私の天使は笑わない

自分の考えたことや何かの作業。購入した商品のレビューなのをやっていきます。真面目なことくだらないこと 俺得記事 全て詰まってますので仲良くしてやってください。

北海道新幹線

さてみなさん如何お過ごしでしょうか。NY記事以来ですね。 今日は北海道新幹線(東北・函館間)開業の前日ということで、大成功だ!とか失敗する!とか言われている噂の超高速鉄道について話をしてみよう。

但しこれから話をする内容というのはあくまで自分が住んでいる地域(札幌)から東京(上野)まで移動するときの話である。 この地域の話をするにあたって憶測で物を語ってはイケナイと思い 実際に札幌(新千歳)から東京(上野)まで移動してみた。では実際に 札幌から東京の上野駅に向かうまでにどのような経路でどれほど時間が掛るのか考えてみよう。

脱北 上京までの道筋。 札幌に住んでいる人口は約200万人(正確には1913514人)が住んでいて周辺地域を含めると(江別 北広島 恵庭 石狩で合計312908人)なんと約222万人 これは北海道全人口574万人(2012年計測時)という人口の約40%前後を札幌 石狩管内が占めているということになる。 つまり北海道から何か用事があって本州に行く人のうち40%は札幌周辺の人ということになる(ちょっと強引な計算だけど許して)  つまり僕以外の人も大方このルートを使用して東京まで足を運んでいる。

話が逸れましたね。では移動手段について考えてみましょう。 基本的には 札幌⇒新千歳空港⇒羽田空港⇒上野駅という流れです。
札幌から新千歳ですがJRを使えば37分 高速バスを使えば約50分前後といったところか。 料金はバスもJRも変わらないので考慮しないものとする。

そして飛行機に乗っている時間だ。 今回はJALを利用したので時刻は1時間40分。 

そして羽田空港から上野駅まで というと 東京モノレールに乗ってから浜松町駅⇒そして上野 という具合で35分で到着する。
つまり足し算をすると
今回はバスを使ったので50分+100分+35分=185分 だが実際には飛行機の場合15分前には手荷物検査場をくぐり抜けなければならないし加えて待ち時間や自分がホームに上がった瞬間電車が来るわけではないのでそこら辺を加味すると210分つまり3時間30分かかる計算だ。実際に僕が移動した時も朝8時出発の約11:30分に東京秋葉原まで到着したのを見るとあながちこの計算は間違っていないと思う。

では新幹線の場合はどうだろう。

まずは札幌から函館まで移動しなければならない。 GoogleMap先生と乗換案内アプリ等をつかって検索をすると 特急北斗◯◯号をりようすると3時間43分となっている。 そこから更に新しく出来た新幹線を利用するとしても整備新幹線により盛岡までは260キロしか出せない(俺の車だってメーターが280まで有るぞ)。

んで調べてみると4時間1分。 まぁ4時間としよう。 つまり7時間43分・・・うーん・・・ 

料金の方はどうだろうか? 調べてみよう。  新千歳への移動料金は約1000円。 チケットを当日予約したとして料金が40190円 加えてモノレールとJR山手線の料金が660円との事なので 41850円である。
(とはいえ実際には季節によって飛行機の料金がコロコロと変わるのでなんとも言いがたいが一つ言えるのは早期予約でコレよりは少しは安くなるということだ)
新幹線はどうだろう? 札幌函館間が5720円 そこから新幹線 新函館北斗⇒東京まで22690円。
28410円。   
倍の時間掛かっても良いから安く済ませたい というのなら断然新幹線を使うルートだろう。

ただし同じ時間に出発して11:30分に秋葉原を物色し始めている間まだ列車に揺られ。
8時丁度に主発したとして夕方4時に東京に到着してその日は何も出来ずに宿泊先に向かうのとでは充実度は違ってくるだろう。  
もちろん仮に午後1時に商談が有るとしたら前日から現地入りしなければいけないという意味では飛行機なら日帰り。電車なら宿泊代が余計に掛かってしまう・・・を考えるとその金額の差も埋まってくる。

 つまり現状電車が好きでたまらない! とか。 飛行機の着地するときの感覚がどうしても耐えられない! という特殊な事情の人達以外は航空機を利用するのが一般的である。

では15年後を予定している 札幌まで新幹線が延伸した場合には・・・どうなるだろうか?

