ハワイ島より

ハワイ島のヒロから、アロハスピリットを込めて・・・

2005年06月

バイカー天国

ab4229b9.jpg
ハワイを車で走っていると、バイクでツーリングしている人たちをよく見かけますね。
常夏の島ですし天候も安定しているので、バイカーには天国なんでしょう!そういえば、コニシキさんや武蔵丸さんも、ハワイに帰ってくるとバイクに乗っているというのをテレビで拝見したことがあります。
さて、バイク好きにはたまらない「Harley Davidson=ハーレー」。
もちろん、ハワイでも大人気。そして、HiloとKonaには、この憧れのハーレーを簡単にレンタルできるところがあるんです。
HiloのHarleyは空港を出て、11号線を右折して約500メートル程度行った左側の「Waiakea Square」内にあります。
私はバイカーではないのですが、知人に頼まれてこの場所を取材に行きました。
店の外には巨大なバイクが何台も止まっていて、「いかにも」のAmerican Bike Ridersのおじさん、おばさんたちが店内でおしゃべりしていました。
ちょっと怖い雰囲気・・・だったのですが、見かけによらず?彼らは本当に親切で優しいのです。
店員さんたちも気さくで、フレンドリー。アロハスピリット一杯の笑顔で迎えてくれました。
大柄の人が多いバイカーの皆さんですが、ハワイの日差しにこんがりと焼けたたくましい腕があってこそ、あの巨大なバイクは乗りこなせるんだろうな〜と納得。
 
店内にはバイクはもちろん、パーツやアクセサリー、そしてバイカーファッションも沢山販売していました。
2003年はハーレイが誕生して100周年だったそうで、記念のTシャツなども売られていました。思わず、私も勢いで買ってしまいました!
 hiloharley02
さて、バイクのレンタルには、クレジットカード、日本の免許証、国際免許証があればOK。
ハワイはヘルメット着用の義務はありませんが、是非、着用していただきたい。話によるとハワイの道路は日本よりもスリップしやすいということです。
 
 
他、予約などについては直接お問合せをお願いします。
 
 
 hiloharley03
HILO HARLEY DAVIDSON
100 Kanoelehua Avenue
Hilo, HI 96720
(Hilo District)
Tel. (808) 934-9090
Harley's for rent.

KONA HARLEY DAVIDSON
74-5615 Luhia Street
Kailua-Kona, HI 96740
(North Kona District)
Tel. (808) 326-9887
Harley's for rent.

ところで・・・なんで、ハーレイに乗っているのって年配の方が多いのでしょうねえ?
 

ある日の夕食

026f57e1.jpg
ハワイに滞在しているときは、バケレンが定宿になっています。
バケレンのいいところは自炊ができること。
新鮮な食材をファーマーズマーケットで買い込み、毎日楽しく料理をします。
でも、たまにはいわゆるJUNK FOODを食べたくなることも・・・・。
Pahoaのストリートピザ屋でテイクアウトした直径50センチはあろうかと思うチーズたっぷりのピザと、セーフウエィで買ってきた冷凍のラザニアがこの日のディナーテーブルを飾りました。
付け合せはファーマーズマーケットで買った野菜やハーブたっぷりのサラダ。これでJUNK FOODの悪事は帳消しね。
飲み物は地ビールのMehana BrewingのVolcano Red Ale。フルボディでしっかりした味が特徴。アメリカの水みたいなビールとは大違い。
ビール好きの私には、最高の味なのです。
 ワインはPahoa Natural Groceryで購入した、オーガニック栽培のぶどうからできたイタリアンワイン。透き通るような琥珀色のワイン。う〜ん。大食の罪はこれですべて水に流しましょう。
 
