夏休みなんて、いらねぇ〜・・・・・・・・・。

 中坊くらいから、そう思っていました。
 
 そもそも、長期の休みなんてムダに時間を浪費するだけであって無意味である。
 夏休みの宿題なんて、その気になれば2・3日で終わってたし、終わったら特にすることも無くなってたし・・・・・・・・・高校くらいから、その宿題すらなくなったし。

 それならいっそ、学校に行っていたほうが勉強や気持ちの面でブランクでないし、楽しい・・・・・・・・・って思っていました。

 まぁ、大学時代はやたらと休みの多い大学だったので、GWやら夏やら年末やら年度末やらはバイトに精出していましたケドね。1ヶ月で2日くらいしか休まない時もありました。


 どちらにせよ、社会人になれば、特殊な職業の方以外は1ヶ月以上の休みなんてあり得ないワケだし、子供の頃からそういった事に慣れさせたほうがイイと思うんですよね。
 
 夏で暑いっていったって、今日びの学校には我々の頃と違って冷暖房だって設置されているワケだし。
 悪戯に時間を浪費するなら、学校行っていたほうが得るものが多い気がしますケドね。

 中坊くらいからこんな考え方の私は、ヒネクレてますかね??


 子供の頃に長期の休みが毎年あった経験しているから、社会人になっても時々1ヶ月くらい休んで旅にでも出たい・・・・・・・・・とか憂鬱な気分になったりするんですよね、きっと。


 まぁ多分、人が働いているのにウカレたり、イキがったりしてんじゃねぇよ、ガキども・・・・・・・・・ってのが本音。魂の叫びなんでしょうケドね。


 そんな鬱憤は、夏の曲でも聴いて晴らすとしましょう。

 例の如く、普通系とアニソン系から1曲ずつご紹介しますので、良かったら聴いて下さい。




SUNSHINE ON SUMMER TIME  DEEN
1996.7.1





SummerDays  YURIA
2006.6.23