花カメラ

゜ω゜)ノ ぃようこそソニーα900、α55、NEX-5、パナソニック DMC-G1を使うIT系社長(笑)の日記だったりします。

新しいブログスタートします

色々有ったというか色々有りすぎて今日まで遅れてしまいましたが本稼働する準備が整いました。10ヶ月遅れで・・・

アンドロイドアプリで「花カメラ」という同名が登場したので別の名前にしました。
名前は相変わらずの「マクロフォト」。
独自ドメインを取得しました。http://www.hanamacro.comと、以前の名前っぽいですが費用の安いドットコムで取得できる名前が限られているためこれにしました。

と、いうことで写真・カメラ系ブログ「マクロフォト」今日からスタート致しました。

アッという間に8ヶ月!久しぶりに帰ってきました

パスワードを探し、IDもすっかり忘れ、現在は他の場所で細々と写真以外のブログをやっています。

仕事の方も小さいながらもに歯車が動き始め、そこそこ生活できるようになってきました。
また写真の方も楽しみたいのでボチボチ投稿出来ればいいなと思っています。

と、いうことで今日は足利フラワーパークの藤。
5月中旬に行ったので花の状態は良くありませんが、遠目で見れば何とか見えますね。

11052401

11052402

11052403

デジタルカメラの格安データ復旧サービスなど始めています。
後日紹介したいと思っています。

これが本当のアップルティー

4年以上前こんなネタばかり掲載していた時期もありましたが、仕事が暇なので久々に掲載。
そんな私に仕事をプリ〜ズ。

これが本当のアップルティー

ボリュームライセンスでWindows7を導入してみた

過剰梱包にも程があるだろう。常識的に考えて・・・

右翼思想の芸能人 左翼思想の芸能人

7チャンネル×24時間×30日間以上録画可能 ガラポンTV予約開始
パソコンサポート業的には設置サービスで商売に結びつけたいですね。

アルコールはタバコ以上に発癌性が強い。



オリンパスが高級コンパクトカメラ発表

092001
センサーサイズは、フォーサーズよりも小さめ。
レンズの詳細や、画素数など一切未定。
高級コンパクトカメラではDP1x、FinePix X100の発表が続いていました。
銀塩時代の様に高級コンパクトブームが到来するかもしれませんね。


ペンタックスK-5を国内発表
092002

連写7コマと、何というか連写ばかりクローズアップされる傾向ですな。
それと、ソニー製のα55と同じセンサーを搭載したようです。

このミドルクラスという物は操作性、ファインダー性能、AF性能等々要求される部分がエントリークラスとは比べものにならないくらい高くなります。

少々気になる点として、K-7同様十字キーに機能を割り当てられているところ。
コンパクトカメラの様に、ボタンの設置面積が少ないのは仕方有りませんが、ミドルクラスの一眼であれば俊敏に操作できるボタン配置が望ましく思います。

率直十字キーに、機能を割り当てるのは好きではありません。

写真も良いが、動画も素晴らしいα55



どうしてもYouTubeではカクカク再生する感じですね。
ハードディスクのファイルを再生すると、中腰で後ろ歩きしながら撮影していますが、歩いたときのブレは抑えられている感じです。

オートフォーカスもNEX-5に比べれば完成度が高い様に思えます。
NEX-5はピントが外れて再度合うまで時間がかかってしまうので。

ボディ内手ぶれ補正、意外なまでに効果有りますね。

スチール、ムービーと表現の幅が広げてくれます。
なかなか遊べるカメラですぞ。

看板に偽りなし。 スポーツ一眼α55

秒間10コマ。
当初はカタログ・スペック上での話だろうと思い、置きピン(ピント固定)の撮影で活用していました。
運動会も近づいてきたので、試しにコンティニュアスAF(動いている被写体にピントを合わせ続けるオートフォーカス)と、ワイドエリアフォーカスで10コマ秒を撮ってみるとアラ不思議。

意外なまでに命中率の高いオートフォーカス。

このα55、運動会レベルの競技であれば必ず満足できる性能を発揮します。
今回、望遠キットレンズDT 55-200mm F4-5.6 SAMを使い撮影を行いました。なんとなくSAMの方が速く感じます。
後日超音波モーター搭載レンズとの撮り比べをしてみたいと思います。

さて秒間10コマにおける横移動のAFもしっかりと食いつき、大きくフォーカスを外すことはありません。
また外した場合でも元に戻るのが驚く速さ。
古来より動体予測AFの作例でよく使われる近づく被写体にピントを合わせ続けるAF性能も申し分なし。

と、いうことで当社の「こども専務」が走っている姿を10コマ秒で撮りました。
この位であれば全く問題なくAFが追いつきます。

091901

次が正面移動の29コマ。

091202

小さな写真なので参考程度にもなりませんが全写真被写体にピントが合っています。
横移動の写真全21コマ百発百中。
正面移動写真29コマ百発百中。

それはそうとカメラ性能が良いからといって、ぶっつけ本番は避けた方がよいです。
このような写真を撮る前に、走る子供をファインダー内に納める練習をした方がヨロシ。

他にも走ることよりも速いロープ滑りの写真を撮りましたが、これもAFの追従がパーフェクト。
結構出来の良いオートフォーカス性能です。

と、いうことでパパママ向けカメラとしては充分合格点を与えることが出来ます。
あとは撮り手の技量を如何に上げるかということですね。

livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