年末年始はシンガポールに行っておりました( ・ω・)某所でせつかれて今更やります。


オセラーいろいろ表彰!なんと今年で6度目の開催!


※手作業です。間違ってたらごめんね。
※段位はメジャー大会以上は当該大会終了時点、それ以外は年末時点の段位を掲載しました。


まずはタイトルホルダーを確認していきましょう。


_________________________________________________________
国外タイトル

World Othello Championship 2018 優勝  福地七段
                                                女子優勝     菅原五段
                                                ユース優勝    福地七段
_________________________________________________________


42回大会はチェコのプラハで開催されました。優勝は福地七段。
なんと11歳と128日での優勝。谷田七段の保持していた最年少優勝記録を更新の快挙を成し遂げました。

女子優勝は菅原五段。タイトル防衛となった本大会は予選で苦しむも決勝トーナメントでは
さすがの勝負強さを発揮。前人未到の2年連続女子世界チャンプの偉業を成し遂げました。

帰りの飛行機では谷田機長の名スピーチがネット上で話題を呼び、
最年少世界一の福地七段の話題と併せて、各メディアで大きく取り上げられました。

_________________________________________________________


国内タイトル

第38期名人 清水七段 (準優勝 高橋六段)
第45回全日本選手権者 土屋七段 (準優勝 福地六段)
第12期王座 高梨九段 (準優勝 末国九段)

女流名人 佐藤五段
女流日本一 菅原五段
女流王座 山中六段

_________________________________________________________

時代が変わる。そう思わせるような、ニューフェイスが続々と顔を出した一年でした。
名人、全日本では決勝進出者がタイトル未経験のプレイヤーのみ、
しかもそのうち2人が高橋六段と福地六段という小学生プレイヤーでした。(高橋六段は当時小6)

2019年はどのような年になっていくのでしょうか。

菅原五段は全日本連覇、すでに開催済みの2019年の全日本選手権でも優勝し
破竹の3連覇。六段昇段を成し遂げています。

地方タイトル
_________________________________________________________


・地区名人位

北海道名人 佐々木七段
東北名人   飯島七段
北関東名人 北野五段
東関東名人 赤木四段
茨城名人   荒井三段
東京名人    中島八段
神奈川名人 福地七段
新潟名人   滝沢九段
東海名人   伊藤三段
中部名人    加納五段
近畿・北陸名人 松本六段
兵庫名人   管生六段
中四国名人 亀本五段
九州名人     中野五段
_________________________________________________________

・地区特別タイトル

・東北ブロック
2018東北王座 和田五段
郡山名人 大清水六段

・北関東ブロック
2018川越棋聖 伊藤四段
2018川越女王 小磯三段

・東京ブロック
東京グランプリ優勝 中島八段
関東社会人選手権者 大池六段
関東女流名人 龍見六段
関東学生名人 倉橋五段

・神奈川ブロック
横浜新人王 堀内初段
横浜最高位 大池六段

・近畿北陸ブロック
大阪盤聖 高橋六段

_________________________________________________________

地区名人はベテラン高段者達が実力健在ぷりを発揮する中、
荒井三段や伊藤三段等、初の地区名人に輝いたプレイヤーの
今後の活躍が期待されます。

地区のタイトルでは大池六段が各所で力を発揮。
長年メジャーを取れる位置で戦い続けているプレイヤーなので2019年の活躍が期待されます。


次は各地方大会の最多優勝者です(レーティング対象大会のみ)

_________________________________________________________


北海道ブロック主催
佐々木七段・宮坂五段 3回 (昨年:佐々木七段 5回)

東北ブロック主催
和田五段 5回
 (昨年:大清水六段 4回)

北関東ブロック主催
後藤七段・長谷川五段 3回 
(昨年:村上九段・北野五段 2回)

東関東ブロック主催
菱山四段 2回 
(昨年:奥田四段 3回)

茨城ブロック主催
和泉四段 4回 
(昨年:和泉四段 10回)

東京ブロック主催
中島八段 6回
 (昨年:高梨九段 8回


神奈川ブロック主催
福地七段
大池六段高見澤四段 2回 (昨年:福地五段 2回

新潟ブロック主催
滝沢九段
長崎六段 2回 (昨年:滝沢九段 3回

東海ブロック主催 
榎本四段・伊藤三段 2回
 (昨年:荒木五段・波木三段 2回


中部ブロック主催
高木五段 3回
 (昨年:高橋(晃)五段・高木三段 3回


近畿北陸ブロック主催
高橋六段 7回 (昨年:複数優勝者なし


兵庫ブロック主催
管生六段 5回
 (昨年:福永三段 2回


中国四国ブロック主催
亀本五段 4回(昨年:亀本五段・川上三段・後三段 2回


九州ブロック主催
鈴木三段 5回
 (昨年:中野五段 3回)


_________________________________________________________



東北ブロック:和田五段が最多優勝。メジャー大会での活躍も目覚ましく、今後の活躍が期待されます。

中部ブロック:高木五段は二年連続。全日本選手権で入賞し五段昇段しました。

近畿北陸ブロック:高橋六段がなんと7大会優勝。2017年世界2位の成績から
2018年でも活躍を示し、トッププレイヤーの地位を確固たるものにしました。

歴代のユース世界チャンプも各所で活躍を見せています。


次はその他の記録です

_________________________________________________________


年間最多大会出場 菱山四段 275試合
                (昨年:
中村(和)三段 334試合) 
年間最多勝 高橋六段 177勝
                (昨年:
中村三段 209勝
年間最多分 岩倉五段 8分   
                (昨年:
岩倉五段 7分
年間最高勝率 高梨九段 .828
                (昨年:
高梨九段 .891  )  ※勝率は50試合以上出場のみ対象
年間最多連勝 高梨九段 29連勝  
                (昨年:
高梨九段 34連勝
年間最高レートトップ 高梨九段 1734
                (昨年:
高梨九段 1808
年間平均レートトップ 高梨九段 1678
                (昨年:
高梨九段 1699
年間レーティング上昇トップ 伍四段 957→1326
                (昨年:
杉本三段
新人王 別宮三段(昨年:
杉本三段) 

※新人王は「今年レーティング対象大会初参加者」のうち「レーティング上昇トップ者」を新人王にしました
_________________________________________________________


年間最多勝は高橋六段。大会数が多い関東プレイヤーが例年獲得する中、
各所遠征も重ね獲得しました。すごい。

岩倉五段は二年連続で最多分数。棋風的なものでしょうか。

レート・連勝・勝率はいつも通り高梨九段の一人舞台。2018年も29連勝してたんですね。

レート上昇トップは伍四段。オープン大会でも好成績を残しており波に乗っています。

新人王は中国四国の別宮三段。今後檜舞台に立つことはあるのでしょうか。

みなさんの名前はありましたかね( ・ω・)

ちなみにブログを書くように言ってきた人たちの名前はほとんどなかったような気がします・・・笑



では、今年もオセロ界にとって良い年でありますように。