大阪の医院でオールセラミック矯正を受けたいと思ってる方も、たくさんいらっしゃるかもしれません。
オールセラミックス矯正はとても利点の多い治療法ではありますが、メリット・デメリットがありますので、事前によく検討したうえで治療を受ける必要があります。
まずは、治療法の概要について確認しておく必要があります。
オールセラミックス矯正とはどのような治療法でしょうか?
それは、歯の表面を少し削って、そこにセラミック製のラミネートベニヤを貼り付けて人口歯を形成する治療のことです。
比較的簡単な治療ともいわれますが、デリケートな治療でもあるため、担当医の治療技術は求められます。
オールセラミック矯正の治療を受ける時は、治療費だけに注意を向けるのではなく、医師の技術レベルにも注意を向ける必要があります。
治療の完成度が医師の技術によって左右されることを覚えておきましょう。
さて、オールセラミック矯正のメリットとデメリットですが、次のようなものがあります。
まずメリットとしては、歯が長持ちすること、見た目が美しいこと、色の後戻りがないこと、治療できる医院が多いこと、治療期間が短いことなどです。
歯が長持ちするとはどういうことかといえば、歯の寿命が長くなることを意味します。
歯を長持ちさせることを考えてこの治療を選択する人も多いことでしょう。
メリットとしては他に、見た目は艶があり透明感があること、色素・歯垢が付きにくいこと、金属アレルギーでも大丈夫なことがあります。
デメリットは、歯の自然な動きで施術部分が目立つようになること、噛み合わせの改善に効果がないこと、保険治療ができないことなどがあります。
保険治療ができないことはとりわけ大きなデメリットになるといえます。
オールセラミック矯正は自由診療しかできませんので、保険治療のような費用の分担はありません。
かかる治療費は全額自己負担となりますので、綿密な資金計画が必要になります。

大阪で安い価格でオールセラミック矯正を受けられる審美歯科は