ボクの家族のために…

うつ病と診断されたボクの闘病生活を記録的に紹介していきます!



◆あらすじ
繁華街のカラオケボックスに集う四人の男。めいめいに殺意を抱えた彼らの、今日は結団式だった。目的は一つ、動機から手繰られないようターゲットを取り換えること。トランプのカードが、誰が誰を殺るか定めていく。四重交換殺人を企む犯人たちと、法月警視&綸太郎コンビの、熾烈な頭脳戦をご堪能あれ!

◆感想
ボクにとっては著者の作品を読むのは本作が初めてのことです。ネットなどで好評でしたので前々からずっと読みたいと思っていた本の一冊です。

交換殺人をテーマにしているミステリー作品は数多いですが、本作はなんと四重交換です。現実の世界でこんなことが起こったら間違いなく迷宮入りすることでしょう。ありそうでありえない内容が魅力なのかもしれません。

さて読了後の率直な感想ですが、もしかすると好みが分かれる内容なのかもしれませんが、ボクは最後までとっても楽しく読むことが出来ました。ヒューマンドラマのように最後に心温まるものや人間の在り方を考えさせられるような内容では決してありませんが、ミステリー好きであれば心を満たしてくれることは間違いないと思います。まさにこれが本格派推理小説の概念を表しているのかと思います。

さらに個人的に好感があった理由としては、舞台設定がとても身近であったことです。地域性、うつ病、退職、多摩川…などです。そのため、情景をイメージしたり感情移入に苦労することなく自然に読み込むことが出来たと思います。
特に地域の設定に関してはどんぴしゃな部分があり時代が違うとは言え、「あの辺りの公衆電話を使ったんだろうなぁ」とか想像しながら読むことが出来ました。

しかしながら、犯人グループは本名の他に変わったあだ名やトランプの絵柄や数字を使った役割があるので、人間関係がちょっと分かりにくいかもしれません。そこが犯人グループの犯行トリックの最大の一つかもしれませんが。犯人グループ側の個性がもう少し描かれているともっと楽しめたと思います。

トランプには表と裏の顔があり、実際に目で見えているものが真実とは限らない、そんな魅力を感じさせる作品でした。
面白かったです!!
このエントリーをはてなブックマークに追加



◆あらすじ
バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機はなく、疑わしい点はなにもないはずだ。ところが…。人間の悲哀を描く新しい形のミステリー。

◆感想
本作品はタイトルの物語を含む5編の短編小説、安定の加賀恭一郎シリーズです。

全編に共通するテーマは「嘘」とのことですが、そもそもミステリーって端的に言えば真実を隠すために犯人が一生懸命に嘘をつくものなので、この作品で「嘘」について深く考えさせられることはありませんでした。
むしろ個人的には、殺人や壮大なトリックを施すほどの人間であるなら、もっと奥深い動機があってもよさそうな気がしました。
そのようにやや違和感や疑問を持ちながら読んでいたので、感情移入することができませんでした。やや残念です。

ミステリーと楽しめる要素も少なかった感じがします。序盤から犯人が分かってしまうこと、5編とも似たような状況、夫婦問題に起因する動機、などなど。二時間もののサスペンステレビドラマを見ているかのよう。おまけに探偵の加賀恭一郎は完璧過ぎる推理設定なので、犯人と犯行トリックがすぐに露呈してしまいます。

ボクはあまり短編小説はあまり好みではないので読みませんが、個人的な短編小説の楽しみは、一見別々の物語のように見えるものが最後の物語の終盤で全てが一気に繋がってしまう、というどんでん返し系です。

加賀恭一郎の熱烈ファンであれば、その鮮やかな探偵ぶりに酔いしれることが出来るかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加



◆あらすじ
ミステリーの限界を超えた"現代の神話" 
スーパーの保安責任者の男と万引き犯の女。偶然の出会いは神の思し召しか、悪魔の罠か? これは"絶望"と"救済"のミステリーだ。


◆感想
主人公は不幸のどん底でもがき苦しむスーパーで働く50代男。その男が娘と同い年の若い女と偶然出会うことから始まる物語です。
物語は終始明るい話題がなく、とても重苦しい雰囲気が続きます。
こんな雰囲気の内容が好みだというと、精神状態を疑われてしまうかもしれませんが、ミステリーの観点から見ると、何かとんでもない謎が隠されているのではないかと、ワクワクしながら読み進めてしまいます。

本作は「葉桜の~」で有名な著者の作品。もちろんボクも読んだことがあります。
どうやら本作はその代表作と比較されることが多いようで、賛否が分かれるのもその影響だと思います。しかし、個人的には、比較するという偏見をもった時点で、作品そのものの面白さが半減してしまうのではないかと思います。出版側もあおるような売り方をしているので仕方がないかもしれませんが、それは誰も得をしない損だと思います。

比較論は別にして、本作はとても面白かったです。
人間の存在がいかにあいまいなものか、何に存在意義を見出していくのか、そこにミステリー要素が織り交ざった素晴らしい作品でした。
ミステリー小説と言えば、殺人事件が起こり、その犯人や犯行、動機などを探偵役がヒントを頼りに探っていくのが定番なのですが、本作はなかなか殺人事件がおきません。そして、ようやく殺人事件が起きたとしても、その全容がその時点で明らかになっているのです。
しかし、その事件そのものが読者に衝撃を与えるもので、「えっ、なんで?」と疑問を呈することになります。

主人公が不幸のどん底であることは前述したとおりで、娘を交通事故で亡くし、轢き逃げ犯は捕まらないまま時効。妻は精神崩壊の末自害。娘の事故の責任が自分にあると自責の念が絶えることはありません。さらに追い討ちをかけるように、主人公は末期の肺がんを患ってしまうのです。自暴自棄に陥り、生きる気力をなくした主人公はがん治療を拒否。
その救いようがない状況をどうしても救いたいと思った人物がとった行動にとても驚かされました。しかし、優しさは必ずしもみんな救えるとは限らないのです。そんな儚い物語でした。

「人生は一度きりしかないが、その中であがる舞台は一つとはかぎらない」

誰かのために生きていられるのが人間なのだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