その他本

2007年05月14日

はじめての占星術
鏡 リュウジ著 / 荒井 良二絵
ホーム社 (2007.5)
通常24時間以内に発送します。


 鏡リュウジ+荒井良二という剛かな組み合わせによる、子供向けの占い本。占い=オカルトと見る向きもあるだろうが、超自然的なことに幼い心が惹かれるのは当然のこと。であれば、最初に出会う占い本は良質なものであったほうがいい。

 鏡リュウジさんには取材でお会いしたことがあるが、良識のある人だと感じた。このシリーズ(「タロット」に続く第二弾)を読んでも、そう感じる。

 荒井さんの絵については、絵本『はじまりはじまり』など、その自由な筆遣いが好きで、このシリーズでも伸びやかな線とあたたかい色で不思議な世界を演出している。

 子供向けだからといっていたずらに簡単にしていないし、情報量も多い。ホロスコープを作ることもでき、かなり本格的だ。ここまで作りこむと、読者を選ぶと思うけど、その真剣度に好感を持った。

 というわけで、子供に読ませてもイイかな、と大人が思える本である(うちの子にはまだ早いけど)

『はじめてのタロット』はこちら↓
はじめてのタロット
鏡 リュウジ著 / 荒井 良二絵
ホーム社 (2003.6)
通常2-3日以内に発送します。


(09:35)