October 18, 2004

ドッグヴィル*DOGVILLE

美しく残酷なおとぎ話・・?ドッグヴィル コンプリートBOX

ギャングに追われ、山あいの小さな閉鎖的な村ドッグヴィルに逃げ込んできた一人の美しい女性を村人たちはかくまうことに・・・。
彼女が2週間で村人全員に気に入られるという事を条件に…。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督が描き出した作品「美しく残酷な寓話」・・・と言われていたけれど・・
奥底に描かれてるメッセージにそれだけの作品ではない事がわかる。

ある種の不快感や痛々しさを強烈に印象づけながら人間の本性を撮り続けるラース・フォン・トリアーの作品。

まだ、記憶に新しい。この作品は“アメリカに行ったことがない人間がアメリカを描けるのか?”という非難に監督が答える形で撮影を決めた“アメリカ三部作”の記念すべき第一部である。

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でカンヌ映画祭のパルムドール賞を受賞したラ−ス・フォン・トリアー。
本作品は今年のカンヌでも群を抜いて一番の注目作となったが、
その時の非難の声らしい・・

アメリカに行った事がないからこそ、良く見えるのでは?とも思ったけれど、んん・・痛い部分だけをすごくつついているのは、仕方ないのだろうか??

この作品は、とにかく本編よりも私には、エンドロールに強烈な印象があり、本編を忘れそうになった。。。

エンドロールに流れる写真の数々は、今までアメリカが生み出した歴史の真実を象徴しているように感じられる。
アメリカ三部作なのだから、二部、三部としてどんな作品が飛び出すのだろう・・

私は『ダンサーイン・ザ・ダーク』を未見だ。いくら話題になっても、絶対観ないぞ!と思っているからだ。
何度もレンタルショップで手が伸びたが。。音楽には相当惹かれるものがあったし・・・。
でも、観ない!この手は観たくないのだ。子供で泣けるのは、ダメなのです・・汗!!

何故?『ドッグヴィル』を観たのか?どう見ても暗そうだが・・・。
ポールペタニーが出ている!キッドマンが出ている!だけで観た人・・(^_^;)

この作品違う役者さんならチョット難しかっただろうなあ・・
配役が上手い、もう村が実在する気になっていた。
この作品に対して「絶賛する!」とかそんなのは、無いのだけれど・・
新しい事への挑戦がいいのでは?チョット演劇でも観にいった気分になった。

これは、役者さん達は相当の苦労だと思う。
自分のパートだけ演技をするわけではない。
人が演じてるその隅っこでも村人を演じていなければならない。
ずっと・・・。
その隅っこだろうが、半分しか映ってなかろうが、後ろ姿・・だけでも、気合がいる。
全体の雰囲気がチョットした事で変わる。
良くも悪くも・・・。
観て良かった〜〜!の・・・感想ではない。。
が、確かに画面に釘付けにされた。先がどうなるのか!!
スリルが恐怖に変わったり・・見てる者の心を操る様な作品。

人間の汚い部分が月明かりに照らされる・・・。
ラストは・・・うっ。。。( ̄x ̄;)

一生忘れられない!と言う感想をすごくたくさん聞くのだけれど・・
忘れないかもしれない・・が、もっと忘れられない話が私にはあるので・・・(-_-;)又後に感想を述べてみたいと思いますが・・

私の場合、自分が良かった作品しか書かない。
だから・・辛口が少ない・・・。
何故なら。。好きな作品の事しか語れない性格。。

書け!と言われる立場になれば、勿論書くのだけれど。。
あえて趣味の部屋には入れないのかも・・?。。。
だけれど・・・これは、何故観たのか?の後は、何故書いたのか?
この作品を好きではないのに・・

強烈な印象があったのは、事実だ。

他人を受け入れる、許す。。時などに起こる『勘違い』・・
自分が圧倒的に強い立場になるという事。
それは、勘違い・・・に見えた。
その勘違いから相手を蔑み傲慢にふる舞う・・事になる。
最も見たくない人間の悪い部分が物語全体に練りこまれていたのかもしれない・・。

