ALGO SPEEDERブログ

全競馬場SP指数アルゴリズム構築ソフト「ALGO SPEEDER」のブログです。


TargetImport

TARGETを起動し、「環境設定」より「外部指数の設定」を選択します。

今回指数を表示させたい画面をチェックして指数のNOを入力します。

※外部指数が1つの場合は「1」を入れる

新規追加を押します。


targetteigi

※画像のパス・ファイル名はALGO SPEEDERをDドライブにインストールした場合の指定です。

上記のように設定して「OK」を押します。

TF外部指数3

「TGX」タブにアルゴ指数が表示されました。

外部指数の検証方法についてはTARGETのマニュアルを参照して下さい。



続きを読む

「今回指数の出力」から、今回指数をテキストファイルに出力することができます。

テキストファイルは、インストールディレクトリの下の「TEXT」フォルダに出力されます。

今回指数出力


●出力ファーマット(TARGET外部指数形式)

ファイル名:"TE" + 開催年月日(8桁)+ ".csv"(拡張子)
ファイル内容:開催年月日(8桁)+ 競馬場コード(2桁)+ 開催回(2桁)+ 開催日(2桁)+ レース番号(2桁)+
今回指数 最大18回繰り返し(カンマ区切り)


補正中、補正無の切り替えは、出馬表画面の「補正切替」で行って下さい。


競馬場コード
01 札幌
02 函館
03 福島
04 新潟
05 東京
06 中山
07 中京
08 京都
09 阪神
10 小倉
 
30 門別
35 盛岡
36 水沢
42 浦和
43 船橋
44 大井
45 川崎
46 金沢
47 笠松
48 名古屋
50 園田
51 姫路
54 高知
55 佐賀
83 ばんえい



続きを読む

今回指数の計算方法は、オプション画面の「出馬表の今回指数」で設定することができます。

過去何走までを参照するか、平均値、最高値の利用比率などを設定します。

また、過去指数の参照基準を設定して、同じ競馬場、同じコースを走った時の指数のみを参考にすることもできます。


「出馬表の今回指数」を、好みの計算方法に変更してテキストファイルに出力~他のソフトで的中率、回収率の検証を繰り返し、独自の設定方法を見つけてください。

設定を変更して的中率、回収率が上がれば、変更内容を採用し、下がれば不採用といったように山登り式に検証を繰り返すことで精度が高まります。


こんなファクターも追加してほしいといった要望も随時受け付けておりますので、メールでお知らせ下さい。

精度が上がる可能性があると認められるファクターについては、無償でソフトに実装させていただきます。

今回指数




また、ver2.0.0以降で実装された「馬券シミュレーション」機能では、過去のレース結果をもとにしたシミュレーションが可能になりました。たとえば、「2015年の中山ダート1200m戦で、単勝1~2番人気に推された今回指数1位馬と2位馬のワイド1点を買い続けた場合(画面例)」といった条件でシミュレーション(回収率の算出等)が行えます。

この「馬券シミュレーション」で継続して儲かる条件を発見できれば、「自動運転」機能で、その条件に合致したレース・買い目の自動投票が行えます。
馬券シミュレーション
続きを読む

↑このページのトップヘ