宮川博孝【Hirotaka Miyakawa】 Blog

漢気内山会

漢気内山会、一生の友達。
IMG_4755

悠太

悠太の復帰戦が決まりました。
6/30のDEEPです。
1年9ヶ月前、悠太の怪我を見た時はもう格闘家としては駄目かも知れないと思いました。

寡黙な悠太が「痛い、痛い」と連呼している声は今でも耳に残っています。

新幹線の特別室に入れてもらい、東京まで戻りましたが、その間も患部を揺らさない様に自分の方に患部を乗せていました。

そこから、色んな人の助けがあって、悠太が復帰します。長倉、ヨンテさん、紙谷先生のお陰で最高の治療が受けられました。ありがとうございます。

一番は本人の気合いです。半端じゃないです。

自分はTEAMは代わりましたが、彼とは後輩であり友人です。
だから、今まで通り精一杯応援します。

皆さん、悠太の復帰戦楽しみにしていて下さい。

ここからよく帰って来たな。
IMG_3303

覚悟

自分の中で決めました。
このブログで発表する事はないかも知れないし、発表するかも知れない。

とにかく、気合い入れてやります。

火事場のクソ力です!

内山高志引退式

火曜日、友人でもあり一緒に練習させて貰って来た内山高志君の引退式でした。

10カウントを聞いて感慨深いものがありました。同い年で最強の王者であった内山君と一緒にトレーニングが出来て本当に幸せでした。

これからも内山君の出すジムに通ったり食事をしたりする仲間でいたいです。

ウッチーよろしく!

IMG_4495

IMG_4492

さようならALLIANCE

20年在籍したALLIANCE

退職しました。


良い出会いや環境を与えて下さいました。



感謝を胸に前に突き進みます。


TEAM ゆでたまご


宮川博孝


長い長い青春。最高に楽しかったです。毎日が学校でした。でも、いつかは卒業しなきゃいけない訳ですからね。

こっからが勝負です。

IMG_3193


一人旅

伊勢神宮へ行って来ました。


昔の人が江戸から何日も掛けて歩いて行っていた理由がわかりました。


今度は家族も連れて行きたいと思います。


昨日の大阪も含めて今回の一人旅は本当に実りのあるものになりました。

38歳で初めて一人旅って言うのも若干恥ずかしかったんですけどね(笑)

IMG_4451



パンクラス

IMG_4447
3/11はパンクラスでした。
よしのりのリングチェック、バンテージ巻き、ミットをサポート。

結果は2RTKO負け。
一発入った後のまとめ方を見て田村選手あっぱれだと思った。

よしのりはこれからが本当の実力を試される試合が組まれて行く。
でも、きっともっと強くなって世界に行ける素材だと思う。


倉岡。
怪我からの復帰戦。
スプリット判定で負けでしたが、試合をこなして行くしかないと思います。
すぐにパンクラスに試合お願いしておきました。

りょうすけ

勝ちを二回拾えてる、でもそれも立派な実力。このまま頑張ってネオブラ優勝して欲しい!


今日は1勝2敗。

俺にとっては特別な大会でした。

かぞくへ

3/9土曜日 渋谷ユーロスペースに映画「かぞくへ」観に行ってきた。

主演は松浦慎一郎さん、元ワタナベジムのトレーナー。ある日ワタナベジムジムで松浦さんに「松浦さん、映画好きならこの作品は絶対に観ておいた方が良いですよ(今、思えば役者さんに失礼な言い方をしてしまった)」と一枚のDVDを渡した。
それがヤン・イクチュン主演監督の映画「息もできない」だった。

そこから、数年後松浦さんのお陰でイクチュンさんと友人になり今でも交流させてもらっている。

そんな、松浦さんが今作「かぞくへ」でついに主演、監督は春本雄二郎監督、しかもこのかぞくへは2016年東京国際映画祭スプラッシュ部門で上映され大好評、最優秀アジア映画賞では3冠を達成!

さて、ここからが本編。
かぞくへは静かに静かに進行して行く。
松浦慎一郎さん演じる旭さんは佳織と結婚間近。旭の過去、唯一の友人、洋人。
佳織。それぞれにのしかかるかぞくと言う重み。ヒリヒリとした空気、漁師をしている洋人が旭の紹介で出会った詐欺師に騙されたのをきっかけに、旭は罪の意識を感じ、幸せなはずの旭と佳織との間に徐々にヒビが入って行く。

家族を知らずに育った旭。
旭と同じく家族を知らずに育ったが、家族を作り奮闘する幼な馴染みの洋人。
家族に問題があり、母親と確執を抱える佳織。

この3人がそれぞれの思う「かぞく」をぶつけ合い、やがて物語はある方向へ傾き始める。

口下手で不器用で頑固な旭を見て、なぜ?言わないのだろうか?と思う方もたくさんいると思う。

なぜ佳織は?

なぜ洋人は?

そんな気持ちを胸にスクリーンに引き込まれたままラストへ。

ラストシーンで旭の感情が「かぞく」と言う存在への思いが溢れでる。
旭は何を欲しかったのか?何を失ったのか?

