JR東日本30周年記念パスはあまりお得じゃない?

March 20, 201723:06
なにやら、30周年記念で3日間乗り放題の切符が出るらしいですね。
JRも30年ですか。年をとるわけです・・・(遠い目)
https://www.jreast.co.jp/press/2016/20170301.pdf

3日間鉄道乗り放題! JR東日本が発足30周年記念パスを1万3000円で販売 - ねとらぼ

でも、これ内容を見ますと、あまりお得ではないような・・・・。
普通・快速列車のみ利用可能、特急料金、東日本の新幹線は別途特急券で利用可能、エリアはJR東日本全区間と一部の3セクって、3連休パス(http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2230)と似たような条件。
エリアをよく見ると、3連休パスに比べて、青函区間と北海道。伊東より以南の伊豆急、越後ときめき鐡道の一部が利用不可になってますね。
3連休パスは14050円ですから、30周年記念パスはそれより1050円だけ安いですが、その分エリアも削れてますのでお得感が余り・・・。
このようなフリー的な切符で、ちょっと失礼な言い方ながら、盲腸線的な部分。伊東線の末端区間や伊豆急に乗る人はほとんどいないと思いますし、えちごときめき鐡道区間も、そのあたりが目的地の人でなければ(しかし、首都圏から直江津方面に行くだけでは、30周年パスの値段の方が通常運賃より高くなるから、そういう人も少ない)ほとんど利用しないでしょう。
ですから、そのあたりをカットして全体の料金が安くなるのはいいんですよ。
ホリデーパスより、使いもしない区間までエリアが広がって切符が高いために利用者が激減した休日おでかけパスの二の舞になってしまいますから。
乗りつぶしとか、乗ること自体が目的で長時間乗車が苦にならない、それ自体が目的な人ならともかく、一般人はそんなに一生懸命長時間乗り続けて、エリアの隅々まで乗り続けませんから、とても乗り切れないほどエリアが広くても意味がないんです。そこまでエリア広くなくてもいいからもっと安くして。っていうのが普通の人の感覚ではないでしょうか。
でも、函館まで行けないのはちょっとねぇ。しかも利用期間が夏ですよ。夏のトップシーズンに北海道に向かう人多いんじゃないですか? 
わざとはずした切符にして、利用者が集中しすぎないようにしているのかしら(爆
三連休パスの劣化版って感じがします。
感謝の気持ちをお伝えする・・・といっていますが、感謝の気持ちは劣化版3連休パス程度ということですね。

10周年
3万円で全国のJRが3日間乗り放題、自由席特急券も乗り放題

完全民営化記念
JR東日本パス
8000円で1日、もしくは12000円で2日、JR東日本の普通・快速・特急自由席が乗り放題、指定席も2回まで可。飲み物クーポンもついていた。
3セク不可ですが、当時は新青森まで新幹線が延伸していなかったので、切り捨てられておらず高い森鉄道の別払い区間が少なかった。北陸新幹線関係の3セクも当然切り捨てられる前だった。

これらに比べて30年の感謝のしょぼいことwwwww

前述したように、使わないエリアまで広大なフリーエリアに含まれても意味がないのですから、北海道まで行かなくてもいい人なら、1050円安い分、少しはお得なのかもしれませんね。

※ちなみに3日有効ではございますが、東京都区内から函館まで往復で乗車券部分が21380円くらいかかりますから、2日目に全くJRに乗らずに函館付近で遊んで1日目と帰りの3日目だけJRを使っても、3連休パスの14050円は十分元が取れます。
そういう意味では、東京都区内から青森までだけでも乗車券部分は往復18260円ですから、30周年記念パス13000円なら単純往復でも、十分元は取れますが、あまりお得感がないのよねぇ。
 

休日おでかけパスで回れる温泉

March 05, 201723:10
休日おでかけパス(https://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2093)の範囲内で適当に行ける温泉。
まだ、時刻表は精査していないのですが、きっと相当に減らさないと回りきれないでしょう。

