飛騨に帰りたい。

飛騨市



 厳密に言うと、今住んでいる茨城が地元なので、「飛騨に帰る」ではなく「飛騨に戻る」なのであるが、そんなことはどうでも良い。

 無性に飛騨に帰りたい。

 何か、「二郎食いたい」って感覚に似たものを感じる・・・・・・。

 前の職場の上司がよく、「俺って転職で色々なところに住んできたけど、結局飛騨のあたりに戻ってきちゃうんだよね。」と言っていたが、今ならその気持ちが良くわかる。

 独り暮らしを満喫していたのに、実家に戻って、親・妹がいてウザいっていうのもあると思いますが、とにかく飛騨が、山が恋しい。

 標高500辰暴擦漾標高1,000辰濃纏をしていた私は、この超不快な蒸し暑さ、近隣に筑波山くらいしかない自然の薄さ、やたらと信号の多い道路にウンザリしてきました。

 前々から当ブログをご覧になってくださっている方はご存知と思いますが、あれほど休みの度に車でドライブしまくっていた私が、こっちじゃすっかり引きこもりですよ。


 現在転職活動中で、来週には最終面接がありますが、採用された際に転居を伴うなら、いっそ地方に配属してほしいです。

 まぁ、全ては無事に転職できたらのハナシですケドね・・・・・・・・・。