何処かにありそうな町だった・・・・。
そう・・何処にでもありうる話しなのかもしれない。
エンドロールの衝撃は、今までに知らなかった・・悪夢の様な現実だった。

良心や勇気を忘れたくない・・だから
書いたのだろうと思う・・・。


にほんブログ村 映画ブログへ


ランキング&検索


almond867 at 23:27│Comments(8)TrackBack(14)た***** 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画鑑賞記:ドッグヴィル(DOGVILLE)  [ おえかき上達への道 ]   October 20, 2004 00:51
追記記事作成しました。(3/23) ドッグヴィル(DOGVILLE) 舞台のようなセットが独特なこの作品。 ドアはないのにドアを開けるとギイーと音もなるし、 犬の絵だけなのに犬がいることになっているし。 しばらくすると全く気にならなくなり深い眠りへと・・(コラ・・ プロロ
2. DOGVILLE  [ 雑文 ]   October 24, 2004 23:11
ドッグヴィル 舞台は山あいの小さな田舎町「ドッグヴィル」。マフィアに追われて村に逃げ込んだ美女グレースが村人の一人の発案により匿われる事になり、一旦は村人達との間に信頼関係が生まれるも徐々に村人達の心の闇にさらされて…という話。...
3. DOGVILL  [ 叫ぶ ]   December 07, 2004 14:02
プロローグ〜第9章となる構成で、映画を見ているというより"演劇"を見ているよう セットは必要最低限の物だけであり、床に白線を引き、壁も扉も屋根もなく役者はパントマイムでドアをノックし演技を行う プロローグ:町とそこに住む人々の紹介 第1章:トムが銃声を聞き、グレ
4. 初めて口にする料理  [ 映画侍 ]   April 26, 2005 17:59
海外旅行などに出掛けると必ず目の前には“未知なる食物”がテーブルに並ぶ。見た目や香りで想像がつく物やMENUの名前から察しがつくものがほとんどだが、それらに混ざり“未知なる食物”が紛れている。もちろん自ら望んで想像もつかない物を選んでるのだが。 口に入れる
5. 映画鑑賞感想文『ドッグヴィル』  [ さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー ]   May 02, 2005 23:57
さるおです。 『DOGVILLE/ドッグヴィル』を観たよ。すごいね。この映画はすごい。 監督は『THE KINGDOM/キングダム』シリーズ、『BREAKING THE WAVES/奇跡の海』『DANCER IN THE DARK/ダンサー・イン・ザ・ダーク』のデンマーク人、ラース・フォン・トリアー(Lars von Trier)
6. ドッグヴィル  [ つれづれおきらく ]   May 10, 2005 23:45
電車から投稿。→したものを1つにまとめた。 久しぶりにすごい映画を見たって気分。あの平面に白線がかかれただけの舞台が話題だけど、それが珍しいだけの実験映画ではない。 ニコール・キッドマンって良い映画を選んでるよなぁ。トム・クルーズも。この元夫婦はすごいと思
7. ドッグヴィル  [ ケイティの映画的生活 ]   July 21, 2005 14:27
 DOGVILLE [監督・脚本]ラース・フォン・トリアー [出演]ニコール・キッドマン     ポール・ベタニー     クロエ・セヴィニー     ローレン・バコール     パトリシア・クラークソン     ベン・ギャザラ     ジョン・ハー
8. 「ドッグヴィル」  [ 誰もが十字架を背負っている ]   August 03, 2005 20:10
「ドッグヴィル」レンタルで観る。うは〜っ・・・・・なんという映画だろう!(u_u:奇抜な演出、奇抜なストーリー、奇抜な展開、そして奇抜なラスト・・・二コール・キッドマンはこの役をとてもやりたがっていたらしい・・・ショッキングな1本だった。ストーリーは9つの展
9. 『ドッグヴィル』(☆☆☆☆)  [ ど風呂グ ]   August 09, 2005 22:09
いや〜、何か強烈な映画だった・・『ドッグヴィル』。 途中までは、今年のワーストムービー『キングダム・オブ・ヘブン』を 超えるのではないかというくらい、嫌な展開だったんだけど、 終わってみたら☆4つの高得点!あっという間の3時間でした。 この映画、大掛かりな...
醜悪なカタストロフ  ベルトルト・ブレヒト(Eugen Berthold Friedrich Brecht;1898-1956)の三文オペラに、「海賊ジェニー」という劇中歌が登場する。 皆さん、ご覧の通り今のあたしは皿洗い どなたのベットもつくるわよ。 一ペニー貰ってヘイコラするわ ぼろを着て、...
11. ドッグヴィル  [ 土曜の夜、27時 ]   August 25, 2005 22:58
 地面に線を引いただけで家を表すなど、殺風景なセットで話題になった映画。  グーグル検索してみたら、この映画は「人間とはなにか」を問うている、という感想が多い。僕がこの映画を見て気になったのは、かなりキツイ描写よりも、何もかも先回りして言ってしまうナレ...
12. ドッグヴィル  [ 土曜の夜、27時 ]   August 25, 2005 23:00
 地面に線を引いただけで家を表すなど、殺風景なセットで話題になった映画。  グーグル検索してみたら、この映画は「人間とはなにか」を問うている、という感想が多い。僕がこの映画を見て気になったのは、かなりキツイ描写よりも、何もかも先回りして言ってしまうナレ...
13. 『ドッグヴィル』 ラース・フォン・トリアー監督  [ ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 ]   November 22, 2005 00:58
鬼才トリアー監督が造った、「地味な日常から表面的な落ち着きを剥ぎ取り、その奥に潜むどろどろした人間の本性を裏の裏の裏まで引きずり出して見せつける」入魂の一作。日本では「いやぁ、すんげー激濃で重い内容。もう満腹で吐きそう。たまらんわー」という感想が多いみ...
14. ドッグヴィル/ラース・フォン・トリアー  [ 文学な?ブログ ]   June 06, 2006 00:43
白線で区切られただけの空間が村を表現しています。人間の傲慢さや残酷さを強調する異様な映像。それはまさに社会の縮図でした。 田舎の小さな村に突然現れた美しい女性グレース(ニコール・キッドマン)。平和だった村は、人々のエゴによって徐々に様相を変えて行きます...

