キイロ ・ フユ

追憶の森  出演 マシュー・マコノヒー 渡辺謙 ナオミ・ワッツ  監督 ガス・ヴァン・サント


何ヶ月前だったか、「追憶の森」という映画のポスターを見かけて、見たいとは思いながら素通りしてしまいました
でも、アマゾンプライム・ビデオで公開されているのを知って早速、見てみました

主演はマシュー・マコノヒー
自殺を図るために富士山の青木ケ原の樹海にやってきた主人公は、樹海の中を歩いていた男(渡辺謙)に出会います。
男は自殺志願者でしたが、やはり樹海の外に出たくなったのです

主人公自身も自殺しようとしているものの、樹海から出たい男を助けようと必死になります
そして、不仲だった妻との色々な出来事を思い出します
男に奥さんの名前は ?と聞くと男は「キイロ・フユ」と答えます
これが奇妙に心に残ります

渡辺謙は主演ではありませんが、完全に主演であるかのような演技に魅了されてしまいました
あまり詳しくストーリーを描くのもなんなので、この辺で止めますが
樹海の中のシーンは少し不気味だけれど、久しぶりに私好みの映画を見たという感じでした
US218_ (2)

輝北へドライブ

昨日は輝北・天球館へドライブに行って来ました
ずいぶん前に行ったっきりで、イメージ的には牧場のような所だったとしか覚えていませんDSC00451
DSC00439
ポンコツなナビに振り回されて、やっとたどり着いた時には日が傾いていました
DSC00441
反対側から見る逆光の桜島も高台から見るとなかなか壮大ですね
DSC00446
上場公園の風景
DSC00449
広々とした場所が大好きな私は、しばらく放心状態・・・・
DSC00455
このままずっとここにいたい・・・夜になったら星空撮影をしてみたい・・・
でも、6時を過ぎると誰もいなくなりそう・・・ちょっと怖い・・・
まぁ、今回は撮影場所を確認したという事にしておきましょう

帰りは、近くの揚げ餅屋さん(鹿児島市出身の人)で、しばらくおしゃべりをして揚げ餅を買いました
DSC00460

とても美味しい揚げ餅でしたが、もうすぐ牧之原に店を移す予定との事。
道路建設などで車の通りが変わり、店舗は大きな影響を受けてしまうのですね
以前、友人と宮崎を食べ歩きした事がありますが、行く先々で美味しい物をちょっとずつ食べ歩きするのもいい物です

帰りは、ポンコツなナビに振り回される事もなくスムーズに帰り道を確認できました
ナビよりもスマホの方がずーーーーっと頼れるなんて、どういう事 ?

ラジオの修理

我が家のラジオは、お風呂ラジオとかいう物で、何かのポイントでもらった物だったと思います
普段はほとんど聞く事もないし、いつの間にか音が聞こえなくなっていました

最近はスマホでラジオを聞く事も出来るのですが、災害を考えるとラジオは一家に一台あったほうがいいかもしれない
亡き父の遺品のハンダゴテ(金属を熱して配線などを接着させるコテ)はとっくに捨ててしまったし、手作業で修理できるのかな〜とりあえず分解してみよう

以前も分解した事はあったのですが、開けて見るとアンテナの線が途中から切れていました
あら、これなら保護ビニールをはいで、中の線を繋げば受信できるかもしれない・・・

試行錯誤しながらラジオの裏を開けて、線を繋いでみるまで、約20分
某国営放送の音声が聞こえてきました
IMG_20170420_142357
なーんだ、超。簡単 !

今時、ラジオなんて修理しなくても1000円くらいで買える時代です
それでも壊れた物が蘇るのはうれしいものですね

春爛漫の藺牟田池

昨日、藺牟田池に行って来ました
先日と同じく、晴天狙いの山歩きです
景色を楽しむ散歩のようなものなので、登ったのは竜石のみ・・・・

後はカメラ散歩しながら、偶然、一人で写真を撮っている女性とお知り合いになったりと、
春らしい一日を、ほのぼのとしながら楽く過ごしました

昨日は、大浪池・単独登山

毎日、天気予報ばかりを見ていたのは先週の事
春らしい陽気になったら、大浪池か藺牟田池に行きたいと思っていました
マンサクを撮るか、桜を撮るか・・迷いに迷って、大浪池に行って来ました
とにかく晴れ予報100%の日に行きたいと思うと、ギリギリまで予定が立ちません
昨日は晴れの予報が的中しました

久しぶりの大浪池です
この晴れ日を皆さん待っていたのか、駐車場はやはり満車でした
女一人で山に登るなんて・・と思いますが、女性の単独登山者を数人見かけた所を見ると
やはり、私のように晴れ日を待っていた女性が多かったという事でしょうね

登山口から大浪池まで登って来て、さて、右に行くか左に行くかと迷った末、右に進路を取りました
階段を上がっていくと、すぐにマンサクの満開の木が、青空に映えています

彼方にはぼんやりと桜島が見えています

そして、展望の先には、高千穂峰、新燃岳、中岳〜〜韓国岳・・
数年前、苦労しながら東神社から韓国岳登山口まで、山々を縦走しておいて本当によかった
東神社から韓国岳登山口まで縦走しよう ! と言ってくれた大切な友に感謝です
今では新燃岳の火山活動で縦走できません

朝食が遅かったので、昼食も終盤に差し掛かってからとる事にしました
どこで食べようかと見渡していると、小高い所に見晴らしの良さそうな場所を見つけました
池全体と韓国岳も見える平坦な場所を独り占めしながらのランチ・・

すぐ下の登山道を通る人が「この上が最後の展望所だけど見て行く ?」「う〜ん、もういいよ」
と会話しているのが聞こえました
そーなんだ ! 知らなかった〜

単独登山は安全面では良くないけれど、自分のペース(軟弱ペース)で歩いたり、写真を撮ったり、興味のある物や風景をじっくりみられるのは利点です
最近は思い出した時だけ登山していて、軟弱が超軟弱になりそう
ちょっと不安になってしまいます。
小さなカメラで撮ったのでお見苦しいかと思いますが、ご容赦ください
アクセスカウンター
以前の記事
コメント・公開