たとえば、国府津から戻るのは、茅ヶ崎以東に直通してそのまま乗ることができるのと、下総松崎、吉川は移動経路上のため乗り換え一回分のロスですみますが、八高線の小川町まで行くと、また再度高麗川乗り換えになったり、東鷺宮まで行くと、宇都宮線の大宮乗換が発生するので乗り換え2回分のロスになるのです。ただし、1582Eなど、国府津を出て東鷺宮まで直通可能な列車はございます。

高尾ー八王子(中央快速線)
八王子ー北茅ヶ崎(横浜線・相模線直通)

野天湯元・湯快爽快 ちがさき http://www.yukaisoukai.com/

北茅ヶ崎ー茅ヶ崎(相模線)
茅ヶ崎ー国府津(東海道線)

天然温泉コロナの湯 小田原店 http://www.korona.co.jp/Onsen/odw/index.asp

国府津ー大船(東海道線)
エアポート成田 大船ー成田(総武線・成田線直通)
成田ー下総松崎(成田線)

下総松崎ー我孫子(成田線)
我孫子ー新松戸(常磐線)
新松戸ー吉川(武蔵野線)

よしかわ天然温泉ゆあみ http://www.yuami.com/

吉川ー南浦和(武蔵野線)
南浦和ー東鷺宮(東北線(宇都宮線))

百観音温泉 http://www.100kannon.com/

東鷺宮ー大宮(宇都宮線)
大宮ー高麗川(川越線)
高麗川ー小川町(八高線)

花和楽の湯 http://www.kawarano-yu.com/

小川町ー高麗川(八高線)
高麗川ー八王子(八高線)
八王子ー高尾(中央快速線)
 

週末パスで温泉めぐり

March 04, 201720:45
前述しましたように、JRの駅には、上諏訪やほっとゆだなど、温泉や足湯が併設されているところもございます。
ほっとゆだ駅は範囲外(3連休東日本・函館パスならOK)ですが、週末パスでも結構回れそうなので試算してみます。
こういう場合は、片道切符で一筆書きになるように組むといいのですが、週末パスを使えば、ルートが重複しても大丈夫なので、越後湯沢と津南と両方行ったり、女川へ行くこともできますよ。

かなり弾丸ですがモデルコースを作ってみました。
Alistiaがやるかどうかは不明です(費用がかかりすぎるのと、移動があわただしすぎるので)
方針としては、2日間で福島、宮城、新潟、長野、山梨とまわりますので、作戦は一刻を争うので新幹線・特急も使用(この週末パスは特急料金を払えば利用OK)。早朝出発。
金曜日夜からトレインホステル北斗星などに泊まって、前夜から寝台特急気分を味わいながら始発の新幹線出発。各温泉の滞在時間は最低1時間弱(時刻表により伸びる可能性あり)
と言う方針で予定を組みます。
なお、言うまでもないですが、週末パスを利用前提なので、土日のダイヤです。
ねむいのと、開放B寝台といえ、雑魚寝っぽいところにはあまり泊まりたくないのでAlistiaは多分、実施しないと思います。

1 東京ー福島(東北新幹線)
新幹線やまびこ41号 東京(23番線) 6:04発~福島(13番線) 7:39着 自由席\3,680円
※始発なので混んでいるため、座りたければ早めに並ぶ必要がある。

福島駅ビル内極楽湯 土日入浴料 \650円
(極楽湯は、実際には8時からの営業です(滝汗)
※駅ビル内とはいえ、改札外なので、ラッチ乗換できず、新幹線特急券は打ち切りとなり、福島・仙台への特急券は買いなおす必要がある。

2 福島ー仙台(東北新幹線)
やまびこ203号 福島(13番線) 8:41発~仙台(12番線)9:02着 自由席\1,840円
※これも座れない可能性が高い。確実に座るには指定席特急券をとるべき。

3 仙台ー石巻(仙石線)
特別快速5527D 仙台(4番線)9:24発~石巻 10:16着
4 石巻ー女川(石巻線)
1631D 石巻 10:37発~女川 11:02着

