門球魔法〜モンキューマジック〜

 多趣味な私が、アニメ、声優、酷道、スポーツ、旅、時事ネタなどを中心に、様々な話題の記事をご提供いたします。        ※当ブログの画像使用・リンク等につきましては、コメント等に一声お願いいたします。

2009年06月

出逢ってしまった二人


 突然、勤め先が潰れた。
 
 まぁ、私自身は前々からヤヴァいカンジがしていたので、大して驚きはしなかったのですが、通達が本当に突然でした。
 たった10ヶ月の短命な会社だった。

 遅かれ早かれ辞めるつもりではいたので、ショックはないのだが、今の勤め先に勤めるに至って、生活面などで様々な投資をしてきたので、こんなに短命に終わられると少々腹が立つし、困る。
 完全に本社の独断で切られる形になったので、余計だ。

 まぁ、本社には文書を以って個人的に保障の要求はしているし、何とかするとの回答ももらっているので、大したモメごとにもならなさそうである。
 法学部を卒業しているので、理屈っぽくこういう場合の要求をするのは得意ですし、正当な対抗要件も用意していますしね。

 そんなこんなで、今月一杯で飛騨とはお別れ。郷里の茨城県へ帰ることになりました。

 現在は、残務の傍ら引越し作業を遂行中。
 


 何やら重いイントロになってしまいましたが、飛騨ともお別れということで、最後の山岳ドライブに繰り出してきました。

 今回は、野麦峠と乗鞍方面、国道158号安房峠に行ってきました。
 写真少な目ですが、良かったらご覧になってください。
 衝撃の出逢いも!?




 岐阜県側、国道361号から野麦峠へ。ここを左折。
野麦峠1









 『野麦峠まで19km』。山岳路で所々狭隘区間もあるため、19kmでもそれなりに時間がかかる。
野麦峠2









 以前来た時に、冬期通行止めでフラれた場所。今回はしっかりゲートオープン。だって、6月下旬ですもの。
野麦峠3









 峠に到着・・・・・・だが、石碑などではなく県境のみ撮影。
野麦峠4









 野麦峠を越えた後は、奈川から上高地乗鞍スーパー林道へ。
 元有料道路だが、そうとは思えない道路。だって、林道ですもの。
 スーパーという肩書きは白山スーパー林道と同じだが、まったく別物。
 白山林道はスーパーサイヤ人で、乗鞍林道はスーパーサイヤ人になったと勘違いしたフリーザ戦のベジータ。
 しかし、崩落箇所を崩土を退かしただけの処理や、落石のオンパレードなど、私にとってはナカナカ楽しめる道だった。


 奈川〜乗鞍高原までのいわゆるA区間の見晴らしの良かった場所で一枚。この景色は確かにスーパーだった。
 雪の残る乗鞍を見るモコ。
乗鞍林道A1









 乗鞍高原〜白骨までのいわゆるB区間で出逢った猫。
 ・・・・・・猫ですよね?こんな高地に野良猫っているモンなんですかね・・・・・・?
乗鞍林道B1









 白骨〜中の湯までのいわゆるC区間。
 この区間は、災害で通年通行止め。・・・・・・ってゆーか、多分永遠に通行止め。
 通行止めなのは知っていましたが、ゲート前で記念撮影。
 予想外だったのは、白骨〜国道158号へ抜ける県道が工事通行止めだったこと・・・・・・。
 B区間を引き返し、乗鞍高原から158へ抜けるロスに・・・・・・。
乗鞍林道C1









 乗鞍林道C区間の中の湯側入り口。
 こちらもゲートでしっかりガードされています。
乗鞍林道C2









 せっかくなので、安房トンネルは使わずに安房峠を越えることに。
 入り口の撮影を試みるも、後続車と対向車のトラックで断念。ちなみに、入り口付近に猿出没。
 峠で一枚。
158安房峠1

 







 安房峠で、衝撃の出逢い!
 酷道攻めをやっている以上、いつかは出逢う可能性もあると思っていましたが・・・・・・・・・。
 熊に出逢った!!
 小熊だったので、親熊が近くにいないかヒヤヒヤしながらも、撮影。足早に去りました。
158安房峠2