所要時間は5時間ちょっと 料金はどうやら3万5千円らしいです。(ネットで見聞きしたないようなのでどの程度信憑性が有るかはわかりませんが) 

地獄の7時間43分から比べたらまだマシです。 ちなみに新幹線には1度も乗ったことがないという人が北海道の人ではかなり多く。(基本的に列車よりも飛行機で移動する人が多いから当然) 僕も1度だけ京都広島間を新幹線で移動したことが有るだけです。 がぶっちゃけ面白くもなんともない。 

ともすると先ほどの計算でいくと・・・朝8時出発の5時間なのでギリギリ1時には到着。 やっとこ勝負になるという具合でしょうか? 

では別の視点から考えてみると”新幹線も悪く無い”と思えるようになってくる。 但し北海道新幹線が札幌まで延伸した場合であって明日の話ではない。

それは乗り降り や 歩きで移動する精神的な面倒臭さである。
当然だが高速バスで新千歳空港まで向かい そこから搭乗手続きをして・・・とか なんだかんだと徒歩で移動したりする距離が多い。 モノレールを降りた後浜松町駅からJR山手線に乗り換える際も上下移動をけっこうする。 何も持っていないならまだしもスーツケースや旅行かばんを持ち運んでいる状況ならお世辞にも”楽”とはいえない。

逆に札幌 東京間の新幹線の場合どうだろう。 札幌駅からスタートしてかばんを置いたらあとは椅子に座っているだけで到着してしまうのだ。 こんなに手間のかからないことは無い。 


話を何処で終わらせるか正直悩んでますが。そろそろまとめてみよう。

1、現状北海道から移動する人の半分はおそらく今後も飛行機だろう。
2、料金は多少安いが時間を考えれば飛行機に軍配が上がってしまう。
3、椅子に座っているだけで余計な手間がほぼない新幹線の強さは札幌東京間を4時間以下で運行できるようになったら話が変わってくるかもしれない。

では現状北海道新幹線はうまくいくのか?

答え:失敗します。 何を持って失敗とするかは人それぞれかもしれませんが この場合僕が重要視するのは赤字経営が長らく続くJR北海道 あるいは 相変わらず低空飛行を続ける北海道経済の活性化の一助となるかどうかということです。

まずJR北海道ですが、利用客が多くなればなるほど当然旅客業務は利益がでます。黙っていてもお金が入ってくるのはまぁ駅ビルとか賃貸業の所謂不動産 副業系でしょう。 実際JR北海道をなんとか支えていたのは札幌駅周辺再開発事業によるテナント収入等だったようです。
つまり現状物好きがわざわざ札幌から函館まで移動して。あるいは東京から函館まで移動する人間の数がどれくらい多いのか と言われると。これは正直劇的なV字回復を出来るほどの動員数は見込めないでしょう。

次に北海道経済活性化の話ですが。  そもそも”新函館北斗駅”って言うけど ”北斗って何?”と思う方。多いと思います。北斗ってのは別に新世界覇者が出てきたり百烈拳を繰り出す筋肉モリモリマッチョマンが戰う話ではなく。 2006年に2つの街が合併して誕生した地名です。 山梨にある市とは全然違いますね。

んでこの新幹線の駅 多分北海道民の方でもなんであの名前なの?とお思いの方絶対居ます。

加えて北斗駅とか言われてもピンと来ないのでわざわざ”函館”という名前をつける。

多分函館市と北斗市の間で新幹線駅の名前を決める時はかなり喧嘩になったんじゃないでしょうかね。主に観光資源的な意味合いで

確かにスイッチバックが必要無い事や某セメント工場のお話等が絡んでくるんでしょうが素人は全然分からないので駅舎だけが真新しくて駅周辺は一面畑の微塵も栄えていない”新函館北斗駅”に新幹線だけやってきても・・・ お客さんはお金を落としていってなんかくれませんよね。 しかも 函館駅まで移動するのに約20分程かかるという間抜けぶり。 正直JR北海道と行政の無能さ加減には呆れます。 
北斗市のほうがお金があるとかそういうのは正直どうでも良いんですよね。 
的はずれな意見をしている方々もいらっしゃるみたいですが。

先日某朝の情報番組Z◯P!で函館市と北斗市どっちが楽しいのか という北斗市いじめの大特集をやってました。 録画をして見直してみたのですが・・・・贔屓目にみても函館のほうが楽しそう・・・ 

そもそも文化的な成熟度が違いますよね。人口減少などの問題はありはすれど 1500年には既に入植された地域で文化財も豊富。市町村魅力度ランキング1位にもなったことのある年間500万人が訪れる”観光都市”だ

ドラマやアニメ等の舞台になることも少なくなく、有名人で言えば北島三郎やGLAY等は記憶に有る方がいるのではないだろうか?