ハワイは健康志向の人が多いけれど、こういうの食べたい人の食欲も、ちゃんと満たしていただけます。
いただきま〜〜す。
 

プナルウ海岸のカメ

ハワイ島で海亀を身近に見られるところは「プナルウ黒砂海岸」です。
ヒロからもコナからも、一時間半程度でしょうか?火山国立公園観光と同時に立ち寄るツアーが多いようです。
プナルウ海岸は、カラパナ黒砂海岸が溶岩流でつぶれてしまった後、注目を浴び観光地になりました。
でも、ここは海亀の保護区になっており、そんなににぎやかなところではありません。
緑海亀のサンクチュアリであることを示す、サインが掲げられていて、沢山のルールが書かれていました。
5bf9412b.JPG 
海亀たちは、真っ黒な砂浜にやってきては、のんびりと午後を過ごします。
波打ち際や、ちょっと深いところまで泳いでいくと、突然、カメが側を泳いでいることもあり、ここが彼らのお気に入りの場所になっているのがわかりますね。この写真は2005年2月に友人が撮ってくれたものです。
 
4〜5年前だと思うのですが、プナルウ海岸に初めて行ったときの出来事。
砂浜の一番奥手にボートを下ろすスロープがあります。
波が穏やかなので、私はそのあたりでシュノーケリングをしていました。
すると、側の岩の間に一匹の大きなカメが浮いているのを見つけました。
そのカメは岩に挟まって動きが取れないように見えるのですが、
もがいている様子もなければ、そこから脱出しようとしているようにも
思えません。
ただ、フワフワと波にもてあそばれているように見えました。
しばらく観察していると、周りに5〜6匹のカメが集まってきました。
大きなカメを囲むように、少し小さいカメたちが行ったり来たり泳いでいるのです。
この子達はいったい何をしようとしているんだろう?
 
すると、10歳ぐらいの女の子が泳いできて教えてくれました。
「このカメはもうすぐ死ぬのよ。力がないから外海にはいかないし、
潜ることもできなくて静かに岩場にいるの。
周りのカメは家族で、おじいさんガメを海へ連れて帰ろうとしてるんだと思うわ。」
彼女は近所に住んでいるそうで、毎日ここで遊んでいると言いました。
「そうっとしておいてあげてね。」寂しそうにそう言って、岸のほうへ泳いでいってしまいました。
風が冷たくなった夕方のプナルウ海岸は泳ぐ人もまばら。
死期を静かに潔く迎える年老いたカメと、その家族をしばらく見守り、私も帰途につきました。

カメと泳ぐ

ここは内緒の場所です。
観光客は立ち寄らないし、立ち寄れないところ。
だけど、ちょっと書いてみたくなりました。
 
なんと、カメと泳げる入り江がKapohoにはあるんです。
ここは、外海と細い水路でつながっている、小さな
池のような場所なのですが、潮の満ち干期とともに、
水路を通ってカメたち入り江にやってくるのです。
 d04dec7f.jpg
入り江の水は温泉と淡水の湧き水、そして海水が混じっていて、
深いところは氷のように冷たい淡水、水面は暖かい温泉・・・。
水面に浮いていると、いい湯だな〜♪ですが、潜ると驚くほど水温が変わります。
 
そして、水深が3メートル以上になるところも、底までクリアに見える透明度の高さなのです。
 
カメたちは、この入り江のあちこちで藻などを食べ、そして夜を
ゆっくりと過ごし、朝方になると外海へと泳いで行きます。
入り江はとても小さいので、大小さまざまなカメたちで
一杯になってしまうことも。
名前がついているカメもいるそうで、近所に住んでいる人たちからも
親しまれている様子。
 
私は近くの家に滞在し、この入り江で毎日、朝に晩にカメたちと
泳ぎました。
彼らにとっては、迷惑極まりないことだったでしょうけど、
カメを間近に見られることは、とてもエキサイティングで、そして和みました。
驚かさないように`ぽちゃん`と水に沈んで周りを見渡すとカメ、カメ、カメ!
の〜んびりと、みなもを漂う大きな木の葉のように。
プカ〜〜ンと浮いてくる小さな頭。そして「ぷは〜っ」と一息。
その「ぷは〜〜っ」がとっても抜けていて、気持ち良さそうで、
私も一緒に「ぷは〜っ」。自然に笑顔になります。
 
