January 14, 2010

● hyde直伝!カラオケ講座_01



 これ、持ってます?



True01


True02




 【 True 】のバンドスコア。


 ラルクのはアルバム一通り(ベスト以外)持ってるんですけど、
 なぜか【 True 】だけ、巻末にメンバーによる各曲、各パートの
 解説やコメントが載ってるんですよね。
 歌のポイント、音作りや弾くときのコツみたいな。


 非常にレアな企画です。
 せっかくなので、ボーカルのポイントを
 「hyde直伝!カラオケ講座」と銘打って
 紹介してみようかと。


 みなさまのご参考になれば…


 (そのまま転載はしません。ポイント絞って箇条書きでいきます)







【 Fare Well 】

(どの曲にも当てはまることだけど)ファルセットは基本声がこもりがちで言葉が伝わりにくいから、言葉がちゃんと聞こえるように、大げさなくらいに発音してちょうどいいと思う。

一発目の「どんなに〜」が一番重要。カリッとしたこもってない音じゃないとグッとこない。逆に最初が良ければ、あとはなんとでもなるって感じ。




【 Cares of Venus 】

曲自体に退廃的な雰囲気があって、世紀末的な部分を感じた。だから、唯一の救いの光みたいな気分で、少し偉そうに歌ってる。救世主にでもなったように。

一番お気に入りの部分は「 Cares of Venus 素直なまま 口づけたら さぁ お気に召すがままに 」。以前の自分なら女っぽく歌ってたと思うけど、今回は人を見下したように、ちょっとクールに歌ってみた。

後半サビの転調&1音上がるところは少しシャウトぎみにするとちょうどいいかな。




【 Round and Round 】

今回のアルバムは「カッコイイ声」を入れたいという思いがあって、この曲は、声が消えかかるところを意識的にシャウトして歌ってる。声的にすごく気に入ってる曲。




















 続く!


DSC03060




alone_en_la_vida at 16:27│Comments(0)TrackBack(0) hyde | True

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