February 2010

February 02, 2010

● hyde直伝!カラオケ講座_02



 はいっ。


 前々々回からの
 カラオケ講座続きです。








 【 flower 】

 シングル曲って、聴きやすいだけじゃなくて
 どこかに引っかかりがないとダメだと思って。
 この曲では「like a flower〜」がその部分。
 ここで感情をぶちまけるように歌うと曲が生きてくるでしょう。
 そうすれば自然と他の部分も引き締まってくるだろうし。

 それ以外はけっこうノホホンと歌ってる(笑)

 あと、サビではリズム的に慌ただしくなるから
 振り回されないように。大きな気分で。




 【 "good-morning Hide" 】

 英語の発音と、最後の
 「Yes, everythhing is an imagination〜」が
 カッコイイ声でできればいいんじゃないかな。
 外人みたいな、サディスティックな感じで。




 【 the Fourth Avenue Cafe 】

 オケはいろいろ楽器が入ってくるけど、
 リズムにノッて楽しく歌ってください。
 踊りながら歌えばいいんじゃないかな。

 音程低めのAメロは、声のうねりを意識して
 強弱とか抑揚を見つけられるといいと思う。















 まだ続く!


霧の鉄塔







alone_en_la_vida at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) hyde | True