但し、どこでも同じですが、絶対に野生のカメには触らないこと!
向こうから近づいて来たら、こちらから距離を置くように。
カメはとても繊細です。ちょっとした感染症で、病気になり
他のカメたちにも伝染するそうです。
もちろん、サンスクリーンローションや、メイクもNO!
彼らのサンクチュアリにおじゃまするなら、尊敬の念を持って。
ロコが教えてくれたルールです。カメはハワイアンにとっては
神聖な生き物。そして、人生の先輩なんですね。
 
写真・・・・わかりずらいかもしれませんが、茶色っぽいのがカメです。
 
 
 
 
 

ハワイの地震

 
volcano日本は地震大国。様々な地下プレートがあちこちでくすぶっていて、毎日どこかで揺れています。
最近、関東でも大きな地震が多いですね。当然ですが、私も地震は苦手です。夜中だろうと、シャワーを浴びていようと、グラッと来ると外に飛び出す癖があるくらい。大きい地震が来たときのために、お水や食料もしっかり確保しています。
 
さて、ハワイ島はご存知のように火山の島。今も噴火を続け、日々島が大きく成長しています。熱い溶岩流がドロドロと海に流れ落ち、すさまじい勢いで蒸気を吹き上げるシーンが間近で見ることができるのも、ハワイ島の魅力の一つ。そんな「火山の島」ですから、当然あるんです、地震が! ハワイ島の火山観測所のHPでは、日々の地震のデータを公開しています。
たとえば、5月22日にPohoikiあたりでマグニチュード3の地震がありました。震源の深さは約0.5Km。ほとんどの地震が身体に感じないもののようですが、HPの中には「地震を感じたらレポートしてください。」というようなフォームもありました。
 
60b142f0.JPG数年前、Pu`u `O`o火口からの噴火がアクティブの頃に滞在したとき、私自身、地震を体験しました。

日本の地震とはなんとなく違っていて、それが地震だと気付くのに数分かかりましたが、ド〜ンという揺れがあるのではなくて、グググググ・・・と何か突き上げるような大きな波があって、その後、コトコトコトと長い時間、細かく揺れるような感じがしました。

ハワイ島には何度も来ていて火山のことももちろん知っていましたが、地震があるなんて想像もしませんでしたから、翌朝ニュースで地震のことを聞いて「ありゃ、やっぱり地震だったんだ!」って驚きました。
その日の夕方、日本から突然電話がありました。「火山が噴火してるんだって?大丈夫なの?帰ってこられるの?」
当時、ハワイ島の火山の活動は、数年ぶりに活発化していました。地震があったことも含めて日本で報道されたようで、驚いた家族が電話をしてきたのでした。
もちろん、ハワイでは噴火も地震も日常茶飯事のこと。
私はいつもどおりに、ハワイの滞在を楽しんで、そして赤々と燃える溶岩が海に流れるシーンも堪能して無事に帰国しました。

シャンペン-Champagne

efb3a4fd.jpgシャンペンはHPP(ハワイアンパラダイスパーク)で出会ったゴールデン・リトリーバー犬です。彼との出会いは2000年の5月にさかのぼります。滞在していたバケーションレンタルにあった家の建築の記録アルバムに、シャンペンの写真がありました。ソファーで寝そべっているシーン、ペンキ塗りを眺めている顔、荷物を運ぶ家のオーナーらしき人たちを見守る顔。。。建築中の家のところどころに彼は登場しており、写真の下には「Champagne」と犬の名前が書かれていました。以前私が飼っていた犬にそっくりで、ちょっと驚いてしまったくらい。その家には犬を飼っていた様子はなくて、オーナーは本土に行っていますから「この子はどこの子?」と聞くわけにもいかず。。。写真の中の犬は、とってもフレンドリーそうで、沢山の人々に囲まれてハッピーな笑顔を見せていました。 それから数日後、海岸沿いの小道を散歩するご夫妻の後ろを歩く、ゴールデンリトリバーを見つけました。あれ?Champagneじゃない?続きを読む
携帯からは・・
QRコード
Comments
AlohaSpiritです。
Aloha Spirit(33)
ハワイをこよなく愛し、いつかハワイに住むことを夢見るお調子者。
どこにいても、アロハスピリットを心に、元気に楽しく暮らせることに感謝しつつ。
どうぞよろしくお願いいたします。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