歯の変色やホワイトスポットをオールセラミックで治す!

歯の変色やホワイトスポットをオールセラミックで治す方法について調べたことを綴るブログです。

ホワイトスポットについて、オールセラミックで改善したいと思ってる方も多いと思います。
それはとても賢明な方法であるといえます。
なぜなら、オールセラミックはとてもメリットの多い治療法だからです。
金属を全く使用しないことから金属アレルギーの心配がありませんし、ホワイトスポットを治せることはもちろん、歯を白くしたり、歯列を美しくすることもできます。
また治療期間は比較的短くてすみますし、色素、歯垢が付きにくいというメリットもあります。
さらには、歯が長持ちするようになりますし、色の後戻りも心配する必要はありません。
オールセラミックは見た目が綺麗であるといわれますが、まさにその通りで、光を透過するために自然な仕上がりで綺麗に見せることができます。
とはいえ、オールセラミックにはデメリットもあります。
治療費の負担が大きいこと、衝撃には弱いこと、素材が短期間で剥がれる場合もあること、治療で作り直しが必要になる場合もあることです。
とりわけ注意したいのは高額な治療費です。
オールセラミックは保険治療の適用できない自由診療です。
自由診療ということは、治療費が全額自己負担になるということです。
保険治療よりも負担が大きくなりますし、相応の予算や備えが必要になることはいうまでもありません。
それに加えて、治療の知識を蓄えておくことや、メリット・デメリットについて調べておくことも重要です。
病院探しで大事なポイントは、治療費も大切ですが、医師と技工士の技術もポイントになります。
安い治療であっても技術レベルの低い医院で治療を受ければ、それだけ完成度の低い治療を受けることになります。
一方技術レベルの高い治療を受ければ、寿命や耐用年数が長くなりますし、不具合も少なくなります。
それだけ治療の完成度が医師の技術に左右されるということになります。
この点はよく覚えておきましょう。
かかる費用は医院ごとに違いますが、1歯あたり7~17万円というのが目安になります。
インプラントに保険が適用される条件を満たせば別ですが、そこまで安い費用で歯を綺麗に出来る方法はそう多くはありません。 

ホワイトスポットを短期間で治すためには、どのような方法があるでしょうか?
保険治療じゃなくても構わないなら、オールセラミックという方法があります。
これは歯を削って、削った部分にセラミック製のシェルを貼り付けるという治療法のことです。 
見た目が自然で美しくなるのが特徴であり、もちろんホワイトスポットを治すこともできますしし、治療期間も比較的短くてすみます。
 
とはいえ、オールセラミックの概要やメリット・デメリットについて、事前によく調べておく必要があります。
一つは、オールセラミックという治療が保険治療ではできないことです。
つまり自由診療ということであり、その分、治療費が高額になります。

ホワイトスポットを治すために安い医院を探す努力をすることもできますが、基本的なこととしてしっかりとした予算を考えておくことが求められます。
安い医院を探すなら競争の激しい地域が容易です。
 
また口コミや比較サイト、治療費ドットコムなどを活用してリサーチすることもできます。
オールセラミックにはメリットもありますが、デメリットもあります。
その両方を前もって勉強しておくことも必要です。
 
オールセラミックのメリットには、金属アレルギーの心配が要らないこと、見た目に透明感があること、色素や歯垢が付きにくいこと、歯茎が黒ずむ心配がないことなどがあります。
また、通常の歯列矯正より治療が早く終わること、歯が長持ちすること、治療を受けられる病院が多いことなどもメリットです。
 
一方デメリットは、並びを整える効果は少ないこと、シェルが短期間で外れる可能性があること、状態の自然な変化により施術箇所が目立つようになることなどがあります。
 
さて、治療を受ける医院を探すときは、治療費だけでなく医師や技工士の技術にも注目しましょう。
なぜなら、オールセラミックの出来栄えや治療の完成度は、医師や技工士の技術に左右されることが多いからです。
しっかりとした技術をもち、実績や信頼があり、なおかつ治療費も納得できるならそれは理想の医院であるといえます。

 

意外と気になるホワイトスポットを、オールセラミックで治したいと思ってる人も多いかもしれません。
インプラントで歯を綺麗に差し替えるのには料金がばかになりませんが(※インプラントに保険が適用される条件を満たしていれば安くなるようです)、オールセラミックであればそこまで高くありません。 
オールセラミックは自由診療で治療費は高額になるのですが、ホワイトスポットを隠すのにはとても有効な治療です。
その方法は、歯の表面を薄く削ってセラミック製のシェルを貼り付けるというものですが、仕上がりが自然で、光を透過して綺麗な見た目になります。
ただし、メリット・デメリットの両方があること、また治療費が高くなることは覚悟しなければなりません。
まずオールセラミックのメリットについていえば、見た目が綺麗で艶が出ること、金属アレルギーの心配がないこと、治療が短期間で終わることなどがあります。
また、黄ばみを治し白くできること、色の後戻りがないこと、治療できる病院が多いことなどもメリットとして挙げられます。
デメリットについては、歯列を整える効果が少ないことや、ラミネートベニヤが短期間で剥がれる可能性があること、自由診療で費用が高額になることなどがあります。
こうしたメリット・デメリットについては、事前によく検討しておかなければなりません。
特に注意したいのは治療費です。
オールセラミックは治療費が高額になるため、どうしても安い医院を探したくなるものですが、ここに一つの罠があります。
医師や技工士の技術をチェックし忘れることです。
オールセラミックの治療の完成度は、医師や技工士の技術に左右されることが少なくありません。
したがって医院探しで治療費だけに目を奪われてしまっては、後で後悔することになりかねません。
治療費をチェックしつつも、医師の技術についてもリサーチすることを忘れないようにしましょう。
その点で、インターネットの口コミや比較サイトは参考にすることができます。
また治療費については、治療費ドットコムを参考にすることもできるでしょう。
医師の技術不足のため神経の治療が十分でないなら、後で痛みが出たり歯の根が腐ってしまう恐れもあります。

このページのトップヘ