差し歯を本物みたいな歯オールセラミックにする費用

差し歯を本物みたいな歯にする費用が1本5万円以下でできるオールセラミックという方法について詳しく書いているブログです。

金属なしで歯を白くキレイな「本物みたいな歯」にしたいとは思いませんか?

保険外の差し歯にかかる費用は?~前歯を治療してきた結果~

 
金属なしで歯を白くするとすれば、審美歯科のオールセラミックが有効な方法です。
 
まさしく金属や混ぜ物を一切使用することがなく、金属アレルギーを心配しなくていい治療法。

用途はとても広く、

「保険内治療のクラウンが変色してきた」
「表面がでこぼこしてきた」
「ギザギサしてきた」
「保険内治療の歯が傾いてきた」


などの場合に対応することができます。

また、

「線が入ってきた」
「黄ばんできた」
「欠けた、割れた」
「ホワイトニングより白くしたい」


という場合にも有効な治療法です。



ただし自由診療となり審美歯科での治療になるため、費用面では負担が大きくなることを覚悟しなければなりません。
 
保険内治療の場合は費用の分担がありますが、自由診療の場合はそれがないのです。
 
つまりかかる費用は全額自己負担であり、その点を前もって考慮しておく必要があります。
 
支払方法をローンにしてもらったり、できるだけ安い医院を探すこともできますが、いずれにしても保険治療よりは高額になることを考えておきましょう。
 
一般的な相場としては、ラミネートベニヤで1本6~12万円、オールセラミッククラウンで1本4~12万円、メタルボンドで1本8~15万円ほどになっています。
 
また、オールセラミックの長所と短所があることも覚えておく必要があります。
 
その両方を知ったうえで自分に向いてる治療かどうかを見極める必要があるからです。

オールセラミックの長所としては、吸水しないため清掃性がいいこと、少しだけ歯列を治せる、磨り減りが少ない、強度が高い、メタルフリーであることなどがあります。

また、見た目が本物みたいな歯になる、調和性がいい、ホワイトニングより白くできる、歯垢がつきにくい、といったこともメリットです。

デメリットには、負担額が大きくなること、衝撃に弱いこと、医師の技術の差で見た目が左右される、ということです。
 
負担額が大きくなるのでできるだけ安い医院を探そうとするかもしれませんが、医院探しでは術者の技術にも注目することが大切です。
 
担当医の技術レベルによって完成度が変わることを忘れないようにしましょう。

最近ではオールセラミックの歯を作成することが専門の会社などもあり、その歯を都市部にある歯科と提携して治療を行うというサービスも始まっています。
 
通うことができる方はそういったものについても調べてみるといいでしょう。

以下の参考ページは、1本5万円以下の安い費用で高品質なオールセラミックの本物みたいな歯にできるJDFという会社についてです。

保険外の差し歯にかかる費用は?~前歯を治療してきた結果~

黄ばんだ歯を白くするためにオールセラミックを活用したいと思う方もいらっしゃるでしょう。オールセラミックによる治療はとても有効な方法であり、メリットの多い治療です。

しかしメリットもあればデメリットもありますので、治療を受ける前に必ずその両面を確認しておかなければなりません。また、オールセラミックとはどんな治療なのか、基礎知識を学んでおくことも大切です。オールセラミックというのは、白くしたり歯並びを綺麗にしたいと思うときに、対象の歯の表面を少し削って、そこにセララミック製シェルを貼り付ける治療のことです。治療後痛みが出る可能性もありますが、信頼できる医師に治療をお願いすればスピーディーに正確に治療を終えることができます。

用途としては、歯並びを変えたいとき、前歯の形を綺麗にしたいとき、変色を治したいとき、金属アレルギーのときなどに利用します。あるいは割れたとき、少し欠けたとき、ホワイトニングで白くならないとき、傾いてきたとき、ねじれたきたとき、黒ずんできたときにも利用できます。オールセラミックのメリットは、自然な仕上がりで本物のようになる、歯茎が黒ずむ心配がない、色素が付きにくい、垢がつきにくいことです。

デメリットには、強い負荷には弱いこと、治療費の負担額が大きいことがあります。早く見た目を綺麗にする点でとても有効な治療法ですが、矯正効果は少ないのも特徴です。オールセラミックは保険治療ができない自由診療になります。したがって、事前の資金計画や予算を綿密に立てておくことは必要です。保険外の差し歯にするための大まかな費用や値段はこちらをご参照ください。 

安い医院を探すことも可能ですが、医院選びでは治療費だけを考慮してはいけません。治療後の痛みや完成度については、医師の技術に左右されるところが大きいのです。治療費が納得できることはもちろんですが、医師の治療技術についても注意深くチェックするようにしましょう。自由診療のため治療費は医院ごとに違います。また保証内容も医院ごとにちがいますので、この点をよくリサーチしてから治療を受けましょう。

短期間の治療で歯を白くしたり黄ばみを治すためには、オールセラミックという治療が有効です。
オールセラミックでは歯の表面を薄く削ってそこにセラミック製のラミネートベニヤを貼り付けますが、金属を一切使用しないことが特徴です。 
金属アレルギーの方でも治療が受けられますし、見た目も自然で綺麗に仕上げることができます。
形や並びを変えたいと思うとき、過去に入れた補綴物の見た目に問題があるとき、ひどい変色が起きてきたときなどに、オールセラミックはとても有効です。

早く綺麗にできる点で大変有効な治療法ではありますが、費用面では注意しなければなりません。
というのは、オールセラミックは保険が適用できない自由診療だからです。
自由診療ではかかる費用は全額自己負担になります。
保険治療のような費用負担がないため、通常よりも資金的な備えをしておく必要がありますし、事前の資金計画が欠かせません。

一方で、自由診療は医院ごとに自由に治療費を設定できるため、その中で安い医院を探すことも可能です。
特に大都市圏では価格競争から安い医院を見つけやすくなりますが、インターネットの口コミなどから探すこともできます。

とはいえ、安い医院が良いというわけでもありません。
治療の完成度は技工士や医師の技術に左右されますので、技術に対する信頼性についても見ておかなければなりません。
ただし、費用が安くいて高品質な歯を提供できる医院があるのも事実です。
さらに、オールセラミックを利用するときはメリット・デメリットについてもチェックしておかなければなりません。
メリットとしては、金属や混ぜ物を一切使用しないこと、歯茎が黒ずむ不安がないこと、仕上がりは艶があり透明感が出ること、治療が早く終わることなどがあります。
デメリットとしては、治療が高いこと、虫歯になれば作り直しが必要になることなどがあります。
さらには、金属を使用していないため、衝撃には弱いこともデメリットといえます。
こうしたメリット・デメリットについてもよく考慮しておきましょう。

↑このページのトップヘ