October 2008

October 09, 2008

●brain【K.A.Z.】

 いよいよです。
 あさってのZEPP OSAKAが迫ってきました。ドキドキです。


 今となっては12日の大阪ラストもチケット買っとけばよかったなーと後悔。
 ( 当選はしてたのに… )


 さて、ちょっとでも予習的なことはできんもんかと思い、
 【 Faith Live 2006 】のDVDを観たんですが。


 いや、スゴイわ、K.A.Z.。





 Faith Liveは、VAMPSの前身の段階(同棲期間ね。笑)でしたが
 自分が最後にコレ見たのが、まだVAMPS結成前。
 なので、そんなに意識してK.A.Z.のことを見てなかったんですね。
 ( HYDEばっかり見てた…照 )


 VAMPSとなった今、改めてK.A.Z.を意識して見てみると、
 ホントに、バンドサウンドのブレーンとなって
 曲をまとめあげる位置にいるんだということが、よくよくわかりました。


 【 Faith 】の曲におけるアレンジ(レコーディング段階)や、
 【 666 】の曲のK.A.Z.が入ったバージョンのアレンジ(ライブ)。
 何気なく聴こえるプレイひとつで、曲の中で見えてる情景や景色が
 一気に広がりを見せたり、すごい緊張感を持ったり…。


 頭脳的であると同時に、論理や理屈を超えた
 感情や感覚的な部分で音を鳴らしてるなー、と。体で鳴らしてる。「体現」してる。
 そんな感じ。


 ひとつひとつの音に対するこだわりもすごく伝わってくるし。
 ライブだからといって勢いに任せて弾くわけでもない。でも、暴れるときは暴れる。


 そんな姿が、純粋にカッコイイなーと。
 HYDEが惚れこむのもムリないなーって(笑)


 音もヘッドホンで聴いてたんですが、
 ギターの音がちゃんと振り分けられていて、
 左からはラフに、アグレッシブに、ザクザクと切り込んでいくHYDEの音、
 右からは魔法のように曲を彩るK.A.Z.の音。(そしてうまい!)
 ふたりのサウンドが50/50で合わさることで
 会場の広さを遥かに超えるものすごい世界が広がる。
 とてつもないエネルギーが生まれる。


 そーゆーことだったんだ。。。










 あ〜わくわくしてきた(笑)

alone_en_la_vida at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VAMPS/HYDE 

October 02, 2008

●GALLERY 3

 第 3 弾!



2bf0a760.jpg 【 THE GHOST IN MY ROOM 】

















f57c71ca.jpg 【 L'heure 】

















08949990.jpg 【 LORELEY 】

















c7aa7a13.jpg 【 LOVE ADDICT 】new !

















be01b8d3.jpg 【 VAMPS 01 】omake !























 【 THE GHOST IN MY ROOM 】
 ん〜、、、フツーかな(苦)


 【 L'heure 】
 なかなかお気に入りです。excellent !


 【 LORELEY 】
 こんなのもおもしろいかなーと思って。
 自分の中ではちょっと新しい感じでできました。
 ( 本来の曲のイメージは夜じゃないんでしょうけど…)


 【 LOVE ADDICT 】
 たったこれだけの作品なのに、えらい時間かかりました(汗)
 やっぱりストリートっぽいのとかいまいち苦手意識がありますねー。
 苦手ならつくるな!って話ですけど(笑)


 【 VAMPS 01 】
 以前少し書きましたが“ Monthly VAMPS ”の
 [WANT YOUR ART]に応募した作品です。
 (そのまま載せちゃうと怒られそうなので
  お二人にはモザイクをかけさせていただきました)

  [ 作品に付けたコメント ]
   VAMPSは、そして全ての人間は、操り人形だ。
   何に操られている…?
   神に?悪魔に?天の定めた運命に?
   尽きない欲望に?植え付けられた本能に?人間の悲しい性(さが)に?
   …それとも、自分の内なる声に?

   ●お二人のなんだか虚ろな目を見て思いついた作品です。

 VAMPS(ってか、HYDEの頃)の曲の世界観を
 なんらかのカタチで表現してみようと、がんばってみたんですけど
 こういう世界観も表現するのが難しく、非常に苦しい感じです(笑)






 今回はこんな感じですかね〜。

alone_en_la_vida at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) artworks