 つまり北海に新幹線が上陸したやったぞ!と両手放しで喜べる状況ではなく、放っておいてもお金がなる木というわけじゃないというわけ。 個人的には1秒でも早く新幹線が札幌までやってきてもらうことを祈るだけです。

可能なら15年後とかじゃなく5年後とかにしてよね。

以上 長文駄文失礼! 

NY旅行記まとめ+7日目

 NY USA旅行ももはや7日目。最後の記事の前に まとめとか。

今回の NY旅行。 初めての海外旅行ということで(しかもフランスでISILからのテロがあり次はUSAだ という犯行声明が出た直後だった)多少緊張しながら旅程を進めていましたが 街中に警官 空港では靴まで脱がされたがむしろ安心感がありました。

ついでにいうと自分の語学力は大したものでは有りません。が 向こうも観光客だとわかるとわかりやすいように話をしてくれるし、最近ならスマートフォンで分からないことを調べれば一瞬で答えが出てくるので難易度は下がっているといえるでしょう。 移動手段に関してもお金があるならタクシー・・・よりも話をする必要性がない地下鉄のほうが言葉としての難易度は低いと思います。

さて今回でかかった旅行代金の合計は・・・約80万円(買い物やホテルの宿泊代も含めるが飛行機代は含めない) ちょっと高いかもしれませんが それなりに良い思いをしたので文句なしです。



 「続き」で最終日の様子を。続きを読む

NY旅行記6日目

NY6日目。 NYの買い物事情について軽く触れておこうとおもいます。

日本で消費税が有るようにアメリカでも消費税というものが存在します。

それは州によって違うのですが NY市で買物をする場合は 州税+市税 がかかります。合計で8.875%(ヤヤコシー)  但し洋服や靴等は110$以下であれば税金は有りません! (但し時計 アクセサリー バッグは課税される)110$以下 という話ですが合計で110$ではなく 1つ辺り110$以下であればということです。PB290071

ソレ以外にも沢山の税金が有りますが ホテルだと14%~15%程。(高い!)
喫煙者に対してとりわけ厳しいとされるアメリカですが当然ですが税金も厳しい物が有ります。
タバコの税金は一箱あたり州税が4.5ドル 市税が1.5ドル 加えて消費税(2重課税)の8.875%で 一箱12~15ドル程するのである。(ドル円 110円とすると1400円前後)  
ソレ以外に初めてアメリカに(というかチップ文化のある国)行く人にとってハードルが高いのが”チップ”だろう。

どのようなお店でチップを払うべきなのか あるいは どのお店だと必要ないのか。 非常に難しいと思う。 只基本的にサービス業にのみ適応される。

なので マクドナルド等のファーストフード店やブティックの店員に払う必要はない。

必要なのは”ウェイターの居るレストラン”のウェイター や ポーター(荷物運びの人) ドアマン(タクシーを呼んでくれた場合等) ホテルのベッドメイキングをしてもらうばあいにも必要だ。 更に(旅行中にないとは思うが)ヘアサロンでお世話になった場合等である。
ウェイターの居るレストランでは%が明確に決まっていて 15~20%とされている。コレより多いことは全然構わないが 少ないと怒られるのだ。(この話は後々しよう) タクシーにも15~20%のチップを支払う事になっている。

そもそもチップって何? というと心付け という日本語表現があるが。じつは違う。

職場から貰える給料は所謂日本のサービス業の1/3程度なのである。 つまり残りは”非課税のチップでやっていってね”ということだ。 ということは彼らたちの重要な収入ということになる。 1%でも1ドルでも多く貰うために彼らたちは親切 親身になるし(下心があるから当然だ)  多く貰えれば”素晴らしいお客さん”という事になる。  彼らたちの生活の為にもチップは重要な要素なのだ。
続きを読む

NY旅行記5日目

さてNYも5日目。 旅行自体は後半になりました。
こう思うとNYという街はなんというか非常に魅力的な街で(遊んでばかりというわけでも無い)
日本には無い独特のパワーを持つ国だなという印象です。

魅力もたくさんある街ですが同時に不便(?)もたくさんある街です。

当然といえば当然ですが 日本独自の文化  日本のようなアニメ文化やフィギュア。  日本のヲタクのような文化はアメリカのNYでは見かけません。 ちょっと虚しいですね。

