短期間で自然に歯を白くしたいと思うなら、オールセラミック矯正はとても有効な方法です。
オールセラミック矯正は自由診療で医療費は高額になりますが、歯を白くして、見た目を美しく改善することができます。
それも比較的短期間で改善できることが魅力的な特徴です。
オールセラミック矯正とはそもそもどんな治療法かといえば、歯の表面を少しだけ削り、削った部分にセラミック製のシェルを貼り付ける処置のことです。
セラミック製のシェルはラミネートベニヤなどともいわれますが、非常に丈夫で耐久性があり、変色しにくいことが特徴です。
歯を白くできることはもちろんのこと、隙間を改善したり、黄ばみを治すこともできます。
通院する回数は短く、色の後戻りお疲れ様です心配する必要もありません。
ただしオールセラミック矯正にはデメリットもあります。
デメリットは、歯列を整える効果が小さいこと、セラミック製のシェルは短期間で剥がれる可能性があること、歯茎の変化により隙間が出来てしまうことなどがあります。
隙間が出来るというのは、歯茎の変化だけでなく歯の自然な変化によっても生じます。
オールセラミック矯正の最大のデメリットは、自由診療であることでしょう。
保険治療はなら費用分担がありますが、自由診療なので費用は全て自己負担となります。
したがって、事前によく資金計画を立てておくことや予算を考えることが求められます。
実際に治療費は医院によって異なりますが、1あたり7~17万円という相場になります。
医院を選ぶときは、治療費ドットコムを参考にしたり、口コミ、比較サイトなどを参考にすることもできます。
一方、治療費だけを基準に病院選びをしてはいけません。
医師の治療技術についてもリサーチする必要があります。
なぜなら、オールセラミック矯正の治療の完成度は、医師の技術によって左右されることがあるからです。
技術レベルの高い医師にお願いすれば治療後の不安がありませんが、技術レベルの乏しい医師にお願いすれば治療後に後悔してしまう可能性もあります。
単純に安い医院を探すなら、まずは競争の激しい東京や大阪で探してみることができるでしょう。

大阪で安い価格でオールセラミック矯正を受けられる審美歯科は