なんか、いろんなところで年間記録を目指している人がちらちらいてこのブログもやめどころを失っている今日この頃(。 ・(エ)・)


オセラーいろいろ表彰!なんと今年で7度目の開催!


※手作業です。間違ってたらごめんね。
※段位は当該大会終了時点、レーティング関係は年末時点の段位を掲載しました。


まずはタイトルホルダーを確認していきましょう。


_________________________________________________________
国外タイトル

World Othello Championship 2019 優勝  髙橋八段
                                                女子優勝     Joanna William
                                                ユース優勝    
髙橋八段
_________________________________________________________


43回大会は香港開催の予定でしたが、現地の情勢が悪かったため急遽東京に変更となりました。
優勝は髙橋八段。去年の福地七段が小学5年生で優勝すれば、高橋八段は中学2年生での優勝。

2017年にユース枠で世界選手権に出場し決勝で高梨九段に敗れた髙橋くんは、2年の時を経て無差別枠での代表をつかみ取り、決勝で高梨九段とのリベンジを果たすというドラマで世界チャンプに上り詰めました。

女子チャンプはオーストラリアのJoanna William。Dong Zhenとの女子チャンプ経験者同士の白熱した決勝戦を制しました。

_________________________________________________________


国内タイトル

第39期名人 髙橋七段 (準優勝 中島八段)
第46回全日本選手権者 高梨九段(準優勝 中島八段)
第13期王座 髙橋七段 (準優勝 佐谷七段)

女流名人 乗光五段
女流日本一 菅原六段

小学生グランプリ優勝 薬師寺三段

小学生名人 長島三段
中学生名人 髙橋六段
高校生名人 中村(倫)五段
マスター名人 末国九段

_________________________________________________________

髙橋八段の輝かしい活躍で幕を閉じた2019年となりました。ちなみに名人戦ではメジャー最年少制覇を達成しています。

髙橋八段は先の第47回全日本選手権で優勝し、史上初の国内三冠を達成しています。

中島八段は安定した活躍で2回の決勝進出を果たしましたが、優勝・九段昇段は来年以降に持ち越しとなりました。

決勝に行けないジンクスを抱えていた佐谷七段は初のメジャー準優勝。
世界選手権も3位となり、世界選手権表彰台独占に貢献しました。

女流タイトルは菅原六段が初の全日本選手権3連覇。乗光五段や先日の全日本では久松五段等の
若手プレイヤーも台頭しており、来年以降のタイトルが誰に輝くか想像できない状況となっています。

小学生グランプリは薬師寺三段が優勝。世界選手権でも8勝相当としてその実力の高さを見せました。


地方タイトル
_________________________________________________________


・地区名人位

北海道名人 高橋五段
東北名人   大清水六段
北関東名人 石川(輝)五段
東関東名人 沢田二段
茨城名人  和泉四段
東京名人    中島八段
神奈川名人 野田六段
新潟名人   長崎六段
東海名人   佐野三段
中部名人    土田五段
近畿・北陸名人 髙橋六段
兵庫名人   福永七段
中四国名人 岡本(隼)三段
九州名人    中村(創)三段
_________________________________________________________

・地区特別タイトル

・北関東ブロック
2019川越棋聖 中森六段

・東京ブロック
東京グランプリ優勝 中島八段

・神奈川ブロック
横浜新人王 笠井初段
横浜最高位 山川七段

・近畿北陸ブロック
北摂グランプリ優勝 管生六段
大阪盤聖 高橋六段

・九州ブロック
九州新人王 桑原(良)初段

_________________________________________________________

今年から東京ブロックへ移籍した中森六段が川越棋聖を獲得。
80名超の出場者があった9月の東京オープンでも優勝しており、来年以降の躍進が予想されます。

髙橋八段に続く日本レーティング2位で2019年を終えた山川七段はなんと今年メジャー大会出場無し。
来年以降海外に行くという噂がありますが今後の活躍やいかに。今年は横浜最高位戦で優勝しました。

次は各地方大会の最多優勝者です(レーティング対象大会のみ・級位者部門は除く)