ソレ以外にも電気街に代表される所謂パソコンや電子部品が沢山というのはやはり東京の秋葉原ならでは。

とは言え元々のパソコン発祥の地はアメリカですし IntelやAMD Nvidia等の開発拠点はアメリカ(広いアメリカの中でもサンフランシスコ・ベイエリアなので「アメリカ」というのは語弊があるか)である。

加えて日本の場合輸入代理店の上乗せ利益がものすごいことになっているので。アメリカで300ドルで販売されているパソコンパーツが日本では7万円 という非常識な金額になることもザラである。(いくら為替レートの影響があるからといっても・・・・ねぇ)
なのでアメリカに来たら お目当ての部品を安く手に入れる気満々という訳。 軽く説明すると 日本で10万円以上するグラフィックボードが、アメリカで買うとなんと499$ うーん・・・安い・・・

ちなみにNY郊外のBestBuyで購入しました。 ちょっと重いので郵送してもらうことに。 郵送料で30ドル掛るという話でしたが ソレを差し引いたって十分安い。 メーカーの直販なので当然といえば当然ですね。

お目当ての品をゲットして大満足。さぁ頑張りましょう。

という訳でNY5日目行動開始です。
 
 続きを読む

NY旅行記4日目

NYも4日目、時差ボケが厳しくなってきたところですが・・・


NYに来たんだから 買い物しないと損だよな~ と思って(というかまぁスペインやフランスと違って世界的観光名所がそこまで多くない 商業の街であって観光業の街ではないからね)

そんなNYですが。 あだ名が有るのをご存知だろうか。 通称BigApple 大きな林檎。

なぜNYがそのように呼ばれる(愛称)のかはわからないが 少なくとも1950年台からはそう呼ばれているらしい。

少し調べてみると Bigappleとは 1920年代 NewYorkMorningTelegraph紙(スポーツ新聞的な)の紙面でそう呼ばれたことを発端としNYの愛称となった。らしい・・・

しかしこれはNYだけにとどまらず一定以上の発展をしている大きな都市(ハリウッドやサンフランシスコ等もそう) もこのように表現されていたのだがNY以外では定着しなかったというお話だ。

ちなみにアメリカ人は結構林檎が好きで。林檎を使った料理はかなり多い。 厚さ2㌢のアップルパイやリンゴのケーキ。りんごを使ったお酒なんかも有る。 アダムとイブが林檎を食べて楽園から追放されたというのだからかなり昔から林檎自体が世界で認知されていたというわけである。NYのばあいスーパーマーケットに行くと林檎が山のように積んであって結構安いし 日本のサンふじ林檎なんかも舶来品として少し高いが流通している。
imgca69eff3zik0zj
そんなBigAppleで暮らす人々は今日も忙しそう。それでは4日目です。

 続きを読む

NY旅行記3日目

NYにきてから3日目。

NYにはかなり大きな公園が有るのをご存知だろうか?

ニューヨークでかなりの大きさを占める セントラルパークだ。 この公園かなりでっかくて341ヘクタールを誇る。 

でかすぎてよくわかんねぇよ~ ってなわけで ちょっと調べてみると皇居が3つは入るそうでw。
300px-CentralParkFromAboveCropped
そのニューヨークセントラルパークですが 施設もあります。 メトロポリタン美術館。 そしてアメリカ自然史博物館

つまりそんだけ観光客も多いというわけで 年間3500万人が訪れてるそうだ。 ちなみにこの公園は人工的に作られた公園(長方形の形をしているから当然だが)で作り始めたのは1857年(嘘やろ!?)で この公園を作るということは 既にNYのあの摩天楼が完成されていたということだからなんとも恐ろしい。

様々な映画のロケに登場するのは当たり前だが ゲームの中でも登場していたり。 NYにとってセントラルパークというのは特別な場所だといえるだろう。

 そんな広大な森を抱える世界一の大都市NY。 今回もそんなNYでの1日を記事にしていく。 続きを読む
プロフィール
pixiv blogparts - Daily Ranking
人気ブログランキングへ
記事検索
Skype Me
現PCスペック
CPU AMD FX9590 5.0Ghz 
MB Asrock 990FX Extreme9
RAM Corsair DDR3Total 12GB
ODD Pionner(詳細不明)
SSD Ocz120GB+CFD256GB
HDD HGST 320GB+1TB
VGA SAPPHIRE RadeonFuryX 4GB HBM
OPS Windows7 Pro
POW Corsair RM1000
ENC NZXT Phantom530
DIS BenQ XL2411T
PSO2やってます
  • ライブドアブログ