それを観て観客の感情も溢れ出す。
自分も涙が出た。
そして、自分のかぞくの事を思った。


松浦慎一郎さん、春本監督、梅田誠弘さん「かぞくへ」に関わった全ての人達が関わる今後の作品に期待したい。


良い作品だった。
IMG_4437



姉貴

自分には姉貴がいるんですけど、最近よく話します。

相談したり、親の話をしたり。

大学出て銀行に勤めて結婚して、息子が3人いるんですが、みんな出来が良くて、旦那さんも優秀な銀行マン。家も建てて俺とは真逆な正統派路線。

そんな、姉ちゃんと血圧の話をする時が来るなんて思わなかったな(笑)
俺が低血圧で姉ちゃんがちょっと高血圧ってのも性格的に逆っぽい。

姉貴の子供が東京出て来る時に面倒見てやれるくらいにはなってないとな。

我が家は嫁さんと娘がいるから、まともだけど、もっと頑張らないと。

そんな事を思った日でした。

キン肉マン

今日はゆでたまご嶋田先生のご家族と家族会でした。

場所はもちろん豚豚(寺田功の店)

真面目な話から、笑える話までたくさん話せて楽しかったです。

家族会が終わり、しばらく嶋田先生と自分でサシ飲み。

あの嶋田先生とサシ飲み出来る様になるんだぜ!って、子供の頃の自分に言いたい。

次回も楽しみ!
IMG_4426

走る

走るのが好きで、今は家で仕事をする事が多いので、練習に行けない日もランニングだけはやります。

特に最後の息が上がり切った時のやり切った感が好きで20分〜30分でギリギリ走り切れるコースを選んでます。

今日もWANIMAを聴きながら走ってたら、道路が一部へっこんでる事に気が付かず思いっきり転びました。

でも、さも何もなかったかの様に走り出して完走しました。

ちなみに最短タイムを叩き出しました。

膝擦りむいて超痛いですけど。

素人ランナーでやたら速い人をランナーと勝手に名付けて、たまに同じ時間帯になると勝負します。
今のところ1回くらいしか勝ててません。
ランナーを引き離せるくらい速く走れる様に明日も走ります。

67歳

昨日は娘の誕生日で、今日は母ちゃんの67歳の誕生日でした。
親父も姉貴も早生まれ。
娘でけーなぁ。。
IMG_4373

13歳!!

ガリガリだけどでっかくなったなぁ。。

進む

一つの場所に約20年いました。いつもチームを思い、それが空回りした事もたくさん。でも、僕にとっては一生の宝。仲間が出来ました。かけがえのない仲間。

僕はこれからやりたい事が出来ました。正確に言うと格闘技の試合をしなくなったら進もうと思ってた道です。

今、その道の勉強の真っ最中。

一つ予定と違うのは俺はまだ格闘家だと言う事。

家族を食わせる事が出来たら格闘技の試合をしたいと思っています。

食わせるってのは娘を高校に行かせて、大学に行かせて、夢に向かって進ませる事です。

石にかじりついてでも家族を食わせ、自分の道を成功させ、試合をしてケジメを付けようと思います。まだ38歳。年齢はただの数字と高谷さんが言ってたけど、素晴らしい言葉だな。

IMG_4410



ぐーるぐる

何年振りかに何の予定もない生活を送っております。
正確に言うと、打ち合わせや仕事のお手伝いなんかをしているので、何にもしてない訳ではありません。意外と忙しい。

俺の中ではなかなかデカイ変化があって、このエネルギーをどこにぶつけようか毎日悶々と過ごしています。

頭の中ではこれから先の事がぐーるぐると回っております。

この感覚はアキレス腱を切った時以来です。

あの時は復帰に向けて頭を切り替えるまで時間がかかりました。


今回は切り替えと言うより選択ですね。


2.3月は色んな人に会いに旅に出ようと思います。

弾き語りでも出来れば旅費が稼げますが、そんな特技もないので低予算でのんびり旅して来ます。
Title Photo by Fujisato Ichiro



Search
Profile

宮川 博孝
所属:ALLIANCE
生年月日:1979年6月17日
出身地:静岡県三島市
身長/体重:165cm/60kg

幼い頃から類まれな運動神経を発揮。その後も剣道を続ける傍ら空手にも興味を持ち、高校3年時に極真空手に入門した。

20歳で総合格闘技に目覚め、2001年4月にはリングス前田道場に“通い”入門すると、当時シアトルで修行中だった高阪を訪ね、2001年10月に高阪が創設したALLIANCEに参加。数々のアマチュア大会を経験し、2004年9月のZST6でプロデビューを果たした。

以後、ZSTではリトアニアのアンジェ・クジェネフスキーを開始わずか42秒ヒールホールドで秒殺すると、同年11月から始まったZST-GP2に参戦。初戦のマイク・フレンチを1R4分フロントチョークで下すと、準決勝ではレミギウス・モリカビュチスに敗れはしたが、ZST-GP2ベスト4に入る活躍をみせた。

2006年からは主戦場をDEEPに移して、闘いを続けてきたが、ケガにも悩まされ長く戦列から離れていた。それでも、厳しいリハビリと絶え間ない努力を続け、2009年にケージフォースで復帰を果たすと、グレイシーバッハの金内裕哉を下して復活の勝利。2010年8月のDEEP49では、寒天健士をKO で下した。


QRcode
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