ついにやりました!!
平成版『褐色の弾丸』の異名を持つ力士!!松鳳山(しょうほうざん)関!
横綱・日馬富士を破っての大金星!!!
ちなみに、昭和版『褐色の弾丸』の異名を持つのは、『房錦』という昭和の力士。)



これまで、松鳳山関は、『横綱・白鵬に4回』・『横綱(大関含)・日馬富士に7回』
挑みましたが、いずれも惨敗の黒星でした。
・・・が、昨日、二日目の結びの一番にて、8回目の挑戦で、ついに横綱・日馬富士関を、
得意の突き押しにて、勝利しました!!!
勝ち名乗りを受ける時には、こらえていた涙が溢れ出し、『男泣き』をしていました。

松鳳山松 鳳 山 会 心松 鳳 山勝ち名乗り松鳳山男泣き

















































































この、松鳳山(29才)という力士は、老け顔で(笑)普段は一貫して、
表情をほとんど変えないという、『強面な力士』で有名なのです。
・・・が、ここまでぐちゃぐちゃに泣き崩れる表情には意外でした。

【普段のお顔】
松鳳山関














【土俵上でのお顔】
松鳳山 立ち合い