◆あらすじ
繁華街のカラオケボックスに集う四人の男。めいめいに殺意を抱えた彼らの、今日は結団式だった。目的は一つ、動機から手繰られないようターゲットを取り換えること。トランプのカードが、誰が誰を殺るか定めていく。四重交換殺人を企む犯人たちと、法月警視&綸太郎コンビの、熾烈な頭脳戦をご堪能あれ!

◆感想
ボクにとっては著者の作品を読むのは本作が初めてのことです。ネットなどで好評でしたので前々からずっと読みたいと思っていた本の一冊です。

交換殺人をテーマにしているミステリー作品は数多いですが、本作はなんと四重交換です。現実の世界でこんなことが起こったら間違いなく迷宮入りすることでしょう。ありそうでありえない内容が魅力なのかもしれません。

さて読了後の率直な感想ですが、もしかすると好みが分かれる内容なのかもしれませんが、ボクは最後までとっても楽しく読むことが出来ました。ヒューマンドラマのように最後に心温まるものや人間の在り方を考えさせられるような内容では決してありませんが、ミステリー好きであれば心を満たしてくれることは間違いないと思います。まさにこれが本格派推理小説の概念を表しているのかと思います。

さらに個人的に好感があった理由としては、舞台設定がとても身近であったことです。地域性、うつ病、退職、多摩川…などです。そのため、情景をイメージしたり感情移入に苦労することなく自然に読み込むことが出来たと思います。
特に地域の設定に関してはどんぴしゃな部分があり時代が違うとは言え、「あの辺りの公衆電話を使ったんだろうなぁ」とか想像しながら読むことが出来ました。

しかしながら、犯人グループは本名の他に変わったあだ名やトランプの絵柄や数字を使った役割があるので、人間関係がちょっと分かりにくいかもしれません。そこが犯人グループの犯行トリックの最大の一つかもしれませんが。犯人グループ側の個性がもう少し描かれているともっと楽しめたと思います。

トランプには表と裏の顔があり、実際に目で見えているものが真実とは限らない、そんな魅力を感じさせる作品でした。
面白かったです!!