宮川博孝【Hirotaka Miyakawa】 Blog

イベント

今日はジムのイベントでした。
イベント終わりはバーベキュー。
寺田料理長が頑張ってくれました。
プロになったばかりの選手や、プロを目指す若者といろいろ話す。
今の若者は見た目では分かりにくいけど、話してみると熱い奴らばかり。
アライアンス第4世代に期待して下さい。
image

嬉しい

娘から父の日のプレゼントにオトモチケットをもらいました。
自分はどこに行くにも家族を連れて行きたがるので、これは嬉しい!
幸せです。
image

0617

6/17で37歳になりました。
たくさんのお祝いコメントありがとうございます。

靖国を参拝してから家族に誕生日を祝ってくれました。
image

ちなみにニャンコのミューも今日で1歳。
娘がギターでバースデイソングを歌ってくれました。
まだまだ下手くそだけど俺には勿体無いプレゼント。
この家族を幸せにする為にこの一年頑張ります。

image



image

良いこと

良いことあった。
と言うかギリギリセーフだっただけだが。
気分良い。

今日は目的地に向かうためにタイムズのカーシェア使った。
はじめて。
便利過ぎる。
乗っちゃうと車っていいなぁ。
後、車のナビより俺の頭のナビの方が早く着く。
image



そんで、こちらが本題で今日は結婚記念日。嫁さんは普通にママさんバレーに。
何というかマイペース。
俺の嫁さんだからこのくらいじゃないとやってけないだろうな。
これからも宜しく。

20160613

やっともやもやしてた事が解決。
頑張ろう。
と言うか頑張れる。
ワクワク、ドキドキ。

ニャンコ

癒し
image

サイコロ

俺にもたまには良いサイコロの目が出てくれないかなあって思ってたんだけど、なかなかそんな上手くは行かなかったようだ。

頑張るしかないから次のターンが来るまで耐え忍びます。

まだ死ねないのです。

家族

どうしたら家族が幸せになれるか。
そればっかり考えている。
妻がいて娘がいてニャンコがいる。
それは幸せなんだけど、このままじゃダメだ。
絶対にダメだ。

誰かに面倒を見てもらうなんてのはこの世界厳しい。

じゃあどうするか家長である俺がしっかりしなきゃ。


やり始めますか。

ちょこっと遡って

先週の土曜日は娘の小学校最後の運動会でした。
学年リレーも選抜リレーもアンカーをやって両方ゴールテープを切ってました。
走り方が俺にそっくり。俊足。
俺の母ちゃんもびっくりしてました。

で、その後は知人に紹介して頂いたMOROHAのライブを観にリキッドルームへ。
めちゃくちゃかっこ良かったし、気合い入りました。
チケットソールドアウトで超満員。
勢い半端ないな。
色んなものの影響を受けて生きて来たけど間違いなくその一つにMOROHAが入った。

image

ニャンコのミューももうすぐ一歳。
自分が老いるって事は自分が大切なものが成長して行くって事だな。
image

試合決定REBELS45

8/7(日)REBELS.45大田区総合体育館大会の記者会見でした。
特別ルールで小磯選手と試合します。
このルールの一発目に俺に声がかかった意味をしっかりと理解して刺激のある試合をします。
勝ちます!
相手喧嘩が下手そうなんで舌戦は控えました。蹴りたい蹴りたい言ってたけど殴り合うの怖いんかな。
俺は今回の試合を盛り上げてレベルスにこのルールを定着させてベルトを巻きたい。
みんなを幸せにするなんて上等な事は言えないけど、妻と娘、両親、姉ちゃん、応援してくれてる友人そして自分自身、そんな小さなコミュニティの為に全部かけて試合をする事が結果色んな人達に何かを伝える事が出来るんじゃないかと。
だから、対戦相手は俺の大切なものを奪いにくる敵だから指一本動かなくなるくらいきっちり仕留める。シバラマ。
泥水すすって生きてきた人間の覚悟と意地を見せてやる。格闘技よりも大切な人達を格闘技で幸せにする。
そんな気持ちです。
image