_________________________________________________________


北海道ブロック主催
佐々木七段 6回 (昨年:
佐々木七段・宮坂五段 3回

東北ブロック主催
大清水六段 7回 (昨年:和田五段 5回)

北関東ブロック主催
村上九段 3回(昨年:後藤七段・長谷川五段 3回)

東関東ブロック主催
鳴海四段 2回 
(昨年:菱山四段 2回)

茨城ブロック主催
和泉四段 4回 
(昨年:和泉四段 4回)

東京ブロック主催
中島八段 10回(昨年:中島八段 6回)

神奈川ブロック主催
堀内三段 3回 (昨年:福地七段大池六段高見澤四段 2回

新潟ブロック主催
滝沢九段
長崎六段 2回 (昨年:滝沢九段 3回

東海ブロック主催 
荒木五段・手崎四段 3回 (昨年:榎本四段・伊藤三段 2回)

中部ブロック主催

土田五段 2回 (昨年:高木五段 3回)

近畿北陸ブロック主催
管生六段 8回 (昨年:高橋六段 7回)

兵庫ブロック主催
管生六段 2回
 (昨年:管生六段 5回)

中国四国ブロック主催
岡田1級 3回(昨年:亀本五段 4回)

九州ブロック主催
神崎四段 4回
(昨年:鈴木三段 5回


_________________________________________________________

東京ブロック:メジャー大会でも活躍を見せた中島八段がなんと10大会優勝。品川の帝王ここにありか。

神奈川ブロック:小学5年生の堀内三段が神奈川オープン・かわさきオープン・横浜フレッシャーズを制し最多優勝。

近畿北陸・兵庫ブロック:北摂オープン5連覇を果たした管生六段が他の関西主要大会も制し、なんと2ブロック合計で10大会の優勝を果たしました。

九州ブロック:神崎四段が4大会優勝。連盟レーティングも1500に近づいており、今後の活躍が期待されます。


次はその他の記録です

_________________________________________________________


年間最多大会出場 宮本(武)二段 343試合
                (昨年:菱山四段 275試合) 
年間最多勝 下村五段 184勝
                (昨年:高橋六段 177勝)
年間最高勝率 高橋八段 .883
                (昨年:高梨九段 .828  )  ※勝率は50試合以上出場のみ対象
年間最多連勝 管生六段 22連勝  
                (昨年:高梨九段 29連勝)
年間最高レートトップ 高橋八段 1716
                (昨年:高梨九段 1734)
年間平均レートトップ 高橋八段 1651
                (昨年:高梨九段 1678)
年間レーティング上昇トップ 松谷三段 900→1224
                (昨年:伍四段 957→1326)
新人王 松谷三段(昨年:別宮三段)  

※新人王は「今年レーティング対象大会初参加者」のうち「レーティング上昇トップ者」を新人王にしました
_________________________________________________________


12月の土浦オープンがまだ投稿されていませんが、影響するところは私の方で把握しているので勝手に考慮しています。

年間最多出場は宮本二段。今年は小学2年生にして九段2人を倒す活躍も見せました。

年間最多勝は下村五段。今年は年間最多勝を狙っていたそうで、藤井二段との
最多勝争いは12/28の品川・浜松までもつれた結果、1勝差で差し切りました。

レート・勝率は久しぶりに高梨九段が陥落。髙橋八段へと覇権交代となりました。
最高勝率.882は高梨九段の全盛期と言われた.888に迫る数字。これからも高梨九段が打ち立てた記録に迫ることが増えていくでしょう。

連勝トップは20連勝以上のプレイヤーが並ぶ中で、北摂オープン5連覇の管生六段が獲得。

レート上昇トップ・新人王は松谷三段。オンラインで磨いた実力を生の大会でも発揮しました。

レート上昇2位以下も遠藤二段・藤井二段・薬師寺四段と今年躍進を見せたプレイヤーの名前が並びました。来年以降トップ層に食い込んでくるかもしれませんね。

みなさんの名前はありましたかね( ・ω・)僕の名前はありませんでした



では、今年もオセロ界にとって良い年でありますように。

今年出場する選手が出そろい、ちょっとノリでデータを整理してしまったのでブログにしちゃいます。
相変わらずアナログ作業なので間違えてたらごめんね!
ちょっと文字が細かいのでパソコン推奨。