 名残惜しいですが、帰還まであと3日。
 飛騨の国道・県道・林道を全てとは言えませんが、堪能しました。

 あぁ・・・・・・こんな自然溢れる土地から、周辺に筑波山くらいしかないところへ戻るのは本当に惜しいですが、仕方が無いです。

 いづれまた、舞い戻ってこようぞ!
 順調に社会人生活を全うできたら、老後とかに・・・・・・・・・。

春が、来た

 
 6月に入り、国道や県道の冬期通行止めが軒並み解除されました!
 私のような、酷道ファンには待ちに待った季節の到来です。

 丁度良い具合に休みも取れたので、酷道界でもファンの多い国道471・472号の重複区間にして、最凶区間の楢峠にチャレンジしてきました。

 この区間、冬期通行止めが解除されても災害通行止めに切り替わらないかと心配でしたが、無事規制解除されていました。

 規制解除されたばかりということで、釣りやら山菜採りやらの車が結構いて、離合が何度かあったので疲れましたが、とても楽しめました!

 以下、撮った写真を何枚かピックアップしてご紹介させていただきます。



 この丁字路を右折すると酷道の始まりです。
 ちなみに、直進すると国道360号天生峠を経て白川郷へ至ります。
楢1








 重複おにぎりと『大型車通行不能』看板が迎えてくれます。
楢2








 国道は左折です。右は行き止まり。
楢3








 酷道の始まりに、胸が高鳴ります。
楢4








 青看板は立派。しかし、南砺へは抜けられない。
楢5








 ガードレールなしはデフォルトです。
 このちょっと先で、早くも対向車が2台も・・・・・・。当然、スーパーバックです。
楢6








 おにぎりと記念撮影。この国道、意外とおにぎりが多いんですよね。
楢7








 落石注意・・・・・・ってゆーか、崩落注意じゃない?
 雨の日には絶対に近づきたくないですね。
楢8








 峠付近です。
 写真左手に見えるお地蔵様が迎えてくれます。
楢9








 ↑の地点から振り返った1枚。
 もっと天気が良いと眺めは抜群ですね。
楢10








 昨年との変更ポイントその1。
 県道34号との接続地点・・・・・・ですが、県道34号と『南砺 60Km』の表示が消去されていました。
 まぁ、この県道は災害で元々通り抜けできないのですが、去年まで表示はあったところを考えると、県道34号の復旧はなくなった模様ですね。
楢11








 おにぎりと記念撮影。
 この道の重複おにぎりは、雪や落石で471の方がひしゃげていることがほとんどでしたが、ここは綺麗でした。
楢13








 まだ雪が残っていました。
 つい数日前まで冬期通行止めだったのも、頷けます・・・・・・。
楢14








 県境の危険箇所。
 大小の落石が溜まりまくっていました。
楢15








 県境と標識。
 ここはちょっと開けた場所になっています。
 酷道に慣れていなくてここまで来るのに疲労困憊な方には、良い休憩ポイントです。
楢16








 昨年との変更ポイントその2。
 新たに鉄板が敷かれていました。
楢17
 







 こんなん出ましたケド・・・・・・。
楢18








 思わず見上げてしまう危険箇所。
 ここが崩れたら、この国道は分断国道になってしまうと思われます・・・・・・。
楢19








 仮復旧のままの鉄板敷き箇所。
楢20








 そして、471号と472号はお別れです。
 当日は富山へ向かう予定だったので、472号へ進みました。
楢21









 この先にも数箇所狭隘区間がありますが、レポートはここまでです。


 酷道を存分に堪能できました!!
 

ランキング参加中 ご協力(クリック)お願い致します
記事カテゴリー選択
総アクセス数
当ブログ名付け親・野川さくら様
野川さくら公式ブログ『Today's sakura』
相互リンク(酷道関連)
山さ行がねが
お気に入りHP・ブログ
地方競馬情報サイト JRAホームページ
TVアニメ「サクラクエスト」公式 TVアニメ『NEW GAME!』オフィシャルサイト TVアニメ 地獄少女 宵伽(よいのとぎ) 公式サイト 『干物妹!うまるちゃん』アニメ公式サイト のんのんびより TVアニメ アニメ「ラーメン大好き小泉さん」公式サイト TVアニメ「お酒は夫婦になってから」公式サイト 『ARIA The AVVENIRE』公式サイト あぐかる 公式サイト
  • ライブドアブログ