アウトサイダー

今日は大井さんの試合でした。

いつもより少し遅めに会場入り。

試合がすごく速いペースで進んだのでアップも早めに開始。

「最初にもらっちゃうんだよな」と大井さんが言っていたので、いつもより多めにアップ。
試合直前にも息上げ。
少し足が浮いてる感じがしたのでその辺りを意識。

試合は相手の仕掛けが早かったので少し戸惑ったけど、地力の差を見せて判定勝ち。
本人は納得してない模様。
自分としては、もちろん大井さんはもっと圧倒出来たはずだけど、収穫のある試合だったと思った。

アウトサイダーは他の試合とはリズムが違うのでそこは気を付けないとなと再認識。
3分2つって部分もあるし。

次はタイトルマッチでしょう。

食事して帰宅して大井さんが書いてる番組を観てる。不思議な感覚。

image







次の試合

おそらく来週発表されるであろう次の試合。
いろいろ言いたい事がある。
不満とか相手に対しての不服とかじゃなくて自分がどんな気持ちでこの試合を受けたかを伝えたい。

そんな機会を貰えれば嘘偽りなく話をさせてもらいたいと思っている。

骨を埋めても良いと思っている。

それくらいかけてる。

見せたいものがあって、それはきっと人が嫌悪するものなんだけど、誰もそこを避けちゃいけない部分で。

早くこいこい発表の日。

三島少年愚連隊。

休み

今日は休み。
練習も指導も打ち合わせ関係もないのは久しぶり。

休みに起きてから気付いて何だか昨晩もっと起きてれば良かったなと損した気分。

治療に行って帰宅。
ジャンクフード食べて昼寝。
起きたらDVD鑑賞。

そんな休日でした。

その他はどうやったら背中が柔らかくなったをぼんやり考えてました。

何だか

調子が良くなって来ちゃいました。
ガツガツ練習しています。
いろんな方に教わってスパーしています。
いろんな方を指導しています。
練習も仕事(指導)も順調です!
こんなにストレスがないのは久しぶり。
この調子で試合まで突っ走ります!

GO!FIGHT!

今日は嶋田先生ご家族との食事会。
楽しみ、美味しい、ありがたい食事会でした。
次戦の事も詳しく説明。
TEAMゆでたまごですから。
image


ますます気合いも入ったので試合に向けて頑張ります。

誰かの評価とか噂とか、立ち位置とかは闘ってる最中だけは関係ないので、選手は試合の数だけ死んで試合の数だけ生き返れると思っています。

と言うわけで今回も生き返って仕留めに行きます。

人の目ばっかり気にして、自分を見失ったら本当にクソだと思うわけです。

だからやりたい事をやってるんだ、と思っています。

だって、俺たちは父ちゃんですから。
父ちゃんは強いんです。
image


Title Photo by Fujisato Ichiro



Search
Profile

宮川 博孝
所属:ALLIANCE
生年月日:1979年6月17日
出身地:静岡県三島市
身長/体重:165cm/60kg

幼い頃から類まれな運動神経を発揮。その後も剣道を続ける傍ら空手にも興味を持ち、高校3年時に極真空手に入門した。

20歳で総合格闘技に目覚め、2001年4月にはリングス前田道場に“通い”入門すると、当時シアトルで修行中だった高阪を訪ね、2001年10月に高阪が創設したALLIANCEに参加。数々のアマチュア大会を経験し、2004年9月のZST6でプロデビューを果たした。

以後、ZSTではリトアニアのアンジェ・クジェネフスキーを開始わずか42秒ヒールホールドで秒殺すると、同年11月から始まったZST-GP2に参戦。初戦のマイク・フレンチを1R4分フロントチョークで下すと、準決勝ではレミギウス・モリカビュチスに敗れはしたが、ZST-GP2ベスト4に入る活躍をみせた。

2006年からは主戦場をDEEPに移して、闘いを続けてきたが、ケガにも悩まされ長く戦列から離れていた。それでも、厳しいリハビリと絶え間ない努力を続け、2009年にケージフォースで復帰を果たすと、グレイシーバッハの金内裕哉を下して復活の勝利。2010年8月のDEEP49では、寒天健士をKO で下した。


QRcode
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