★レーティング上位30

レーティング順












●集計方法
各地の通過者を集めた後に、連盟レーティングを収集(2019/7/21現在)。
(王座戦で昇段した子が多かったので黄色部分で修正しています。
その他公開情報で誤っているとご指摘いただいたものについては黄色で修正しています。)
OSG2018と小学生名人戦2019のベスト8は個別に集めてきています。

今回は現時点でのレーティング順位で見ていきたいと思います。(適当に口調が変わります。)

●学年別出場者数

全体132名
低学年(1~3年):36名
高学年(4~6年):96名
オセロ連盟レーティング大会参加無し:48名

圧倒的に高学年が多さが目立つ。やはり小学生だと学年が高いほど強い傾向にあるのだろうか。
また、予選通過者でレーティング対象大会への参加がないのは約1/3にあたる48名。
この大会の門戸の広さが見られる。


●東北・東京・大阪の強豪三すくみの様相。各地の強豪も光る。
小学生強化に力を入れている東北・東京・大阪周辺のプレイヤーが上位のほとんどを占めており、各地区のジュニア強化の成果がうかがい知れる。
それ以外の地区でも、唯一の四段である中部の傍嶋四段を始めとして優勝を狙えるプレイヤーが揃っている。

東北ブロックtwitter:https://twitter.com/othello_tohoku
東京・品川支部:http://seaside.othello.org/renshukai/
近畿北陸ブロックブログ:http://blog.livedoor.jp/kinki_othello/


次は学年ごとに選手をピックアップしてみる。

★高学年レーティング上位

レーティング順(高学年)

















●大会を席捲する5年生と4年生。
今回レーティング順位上位10名中8名を占める5年生と4年生。

特にレーティングトップの堀内三段は無差別でも上位のオープン大会である神奈川オープンで優勝した経験もあり、飛ぶ鳥を落とす勢いとなっている。

対するは関西の薬師寺三段。この1年で急激にレーティングを伸ばした逸材であり、
地方大会や先日の王座戦では高段者を何度も破って現在三段まで昇段を果たしている。

小学生グランプリと小学生名人戦で入賞を果たしている東北の狩野三段と中部の傍嶋四段もその安定感から優勝候補筆頭だ。

大会本戦も現在レーティング1200オーバーしているこの4人が中心となると予想される。

その他も最近力を付けてきている品川キッズ土金(大)三段・小林二段。東関東で独自に実力を伸ばした常盤初段。東北地区の大会で上位に食い込んでいる横澤二段等、この世代は実力者が揃っている。

●「福地世代」6年生の最後の夏はいかに。
現役世界チャンピオン福地七段が本大会不参加を表明している中、関東・関西各地の大会にも積極的に参加している中部の加藤子(雄)二段は最後の大会となる。

また、昨年8位入賞を果たしている田口(天)二段も最後の大会。オセラー一家で有名な田口家最後のジュニアグランプリとして一部で注目となっている。

6年生は後悔の無きように頑張ってきてほしいですね。


次は低学年です。

★低学年レーティング上位
レーティング順(低学年)













●低学年は2強か。福地七段以来の快挙やいかに。
通過者が少ない低学年の中では大西三段と宮本二段のレートが突出している。

3年生の大西三段は昨年7位。小学生名人戦でも5位に入賞している。
去年10月には無差別の全日本選手権予選を勝ち抜き、大人に混じって全日本選手権も経験している。
本大会も十分優勝を狙える位置にいるだろう。