女川温泉ゆぽっぽ 入浴料 \500円
※クーポンで100円割引があります
https://onsen.nifty.com/minamisanriku-onsen/onsen007098/

ここまでで、417.7Km(運賃計算キロ418.8Km)片道\6,800円かかるところが、週末パスでフリーです。
さて、13:24まで列車がないので、ゆっくり温泉に入って、ここで昼食を食べて高畠へ向かいましょう。

5 女川ー小牛田(石巻線)
1634D 女川 13:24発ー小牛田 14:30着
6 小牛田ー新庄(陸羽東線)
4735D 小牛田 14:35発ー新庄 17:19着 
7 新庄ー山形(奥羽本線) 
1448M 新庄 18:00発ー山形 19:21着

おおっと、もう夜になっちゃいました。
土曜日はこれで打ち切り。 
ここで一泊して、あとは日曜日に回りましょう。
 
8 山形ー高畠(奥羽本線)
高畠駅なので、特急を使う必要はありません。温泉は7時から営業なので、つばさ120号を使わなくても、次の420Mでじゅうぶんです。
420M 山形 6:30発~高畠 7:05着
 
高畠町太陽館 入浴料300円

8 高畠ー米沢(奥羽本線) 
424M  高畠 8:17発ー米沢 8:30着
米坂線の本数が少なく、待ち時間が余りに長いので、次の列車にして温泉にもう少し長く入ってよいかもしれない。

米沢駅名物、米沢牛使用、牛肉ど真ん中駅弁(\1,250円)で朝食

9 米沢ー坂町(米坂線)
1129D 米沢 10:29発ー坂町 12:25着

10 坂町ー新発田(羽越本線)
11 新発田ー新潟(白新線)(直通列車のため乗換なし)
936M 坂町 12:37発ー(新発田 12:58着12:59発)ー新潟 13:34着

12 新潟ー長岡(信越本線)
442M 新潟 14:05発ー長岡 15:21着

13 長岡ー越後川口(上越線)
1740M 長岡 15:30発ー越後川口 15:54着

14 越後川口ー津南(飯山線)
190D 越後川口 15:58発ー十日町16:24 着

列車が全然ないので、十日町で夕食をしましょう。
きよみ食堂さんが駅から153m地点にございます。

15 十日町ー津南(飯山線)
170D 十日町 17:35発ー津南 18:00着

リバーサイド津南 入浴料\500円
これ、だめですね。 週末パスの有効期限中に東京に戻ってこれませんよ。
飯山線が、十日町で馬鹿停になって一時間以上待たされるからにゃぁ・・・。 
一応、長岡に戻る時間も調べましょう・・・・。
ちなみに女川からここまでの距離と料金は686.8Km(運賃計算キロ704.6Km)片道\10,150円が週末パスでフリーです。

16 津南ー越後川口(飯山線)
193D(終列車) 津南 19:55発ー越後川口 21:18着

17 越後川口ー越後湯沢(上越線)
1750M 越後川口 21:23発ー越後湯沢 22:17着
 
18 越後湯沢ー東京(上越新幹線)
 Maxとき350号(終電) 越後湯沢 22:24発ー東京 23:40着 自由席特急券2800円
※終電なのと、新潟から乗ってくるので自由席で座れる可能性は低い

一応、当日中に東京まで到着できますね。
津南からの距離を計算しておきます。286.6Km(運賃計算キロ290.5Km)、片道5080円が週末パスでフリーです。

しかし、これは厳しい。さすがにこの旅行はしないと思います。 
これでは越後湯沢駅の、ぽんしゅ館湯の沢も入れませんし・・・(終電のMaxとき350号まで7分しかないし、そもそも営業時間19:30まで)。
行くとしたら、盲腸線をカットして移動を少なくして、もう少しゆっくりできるようにするのと、越後湯沢の、ぽんしゅ館(入浴料800円)も入れる予定にしたほうがいいですね。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