り400メーターの所でドラグが出る?
魚?
魚だよな?
そこから要所要所でドラグ出していきますが魚が泳いでくれるからスンナリ残り100メーター迄巻き上げ。
船が見えてから二回走りましたが無事キャッチ(^-^)



















船長は30kgと言ってましたが40キロ近い感じでした(^-^)
フロントフックが目に掛かったのが外れて、下腹に再度フックアップしたんでしょうね!
ボウズボウズと念じながらの巻き上げも魚が違ってました。
この魚がボウズなら、次回の釣りはイカメタルで富山湾か?下北野牛のサクラマスだな!などと小躍りしてたんだけど、残念な結果になりました!(笑)

その後の流しでもアタリなし。
最後の最後でCXを根掛かり殉職(泣)

結局、今日は船中ボウズ無し。
潮流れ順調で釣れそうな感じでしたが、残念でした(^-^)

本日のタックル
ハイピッチジャーカー501
オシアジガー5000 P
SFL 3号+リーダー ヨツアミFCアブソーバー20号
使用ジグ ディープライナースロースキップCX、FB、SPY-V800〜900g
フック ASS大針7/0




alfaone at 05:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年01月31日

2017初釣行!アブラボウズジギング@南伊豆 忠兵衛丸

2017年の初釣行です。
2015年から、コツコツと準備して来た深海ジギング。
当初は新島キンメが本命でしたが、どうせ釣るならデカいヤツ!って事でアブラボウズ狙いになっちゃいました(笑)
やって見ないと分からない事だらけでしたので、この釣りのlead-off manであるマニアの西本プロに根掘り葉掘りお聞きして準備。
釣行日にも同行していただけることになりました(^-^)
1/29日、釣行当日。
港で西本プロにご挨拶してタックルを積み込み、出航!
忠兵衛丸さんは言わずと知れた有名船宿。
アルミ船の23忠兵衛丸はまだ真っ暗な闇を静かに進んでいきます。
右舷オモテに3人の餌釣りアングラー、トモから3人がジギングアングラーの計6人の片舷流しの釣りです。
水深600メーターラインからスタート。
スロースキップCX900gをセットして投入。
着底は分かりましたが、なんか凄く重い!(笑)
回収してくると針エビ(笑)
重い訳です。
二投目からスパイV900gにチェンジして
見ます。
着底感もシッカリあり、引きも軽く使いやすい。
三投目までは潮も緩く、釣りやすい状況でしたが、アタリは無く、西本さんのアドバイスから800gにジグサイズを落とした四投目。
投入と同時にラインはスグに斜めに入水していきます。
水深600メーターラインですが、ラインが800メーター吐き出されても、一向に止まる気配が有りませんでした(^-^)
手も足も出ないとはこんな状況を云うのか?
900gに変更しても、状況は変わらず。
釣りをさせてもらえない状況に潮の流れの凄さを実感させられました。
この状態からのジグ回収の重さといったら、只事では有りませんでした(^-^)
ジグアングラーが四苦八苦してる中で、餌釣りアングラーは二人が一本づつ本命をキャッチ。
何方も40キロクラスのアブラボウズでした。







































おめでとうございます(^-^)

この釣れ方を見て、普通に釣りできれば、普通に釣れる魚なんじゃ無いかな?
と思いました(^-^)
最大のネックはやはり、この水深と潮の壁。
近海の釣りと同じ感覚で釣りをできれば、そう難しい釣りでは無いと思うのですが、それが出来ないもどかしさ!
釣りさえも出来ない状況が現実にある訳で如何ともしがたい。
メインラインの潮抵抗を減らさなければ、ジグウエイトを100や200増やしたところで状況を克服出来る感じがしなかった。
魚のサイズがサイズだけにメインラインの強度を極端に落とす訳にはいかないから、また厄介です!

600〜800メーターを8回位?巻き上げましたが意外に身体的にもキツイ感じは無く、丸2日経過した現在も筋肉の痛みは出ないので、大丈夫でしょう!(笑)
電動なんか必要ないな!(笑)
次回は二月!
タックルを整えて、また挑みたいと思います!




alfaone at 04:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スロージギング | アブラボウズ

2017年01月25日

今年もやるのかな?

http://tama-tv-news.sblo.jp/s/article/178533469.html
是非、2017年も開催してもらいたいです(^-^)
良いモチベーションになってますし、遊漁船で乗り合わせたアングラーにスパイキー使ってます!って言われる事も多くなりました。
私の使用するジグは殆ど、2way spikyシリーズです。
良く釣れますので、お店で見付けたら買って使ってみてくださいね(^-^)



alfaone at 20:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 2wayspiky | スロージギング

2017年01月13日

勉強って大切!




















訳あって購入して鑑賞!
眼からウロコな項目もあり、勉強になりますね!
元々、フライフィッシャーな私ですからタイングはお茶の子サイサイですが、大先生の手仕事は見かけによらず、繊細で丁寧、几帳面さが伺えて勉強になりますね(^-^)
常にノットの事を考えていて、試行錯誤しているのだろうなと推察できました。
大先生並には出来ないし、する必要も無いと思いますが、知識として有益、こんなメソッドが必要になった時に実際にやってみたり、自分の釣りのノットやアシストにイマジネーションをプラスする時にはチカラになりますね!


大荒れの休日に今年の釣りに必要な針を作ってます。

こんなのや!



















こんなの!



















最近はバイスで固定して根巻きより、お手軽な結びを多用してます!
まぁ魚のサイズに合わせて、臨機応変で!



















