2012年05月03日

2ー1。輪郭のない月




きのうになっていった、イマたちは、
大なり小なりウンメイで、

思い出しても心が揺れるときを、
きっと、岐路とか呼ぶ。




どうしようもない衝動には、
どうしようもないその時に理由なんかなくって、

あったとしたって、
『そうしたかった』。

それは否定出来ないでしょ?




自分が立ち止まってしまう時や場所や相手を、

こわいけど、
こわいけど、こわいけど、
こわいけど。

ちゃんと、立ち止まればいいんだ。



それは、
精一杯やったってこと。


それで、赦そうよ?
それで、赦されるよ?


さ。
次は何を見ようか。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