March 2009

March 25, 2009

●DVDを観て。



 【DOCUMENTALY FILMS -Trans ASIA via PARIS-】

  なんかいろいろ言いたいことはあるけど

  やっぱり

  4人が揃うパワーっていうのは

  ものすごいものがあって

  今の自分としては

  4人がいてくれるだけで

  その様子が見られるだけで

  それだけでもう

  満足。





  感想でもなんでもないんだけど

  そういう想いが

  ただただ

  込み上げてきました。





  今日は

  これだけでも

  残しておこうと思って。














9f1fbde7.jpg

alone_en_la_vida at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) others 

March 03, 2009

●06.【 THE OTHER SIDE 】



  ※
  海は荒れ狂い
  俺が力尽きるのを待っている
  荒波のうねりへと 引きずり込もうとしているんだ
  でも まだあきらめない
  この世界に生まれついた
  本当の理由(わけ)を見い出すまでは…


  死装束を身にまとい 永い永い旅を続け
  数えきれぬほどの景色を 目の当たりにしてきた
  果てなくさまよい そして今 戻ってきたんだ
  擦り切れ 疲れ果てた魂と共に


  そして知ったんだ
  歓びなんてものは 花火のようなもの
  激しく燃えたかと思うと
  すぐに消えてしまう


  ※


  闇は光と共にあるもの
  目の前に苦難が待ち受けているなら
  俺は巧くやり抜けようとする
  だが 真に強い者たちは
  自ら苦難を受け止め そして乗り越え
  さらに強くなって進んでゆく


  俺が心から大切にしてきたものはすべて
  愛じゃない
  愛なんかじゃなかったんだ…!


  ※


  いつの日か この身が朽ち果てようとも
  必ず辿り着いてみせる
  そう あの対岸へと
  あの見果てぬ 向こう岸へと


  この胸に在る命の 真の意味を見い出して…









 【 HYDE BEST 】を記念して、
 6曲目に収められている
 【 THE OTHER SIDE 】を
 訳してみました。

 ※個人的解釈の入った「意訳」です。
  あしからず。



 すんごいカッコイイ曲ですよね。
 生で聴けたときは感動ものでした。


 そして詞が深すぎる。
 

 「 対 岸 」ってのはつまり、「 彼 岸 」のことでしょう。
 来世、または悟りをひらいた境地、涅槃。
 英語ではNirvana(ニルヴァーナ)。


 【 THE CAPE OF STORM 】では
 激しい嵐の中行く先を見失い、ただただ漂流するだけでしたが
 この曲は対照的に
 魂が擦り切れようと、肉体が朽ち果てようと
 凄まじいまでの意志で到達点へと突き進む様子が伺えます。


 HYDEが自分自身のことを歌っているとは
 100%言い切れませんが、可能性は高いと思います。






 さて、HYDE BEST。


 【 GLAMOROUS SKY 】もポイントですけど、
 もうひとつ。
 【 666 】って、CCCDでしたよね。
 音質がイマイチ。
 それがクリアな音で聴けるってことですよね?
 そのへんの聴き比べもちょっと楽しみだったり。


 あと、曲順。
 きっと本人が決めてるはずなので
 発表されているあの曲順でどう聴こえるか。






 あと2週間。
 楽しみに待ちましょう。














0877113d.jpg






 久々の作品です。
 しかもなぜか【 WORDS OF LOVE 】(笑)
 しかもBEST未収録(汗)

alone_en_la_vida at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VAMPS/HYDE | hyde