2017年09月10日

スルメイカ釣り@越喜来 恋し浜 龍神丸

何回目かのスルメイカ釣りです!
太平洋側では今季、3回目かな?
9月1日にも予定ありましたが、台風で文字通りお流れ、一週空けてのイカ釣りです!
前回の反省を踏まえて、今回のイカサビキ120号シンカーのタックルはスロジャ6ozに変更しました(笑)



















愉しい釣りでは無いですが、早潮対策で一応持参です!
前情報では、最近釣果は一桁の時も有ったとか?
龍神丸船長にも厳しいから覚悟してくださいね!(^^)と釘を刺されての18時にメタルハライド点灯!
何気に龍神丸の集魚灯は本職イカ釣り船と同じ性能だそうで半袖などでは紫外線焼け起こしますので注意です。

今回の釣り座もイカメタルやる予定で右舷後尾。
乗り始めたのは19時位か?
水深約100メーターの湾口にアンカリングしているのですが、潮流れは穏やかで釣りやすいです。
イカサビキで数杯掛けてから、コレならイカメタルイケるな!って事でイカメタルタックルに持ち替えると、複数乗りは無くても、一投1杯でポロポロとキャッチ。
ナマリスッテはキーストンのナマリスッテ50号。
ドロッパーは確か?デュエルのプラッスチックのスッテです。
棚に落ち着くと必ず触ってきます!
余り強くしゃくらずに、棚キープしてアタリを待つと必ず触るので、スッテに着いたイカは残らずキャッチする勢いです!(^^)
と此処で廻りを見ると、周りのイカサビキアングラーは沈黙してます!
イカメタルは自分1人ですが、何故か?イカサビキは単発でポツリポツリとしか釣れない様です。
どうやら、今晩はイカメタルに分がありそうです(^^)
途中、中弛みを挟みましたが、22時半まで終始、入れれば乗る感じで終了です!



















サイズはムギイカサイズも混じりましたが、釣りとしてはまずまずのサイズも混じり、愉しい釣りでした(^^)

何より、アタリを摂って、掛けていくスタイルの釣りはやはり、面白いし、愉しさ一番ですね。
速い動きに反応良い場面では、圧倒的にヘビーシンカーのイカサビキに軍配が上がりますが、釣り味がやはり悪い!
昨晩の様にイカは居るけど、スッテを観てくるときはシャクリより、止めて待ちの釣りが効果的です!
ヘビーシンカーのイカサビキでも止めて待つことが出来ますが、こんな場面ではイカの触り方も触腕でトンッと触るだけのことも多く、イカサビキ釣りのタックルではアタリを摂って掛けていく釣りがしにくいです!
この点、ライトタックルを使うとスッテに纏わりつくイカの気配すら分かるわけで、イカがスッテに付いたら止め待ちで叩きや一度落としてからしゃくり上げたり、逆に上げてからの止め落としなどの誘いで取りこぼしなく、乗せていくことができます!
イカの密度が濃いときは、こんな事しなくても、勝手にイカ同士が牽制し有って、我先にスッテを抱くのですが昨晩は密度が薄いこともイカメタルに味方したんでしょうね。

沖上がりでイカサビキアングラーに聞きましたが10杯程度の数の方もいた様です。
私はと言うと48杯で終了。
単発が多かったですが、釣りの愉しさはやはり、イカメタルに軍配が上がります!
越喜来でも、イカメタルオンリーでやる船が出て来れば愉しいのですけどね!



















今回もキーストンのアルミトロ箱使いましたが、一度使うと手放せなくなりました!


今回のタックル
シマノ セフィアSSメタルスッテ B605HS
同 新型バルケッタBB301HGDH
ヨツアミ Gソウル アップグレード06号
キーストン鉛スッテ 50号赤帯

メタルスッテは潮流れ良ければ、25号でも行けますし、軽い方が乗りは良いです!
ただ、他のイカサビキのアングラーとのトラブルを避ける為にやはり、重目がオススメです。
オマツリは細糸のメタルスッテアングラーにダメージ多いので、出来るだけ避ける方が得策ですし、周りのアングラーに迷惑をかける様な行為は厳に慎んでくださいね。
釣りは愉しく真剣に!

次回釣行は魚を狙ってジギングやる予定です(^^)






alfaone at 09:49│Comments(2) ライトタックル | イカメタル

この記事へのコメント

1. Posted by ta9   2017年09月11日 08:18
お疲れ様でした!

今回はメタルに軍配が上がって楽しそうでしたね!

夜船に乗らないのでわかりませんでしたが、あの集魚灯というのは強烈なんですね 笑
2. Posted by ごめ   2017年09月11日 09:05
どもです(^^)
結構、日に焼けますから気をつけてくださいねぇ!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字