(next new album)

December 01, 2009

● ココロオドル




 ここ1〜2年、
 テクノやエレクトロニカ周辺ばっか聴いてて、
 意識は完全にそっちに行ってて。
 今年だけでCD100枚くらい聴きました(うち7割は購入)
 いや、ラルク関係もちょくちょく聴いてたけど。






 今日
 ラルク情報いろいろ、
 発表になりました。


 もう一瞬で
 一気に心を鷲掴みにされて。
 ぐわっ!てなって。


 ホントに自分の中には
 ラルクという血というか
 遺伝子みたいなもの(?)が
 流れてるんだなって。






 もうなんか、
 自然とドキドキしてしまうというか。
 眠ってた細胞が一気に目を醒まし
 それを渇望するような。
 そんな感覚。


 自分でもすごいびっくりして。


 心踊るって
 こーいうことだなって。















CD
















 さて、ニューシングル【 BLESS 】。


 オリンピックですよ。
 華があって夢があってキラキラした曲ならhydeさんですよ。
 (あーなんか「hyde」って文字打つのチョー久々!そしてめっちゃ嬉しい!嬉々)


 タイトルは一単語。
 「 祝 福 」
 ポジティブでキラキラで、幸せで夢がある感じ。眩しい。
 【 SHINE 】みたいな。


 NHKのラルクを選んだ理由、
 「世代や性別を超えて幅広く支持されるアーティストであることや、
 スポーツの魅力や感動を独特の表現力で伝えられることなどを
 最大のポイントとしました」
 とのこと。


 前半「世代や性別を超えて」まではいいとして、
 ラルクって「幅広く」は支持されてなさそうなんですけど…
 ま、選ばれたんだからなんでもいーや(笑)
 後半の「独特の表現力で」ってのは納得。すごい頷ける。


 どんな曲なんだろ!(飢々)






 そして。






 テッちゃーん!!!!!!!



 どーした急に!?
 慣れるまで相当時間かかるよ?


 「テッちゃん」って呼ぶには変わりはないんだけど…
 なんか…ねぇ(汗)


 はじめ「アーティスト名の変更」とか書いてあるから
 「ラルク・アン・シエル」とか「ラルク アン シエル」とか
 そーいう「 表 記 」のことかなーとか思いながら見てみたら…


 20年近くやってきてコレだもんなー。


 やはりラルクはラルクだったとしか…
 いろんな意味で(笑)







 改めて、
 これからもよろしくね、tetsuya。









pett






続きを読む

alone_en_la_vida at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 31, 2008

●Which One?

 「 永遠に沈む 」


 このフレーズを聞いて

 あなたはどっちの曲を思い起こすでしょうか?










 あとこの2曲、

 サビの歌メロに似たところがあるんですよね。



 「 日差しの中 」ってところと、

 「 真実が〜 」ってところ。



 つなげて歌えないこともないかも(いや、ちと苦しい?)

 ま、似てるってだけで、だからどーしたって話なんですが(汗)

 さて、その2曲とはどれとどれでしょうか?

 2曲ともホラーですね〜(怖)














343ebdf1.jpg













 関係ない曲ですが…(汗)

 【 LORELEY 】
 河の水面(みなも)です。
 本来は夜のイメージじゃないんでしょうけど。。。

alone_en_la_vida at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 30, 2008

●まとまらない。

 ラルクやらVAMPSやら。
 どっちに気持ちを持ってけばいいんだ…
 そしてなんて贅沢な悩みなんでしょうか(笑)



●【 NEXUS 4 】
 ドラム変態すぎる(笑)& カッコよすぎる!
 ユッキークレイジーすぎ。


●【 SHINE 】
 「 またハートに火をつけろ!」で生で聴いたあの曲がついに。
 優しくて馴染みやすい、人なつこいメロディ。
 そーゆーのってたぶん、できそうでできないんだと思うなー。
 やっぱりてっちゃんは「 良質なメロディ 」メーカーだと思う。
 スゲーっす。


●2曲ともキーあまり高くないから歌いやすそう。嬉しい(笑)
 やっぱり新曲が出る度に気になるポイントではあります。
 (【 DRINK IT DOWN 】は撃沈でしたから。汗 )


●同じく両曲ともギターソロが気持ちイイですねー。
 シングル曲の「いかにも〜」なギターソロって久々じゃないですか?
 自分の中では【 Link 】以来それらしいのがなかったので。
 【 DAYBREAK'S BELL 】は短すぎだし、
 【 Hurry Xmas 】はJAZZとして新しい試みって感じのプレイだったし。
 なので単純に嬉しいです。




○Monthly VAMPS vol.02

・Want Your Art、撃沈でした。
 密かにWEBが更新される日を待ってたんですけどねー。

 はい、応募したんですよ。
 仕事忙しいのに朝までかかってつくったりして。
 自分の中にない“ROCK”なエッセンスを
 無理無理に表現してみたんですけど。
 ダメでした。
 てか優秀作3点はROCKなの無かったですねー。
 ( あえてハズした、とか…?)
 応募点数はどれくらいあったんでしょう。

   ちょっとグチってもいーですか?
   最優秀作って、おもしろいしカッコいいし、
   表現もキレイで完成度も高いと思うんですけど。
   アレ別にHYDEとK.A.Zいなくても成立しますよね?
   キレイなイラストとして。
   せっかくならもっとふたりを活かす表現にすればいいのにーって…

 次号応募分の作品は … 余力があれば …(汗)


・note of K
 前半の話(音楽のこと)はめちゃくちゃ共感しました。
 分野は違えど自分とほとんど同じだなーって。(畏れ多くも…)
 (自分は広告デザイン/グラフィックデザインの仕事をしてます)
 「音楽」や「曲」を「デザイン」や「グラフィック」に置き換える感じ。
 違うところといえば、自分の仕事は
 カッコイイものばかりとは限らないってところでしょうか。
 それでも、自分なりに楽しさを見つけたり、
 こだわりを持って臨んでるつもりです。









9c8adf28.jpg





 スケッチ。

alone_en_la_vida at 17:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 13, 2008

DOWN to the Supermarket


 最近なんか忙しいです。


 昨日、晩飯の買い出しに会社の近くのスーパーに行きました。


 入った瞬間、
 【 なめらかに貼り付く感触〜 】って歌声が…
 有線かな?