2年生の宮本二段は小学1年の去年水戸オープン・りんかいチャレンジカップのインターミディエイト部門を優勝。その才能の片鱗を見せつけている。

1年生では土金兄弟の弟、土金(凛)二段がレートトップ。兄弟そろっての活躍が期待される。

低学年での優勝となった場合、1年・2年で本大会連覇した福地七段以来となる。
各学年筆頭の大西三段・宮本二段・土金二段の活躍に注目だ。


●データを覆す成長力
・・・とまぁ色々見てきましたが、今まで長くオセロに携わってきた人間として、
小学生はこれから一気に成長することはざらにあります。

きっとここから大会までの1週間弱で突然伸びる子も現れてくるはずで、
これまで見てきた子たち以外でも活躍をしてくれる子がたくさん現れることが予想されます。

本記事の目的としては、何も知らないでOSGが始まったり終わったりしても味気ないので
大会に出る小学生含むオセロ関係者各位がこれを見ることで少しでも小学生たちの活躍を楽しんでいただければと思います。

●二人の天才に続くのは誰か
2017年に高橋現名人・王座、2018年に福地現世界チャンプを輩出したこの大会。
この二名に続き栄冠を勝ち取るのは果たして誰なのか注目が集まります。


それでは~







年末年始はシンガポールに行っておりました( ・ω・)某所でせつかれて今更やります。


オセラーいろいろ表彰!なんと今年で6度目の開催!


※手作業です。間違ってたらごめんね。
※段位はメジャー大会以上は当該大会終了時点、それ以外は年末時点の段位を掲載しました。


まずはタイトルホルダーを確認していきましょう。


_________________________________________________________
国外タイトル

World Othello Championship 2018 優勝  福地七段
                                                女子優勝     菅原五段
                                                ユース優勝    福地七段
_________________________________________________________


42回大会はチェコのプラハで開催されました。優勝は福地七段。
なんと11歳と128日での優勝。谷田七段の保持していた最年少優勝記録を更新の快挙を成し遂げました。

女子優勝は菅原五段。タイトル防衛となった本大会は予選で苦しむも決勝トーナメントでは
さすがの勝負強さを発揮。前人未到の2年連続女子世界チャンプの偉業を成し遂げました。

帰りの飛行機では谷田機長の名スピーチがネット上で話題を呼び、
最年少世界一の福地七段の話題と併せて、各メディアで大きく取り上げられました。

_________________________________________________________


国内タイトル

第38期名人 清水七段 (準優勝 高橋六段)
第45回全日本選手権者 土屋七段 (準優勝 福地六段)
第12期王座 高梨九段 (準優勝 末国九段)

女流名人 佐藤五段
女流日本一 菅原五段
女流王座 山中六段

_________________________________________________________

時代が変わる。そう思わせるような、ニューフェイスが続々と顔を出した一年でした。
名人、全日本では決勝進出者がタイトル未経験のプレイヤーのみ、
しかもそのうち2人が高橋六段と福地六段という小学生プレイヤーでした。(高橋六段は当時小6)

2019年はどのような年になっていくのでしょうか。

菅原五段は全日本連覇、すでに開催済みの2019年の全日本選手権でも優勝し
破竹の3連覇。六段昇段を成し遂げています。

地方タイトル
_________________________________________________________


・地区名人位

北海道名人 佐々木七段
東北名人   飯島七段
北関東名人 北野五段
東関東名人 赤木四段
茨城名人   荒井三段
東京名人    中島八段
神奈川名人 福地七段
新潟名人   滝沢九段
東海名人   伊藤三段
中部名人    加納五段
近畿・北陸名人 松本六段
兵庫名人   管生六段
中四国名人 亀本五段
九州名人     中野五段
_________________________________________________________

・地区特別タイトル

・東北ブロック
2018東北王座 和田五段
郡山名人 大清水六段

・北関東ブロック
2018川越棋聖 伊藤四段
2018川越女王 小磯三段

・東京ブロック
東京グランプリ優勝 中島八段
関東社会人選手権者 大池六段
関東女流名人 龍見六段
関東学生名人 倉橋五段

・神奈川ブロック
横浜新人王 堀内初段
横浜最高位 大池六段

・近畿北陸ブロック
大阪盤聖 高橋六段

_________________________________________________________

地区名人はベテラン高段者達が実力健在ぷりを発揮する中、
荒井三段や伊藤三段等、初の地区名人に輝いたプレイヤーの
今後の活躍が期待されます。

地区のタイトルでは大池六段が各所で力を発揮。
長年メジャーを取れる位置で戦い続けているプレイヤーなので2019年の活躍が期待されます。


次は各地方大会の最多優勝者です(レーティング対象大会のみ)

