June 09, 2004

ビックフィッシュ

bugf

人生なんて・・・お伽話さ・・・・・
お伽話のように奇想天外な人生を振り返る父とその息子の絆を描いた
心暖まるファンタジー。
ダニエル・ウォレスの著書『ビッグフィッシュ 父と息子のものがたり』を、「シザーハンズ」「スリーピー・ホロウ」のティム・バートン監督が映画化。

不思議な空想の世界を演出するのは、ティム・バートンはいつも、
天才的だと思っていた。

彼の作品は子供のイマジネーションと凄く近い関係にありそうな気がする。

この作品は、ファンタジーと現実の混じり具合も最高の出来だ。

実生活と幻想の世界、上手い具合に絡み合う・・・
いつものティム・バートン作品よりも一般に受けるのでは?
・・・と思ったりもした。

奥さんがホントに良かった。

どんなに作り話しだと思っていても・・
いや・・信じていたのかもしれない・・。
ホントに愛してる事が伝わる・・・。

夫婦や親子・・家族の絆を深く感じる作品だった。


自分の人生を面白くない毎日にしたくない・・

日頃から妄想癖のある私だけに・・感じるものが大きかった。

このお父さんは。。。

私の父に良く似ている・・・。

観た直後より・・後になって思い出す・・・
不思議な作品でもある・・・。

almond867 at 07:11│Comments(4)TrackBack(5)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ビッグ・フィッシュ(ユアン鑑賞)  [ おえかき上達への道 ]   July 11, 2005 00:04
ビッグ・フィッシュ ★★★★☆ 映画館で涙が出るのを堪えながら観たこの作品。 家でじっくり泣くぞと見てみたら、じわりとくるくらいで、 号泣には至りませんでした。でもじわじわとする感動は変わらず。 「恋をすると時が止まる」 このシーンは本当に感動。 言葉だけでな.
2. ビッグ・フィッシュ  [ 映画の休日。 ]   July 12, 2005 21:31
お伽噺のような奇想天外な人生を生きた父とその息子との絆を描いたファンタジー・ドラマ。これは、子供の頃を思い出させるファンタジーではなく、大人のための大人のファンタジー。
3. 『ビッグ・フィッシュ』  [ Rappikoの映画生活 ]   September 08, 2005 22:50
なんか不思議な映画だったけど、面白かったです。ここ!っていう感動ストーリーがあるわけではないこの作品。でも、気付いたら少し涙がこぼれてました。悲しいとかうれしいとかじゃなくて・・・なんだか、暖かい涙でした。
4. 映画『ビッグ・フィッシュ』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   November 02, 2005 03:04
原題:Big Fish  ??父と息子のファンタジーワールド?? ティム・バートン監督の最高傑作といって間違いないと言いたい。ファンタスティックな感動作品で文句の付けようもない。ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤール...
5.  ビッグ・フィッシュ  [ FRAGILE * CINEMA REVIEW ]   December 14, 2005 09:34
この映画について語る言葉を私は持ちません。私がいつも映画を見るとき、どこのシーンのなにがこうで、とか、いわゆる映画オタクの見方をしてしまうけれど、この映画にそれは必要無いからです。今まで比較的物語性の薄い映画を撮ることが多かったティム・バートンが、ここま...

この記事へのコメント

1. Posted by アウラ   July 11, 2005 01:41
こんにちは!
ティムバートン監督の作品というと手放しで駆け足で
観にいきたくなってしまいます。
いつもダークな魅力が素敵だから〜
と思ってたらダークばかりが彼の魅力ではなかったのですね!!
かなり、感動しましたです・・。
妄想癖、かなりあるかと思います、私も・・(笑)
2. Posted by nicoco   July 11, 2005 16:28
>アウラさん
ティム・バートンって不思議ですよね。
これは、ヘンに笑った。
ユアンが出てくるだけで、可笑しい・・笑
冒頭の活躍シーンでは、かなり映像の運びとか好きで・・。
この、無謀な男が好きです。
ホントに家の父に似てます。
いつも、なに言ってるのか・・全然わかりませんから・・・(^_^;)
3. Posted by rappiko   September 08, 2005 22:47
お父様に似ているなんて・・・素敵なお父様ですね!
でも、息子の気持ちもなんかよくわかる気がするんですよね。
ティム・バートン作品はこれが初めてでしたが、
先日『シザー・ハンズ』も鑑賞しました。
どちらもファンタジーの中にかなりリアルな現実がはさまれて
いて、それがこの監督の作品に惹かれる一つの要因なのかな〜
と思いました。
『チャーリーと・・・』も楽しみです♪
4. Posted by nicoco   September 09, 2005 03:09
>rappikoさん
お久しぶりです〜〜♪元気そうで良かったです♪
おお!ティム・バートン作品!これがお初でしたか!
これからたくさん楽しめますね!
仰る通り!かなりファンタジーだけの世界で終わらせない
ブラックな部分もありますよね。それが凄い入ってるのが
もうすぐ公開のチャーリーと〜ですね♪
チャーリー〜♪きっと楽しめると思いますよ♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
THE SISTERHOOD
OF THE
TRAVELING PANTS
THE TRAVELING PANTS
私の大切な人達に
観てほしい作品
TRAVELING PANTS
comment♪
**MyblogList**
**BlogPeople**