 敷地も広いわけではなく、
 お世辞にもキレイとは言えない、雑然とした
 いかにも「近所のスーパー」って感じの店内。


 その空間になんて不釣り合いな楽曲…(汗)
 なんか気持ち悪い。。。


 まぁ、楽しく買い物できましたが(笑)


 会社に戻ってメシ食って、また黙々とパソコンに向かいましたとさ。

alone_en_la_vida at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 02, 2008

【 DRINK IT DOWN 】ひとくち感想

 どんな曲かいろいろ想像してたんだけど、
 見事に裏切られました(笑)
 期待通りの裏切りよう!カッコイイ!!


 ●またムズカシイ曲つくって(笑)

 ●イントロのメロディ不穏すぎる…

 ●hydeやっぱり歌うまっ。

 ●ギターの音がすごい。
  歪みすぎっていうよりツブれすぎ?粗いね。
  きついディストーション〜ファズ系?
  ギターは何使ったんだ…やっぱりシングルコイルPUなのか…?(怖)

 ●サビのベースラインがカッコいい!
  高めフレットからイッキに解放弦(かな?)に落とす感じが。
  あとタイミングも絶妙。完全計算づくの半拍ずらし。

 ●ユッキーが話してたとおり、テンポがとても気持ちいい。絶妙。

 ●間奏後のあそこ、3拍子ですか?すごいな…

 ●今回のCDジャケット、すんごい好きです。
  内側の歌詞のところとかヤバすぎる。




 【 DUNE 2008 】

 毎度楽しませてもらってますけど … 今回もやられました(笑)
 聴きどころはやっぱりhyde PUNK!


 ●イントロからすでに衝撃!ワウでツインギターですか!

 ●ギターソロかっけー!!さすがkenちゃんアレンジ!
  hyde PUNKさん、LIVEでもよろしくです(笑)

 ●てか、ひそかに【 海 辺 】のギターソロみたいなところあるよね?

 ●「砂丘にはもう誰もーーーーー」の後のシャウト(yuki PUNK?)がいい(笑)
  左右のスピーカーから交互に聞こえてくるのが◎


 レベルアップが目覚ましいhyde PUNK、
 こりゃ ”VAMPS ”にも期待していいってことかな?(え〜そっち方向?汗)

 PUNKで聴いているにも関わらず、【 DUNE 】改めていい曲だなーって。
 好きな曲です。











b8022ab5.JPG







 闇霧の工事現場。

alone_en_la_vida at 18:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 30, 2008

発売日までは聴かない!

 【 DRINK IT DOWN 】の発売日が近づいてきました。

 コアなファンの方々やLIVEに行った人たちは
 もう耳にしているんでしょうねー。

 自分は”THEATER OF KISS ”も未参加、
 住んでるところは”JACK IN THE BOX ”も
 ”DEVIL MAY CRY 4 ”のCMも放送されない地域のようで。

 要はまだ【 DRINK IT DOWN 】を聴いたことがありません。

 ラジオでもオンエアされたようだし
 YOU TUBEでも探せばいろいろあるんでしょうけど…

 やっぱり、CDの発売日に
 いい音で流すまでは聴かないようにしたいです。

 雑誌でのインタビュー読んだり
 ラルク関係のブログをあさったりしながら、
 いろいろ想像(妄想?)を膨らませる。
 これも一つの楽しみだと思うし。

 いや、早く聴きたいですよ?
 うずうずして仕方ないです。
 もちろんラルクは大好き。メンバーも大好き。
 hydeもてっちゃんもkenちゃんもユッキーも大大大好きです。

 ただ、自分の場合は、
 ラルクの「 曲 」に比重を置いているようで、
 初聴きの驚きを大切にしたいというか。

 フライングでパーフェクトな状態でないものを聴くというのは
 なんかイヤみたいです。
 ( LIVEで生音で聴けるのはこの上ない幸福なのでそれは別として… )

   その証拠に、
   ”JACK IN THE BOX ”が放送されない地域と知って
   悔しい思いをした翌日、【 DRINK IT DOWN 】が流れたと知って
   ホッとしている自分を見つけたり。
   WHAT'S IN?に歌詞が載ってたけど、
   はじめの2、3行読んで、まずい!と思ったのか
   無意識に雑誌を閉じてしまった自分がいたり。




 自分がラルクを好きになったのも
 【 花 葬 】という「 曲 」があったから。
 当時、ルックスを知らなくとも
 「 曲 」だけで虜にされてしまった。
 それだけ彼らの曲には力がある。

 その時の衝撃や「 出会ってしまった感 」みたいなものを
 ずっと持ち続けていたいんでしょうね、きっと。











d72d3a1c.JPG

alone_en_la_vida at 16:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)