_________________________________________________________


北海道ブロック主催
佐々木七段・宮坂五段 3回 (昨年:佐々木七段 5回)

東北ブロック主催
和田五段 5回
 (昨年:大清水六段 4回)

北関東ブロック主催
後藤七段・長谷川五段 3回 
(昨年:村上九段・北野五段 2回)

東関東ブロック主催
菱山四段 2回 
(昨年:奥田四段 3回)

茨城ブロック主催
和泉四段 4回 
(昨年:和泉四段 10回)

東京ブロック主催
中島八段 6回
 (昨年:高梨九段 8回


神奈川ブロック主催
福地七段
大池六段高見澤四段 2回 (昨年:福地五段 2回

新潟ブロック主催
滝沢九段
長崎六段 2回 (昨年:滝沢九段 3回

東海ブロック主催 
榎本四段・伊藤三段 2回
 (昨年:荒木五段・波木三段 2回


中部ブロック主催
高木五段 3回
 (昨年:高橋(晃)五段・高木三段 3回


近畿北陸ブロック主催
高橋六段 7回 (昨年:複数優勝者なし


兵庫ブロック主催
管生六段 5回
 (昨年:福永三段 2回


中国四国ブロック主催
亀本五段 4回(昨年:亀本五段・川上三段・後三段 2回


九州ブロック主催
鈴木三段 5回
 (昨年:中野五段 3回)


_________________________________________________________



東北ブロック:和田五段が最多優勝。メジャー大会での活躍も目覚ましく、今後の活躍が期待されます。

中部ブロック:高木五段は二年連続。全日本選手権で入賞し五段昇段しました。

近畿北陸ブロック:高橋六段がなんと7大会優勝。2017年世界2位の成績から
2018年でも活躍を示し、トッププレイヤーの地位を確固たるものにしました。

歴代のユース世界チャンプも各所で活躍を見せています。


次はその他の記録です

_________________________________________________________


年間最多大会出場 菱山四段 275試合
                (昨年:
中村(和)三段 334試合) 
年間最多勝 高橋六段 177勝
                (昨年:
中村三段 209勝
年間最多分 岩倉五段 8分   
                (昨年:
岩倉五段 7分
年間最高勝率 高梨九段 .828
                (昨年:
高梨九段 .891  )  ※勝率は50試合以上出場のみ対象
年間最多連勝 高梨九段 29連勝  
                (昨年:
高梨九段 34連勝
年間最高レートトップ 高梨九段 1734
                (昨年:
高梨九段 1808
年間平均レートトップ 高梨九段 1678
                (昨年:
高梨九段 1699
年間レーティング上昇トップ 伍四段 957→1326
                (昨年:
杉本三段
新人王 別宮三段(昨年:
杉本三段) 

※新人王は「今年レーティング対象大会初参加者」のうち「レーティング上昇トップ者」を新人王にしました
_________________________________________________________


年間最多勝は高橋六段。大会数が多い関東プレイヤーが例年獲得する中、
各所遠征も重ね獲得しました。すごい。

岩倉五段は二年連続で最多分数。棋風的なものでしょうか。

レート・連勝・勝率はいつも通り高梨九段の一人舞台。2018年も29連勝してたんですね。

レート上昇トップは伍四段。オープン大会でも好成績を残しており波に乗っています。

新人王は中国四国の別宮三段。今後檜舞台に立つことはあるのでしょうか。

みなさんの名前はありましたかね( ・ω・)

ちなみにブログを書くように言ってきた人たちの名前はほとんどなかったような気がします・・・笑



では、今年もオセロ界にとって良い年でありますように。

↑このページのトップヘ