この記事へのコメント

1. Posted by さるお   May 04, 2005 03:57
さるおです、こんにちは。
nicocoさんがおっしゃるように、エンドロールは強烈だったね。やっぱり映画って、エンドロールまでちゃんと観て、劇場が明るくなるまで、全てが作品の"部分"ですよね。
ところで、ポール好きなんですか?『キス★キス★バン★バン』のポールってすげーかっこよくない?
2. Posted by nicoco   May 04, 2005 09:24
>さるおさん
TBありがとうです(〃∇〃) それが・・皆がキス★〜を凄いいい!と言うので、観たいのですが、近くに置いてなくて・・(/_<。)もう、買ってしまおうかな?ポール好きですよ!ロック・ユーもツボでしたし♪COOLです♪いや・・観たいです!!最近はホントにエンドロール終わって明るくなるまでぜったい座ってます・・笑何が起こるかわかりません・・笑
3. Posted by ケイティ   July 23, 2005 08:10
TBさせていただきました
&TBありがとうございます!
エンドロールの写真強烈でした!
あーこんな風景もあったんか〜と
しみじみ見入ってしまった…!
役者さんたちはどんな舞台より映画より
どっぷり疲れたでしょうね…
役者さんたちに拍手☆
4. Posted by nicoco   July 24, 2005 00:20
>ケイティさん
何だか色々意見交換が激しかったですね・・^^;
大丈夫かしら?って・・チョット心配していました。
個々に意見は違いますからね。
多くの人の意見を知る事は凄く大切ですが、自分の意見は
意見ですしね。それぞれが・・
自分の感想として、皆が大切に持っていれば良いと思いますわ。
5. Posted by blue   August 04, 2005 10:39
コメント&TBありがとうございました。
>良心や勇気を忘れたくない・・だから書いたのだろうと思う・・・。
そうですね。そうだと思います。
親しくなるうちにどんどん図々しくなっていく・・・こういうことって私たちの日常にもありますよね。
拒否できない立場をいいことにゆすっているのと同じ。
「愛とは見返りを求めないもの」これが実行できない人がなんと多いことでしょう。

6. Posted by nicoco   August 04, 2005 21:29
>blueさん
こちらこそ!ありがとうございました!!
ホントに怖いですよねえ・・あの閉鎖的な集団は・・。
迷子にならない用にしないと・・(^_^;)
何だか凄く人の嫌な面を前面に出しての作品でしたね。
でも、皆さん名演技でしたよね。愛とは見返りを求めない・・。
ほんとですねえ・・・。
7. Posted by sambati   August 25, 2005 23:09
はじめまして。
僕もドッグヴィル観ました。これはまだ第1部だとは知りませんでした・・・。

ごめんなさい。トラックバック2回送ってしまいました。削除していただけませんか?お願いします。
8. Posted by nicoco   August 26, 2005 04:18
>sambatiさん
はじめまして♪
いいのです!トラックバックは今こちら側のシステムの問題ですので!
こちらこそすみませんでした。
ね〜〜・・そうですよね。こんな強烈な作品が!!と・・思います。
監督は凄く拘っていらっしゃるみたいですよねえ・・。
こちらからも後ほどTBさせていただきますね!少々おまちくださいませ
どうも、送信の調子が悪くて・・すみませんです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
THE SISTERHOOD
OF THE
TRAVELING PANTS
THE TRAVELING PANTS
私の大切な人達に
観てほしい作品
TRAVELING PANTS
comment♪
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
**MyblogList**
**BlogPeople**
RSS