アルゴンアシスト使ってみました!
数種類ある様ですが、良い感触です。
画像のタイプは結びも根付けもパリッとして使いやすいです。

このカルティバのアシストは使わないけど、ニードルが欲しくて購入です。
以前に購入した同タイプのニードルが遂に壊れてしまったので購入したのですが、以前のものより太くなっていて、使い難くなっていました。残念です!
ニードルもいろいろ使いましたが、このドイツ製がイチオシ!
K◯◯のロングニードルなんて、使えない上にすぐ壊れました。
もう二度と買いません!


alfaone at 10:01|PermalinkComments(10)TrackBack(0) ジギング | スロージギング

2017年01月09日

今年もよろしくですm(_ _)m

ツマラナイブログですが、今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
相変わらず、近海での10キロオーバーを狙って釣りして行く予定です。
真鯛、シーバス、ヒラメ、マダラ、鰤をメインにジギングで狙っていきます。
スロー系ではAAAのグランドスラムを目指して頑張ります!
イカメタルはスポット参戦で釣況次第でスクランブル発進の予定です。



















タックルも万全!
ボックスも重々!



















コレで17キロ!
ボックスが壊れるか?
私の腰が壊れるか?って位の重さです(泣)



















サイズ感解りませんが、マニアなサイズで鉄アレイの代用品として購入した訳では無いので、取り敢えず使ってみる事にします(^-^)

年齢的に此の先、ハードな釣りは段々と困難になって行くでしょう。
此処からの五年、55歳までに釣り上げておきたい奴がターゲットです(^-^)
誰がこんな釣り始めたんだろね!
本当に感謝ですね(笑)




alfaone at 03:03|PermalinkComments(5)TrackBack(0) ジギング | マニアシリーズ

2017年01月01日

2016釣り納め!@越喜来 龍神丸

2016/12/30最後の釣行です。
船宿は越喜来、やまきゅう龍神丸さんです(^-^)
釣り物は今年、不調のヤリイカ釣り。
良い日も有れば、全く駄目な日も有る気難しい釣り物です。
15時出航。
16時前から実釣開始です(^-^)
今回もイカメタルでの釣り、スッテ15号、ドロッパー二本でスタート!
メタルハライド点灯前にポツポツと乗り始めましたが、私には乗って来ません!
周りのイカサビキのアングラーにはポツポツ来ていますが、スッテにはお触りなし!
やっと一杯目が乗ったのが、ライト点灯直前。
点灯後にダブルで乗って来たのを最後に暫くの間、またお触りなし。
それでも周りのプラ角には結構なペースで乗っています。
18時の時点で序盤に釣った3杯のみ!
私の後ろのイカメタルのアングラーも良くないようです!

参った!本当にイカが触らない!
アタリを見逃さまいと凝視しても、全くもってアタリが出ない!
周りの釣れ方をみて、コレで当たらないのはマズイな!
こんな事も、いずれあろうかと準備していたプラ角仕掛けにチェンジしてみると、そこからは空振りなしの水揚げ開始です(^-^)
21時の終了まで釣り切って、最終的には38杯の船中二番手!
トップが41杯とのことなんで、マズマズ挽回しました。

今回の仕掛けは11センチのプラ角の6本仕掛けでした(^-^)
エダスを1センチ、針間は1メーター。
シンカーはイカメタル30号に重くしています。
着底後、テンションフリーでアタリを取って、乗らなければ上に誘い上げて行きます。
アタリが出ていたのは40メーターラインまででしたので、釣れ具合を見て、棚を抑えて釣って行きました。
止めてシェイクしてからの止め待ちなどで食い上げが多かったです(^-^)
従来のイカサビキ釣りではタックルがヘビーなので、ああいったアタリは目に見えるアタリとして、竿先に出ないでしょう!
イカメタルの竿を使った釣りでないと、見逃してしまうアタリです。
こういったアタリを抑えて掛けていく釣りは楽しいの一言ですね!
レンジカバー能力が仕掛け長さで7メーター有りますので、其処に神経を削がれることなく、アタリの見極めに集中出来るのが良いですね!
このイカメタルとイカサビキの利点をハイブリッドした釣りはかなり、強い釣りです!(^-^)
兎に角、掛けないことにはイカのアタリを見ることが出来ないので、良い経験が出来ました。
究極は手釣りのイカ釣りが感度面で最強なんですが、道具の進化はないですからね(笑)
ゼロテンション、タタキなどマルイカ釣りの技術がそのまま活かされるはずと、ネットで勉強した甲斐がありました(笑)


alfaone at 13:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年12月18日

開発中だそうです(^-^)

本日、玄関開けたら、荷物が届いてました(^-^)
送り主は湘南のアングラーズクラブ ライズの原田さん。
いつもお世話になっておりますm(_ _)m
何でも、2way spikyの新しいモデルを試作中との事。
先日、発売になったばかりの2way spikyのセミロング/toughのニューサイズの様です。
近頃、盛り上がりつつあるマイクロジギングの為のサイズで55g、45gクラスを試作中とのとこでした。
で荷物はその試作中の45gでした(^-^)











一緒に70gも頂いちゃいましたm(_ _)m
大事に使わせて頂きます。
画像だと、そうでもないですが、結構小さい!
マダイ、シーバスのジギングにはもってこいのサイズです(^-^)
更には同30gも検討中との事。
PEの細号柄を使ってのライトジギングには使い良いサイズでしょうし、春先の浅棚にサスペンドする気難しいマダイにはこのサイズがいいかもしれませんね(^-^)

取り敢えず、年末のイカメタル釣行で試して使って見ます!


alfaone at 22:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 2wayspiky | マダイ