2007年07月26日

ホットな年金問題のガイドブックが緊急出版!! 





 選挙が終わって、どう処理されるか??。いよいよホットな年金問題を75のQ&Aで解説する「取り戻そう!あなたの年金Q&A」(五十嵐芳樹著 1000円)が清文社から緊急出版された。
 そもそも、なぜ5000万件の年金記録が消えたのか。本書によると、原因は(1)昭和36年の国民年金制度導入時の転記ミス、氏名の読み違い(2)昭和54年のオンラインシステム導入時の入力ミス(3)厚生年金の記録が転勤や転職で引き継がれなかった(4)平成9年の基礎年金番号制度導入時に複数の年金番号が付けられた??の4つ。加えて、社会保険庁が「名簿や台帳を処分していい」という通達を出していたため、原簿の確認も不可能だ。
 自分の年金記録を確認するには、(1)年金手帳と、(2)領収書や給与明細など証拠書類を探し、(3)経歴メモを作った上で、(4)社会保険事務所で年金記録と経歴メモを照合。違っていたら記録が統合されていない可能性があるため、年金記録を取り戻す必要がある。
 政府は(1)「受給権者には平成20年8月までに、被保険者には同21年3月までに記録を照合・連絡し」、(2)「社会保険庁のマイクロフィルム記録と市区町村の名簿をオンラインデータと突合し、進捗状況を半年ごとに公表する」という2つの施策を打ち出した。それがきちんと実行されるか、今後しっかり監視する必要がある。
 いずれにしても、自分の年金を自分で守るための基礎知識と自助努力の方法を徹底解説した、必携のガイドブックだ。








alldaymusic000 at 10:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