生き物日記

  今日7月21日は海の日です。海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日です。

 日本はぐるりと 海に囲まれていて、海で取れる食べ物だけでなく、気候風土にも多大な影響を与えられています。北海道は太平洋、日本海、オホーツク海に囲まれていて特に太平洋側は寒流の千島海流が豊富な栄養をもたらしてくれるおかげで、海産物が豊富に水揚げされます。暖流の対馬海流は津軽海峡を抜けて室蘭まで入り込んでいます。日本海側に流れる対馬暖流の分流は宗谷海峡を越えてオホーツク海沿岸を流れます。オホーツク海は北のほうから流氷をもたらします。こういった海流によって北海道の周りには暖かい場所に住んでいる生物から冷たい場所を好む生物まで様々な種類が豊富に生息、生育しています。
 日本海側に冬にもたらされる雪は海がないとほとんど降りません。この雪によって、北海道の大地は春から夏にかけて渇水の心配がなくなります。梅雨もない、台風もほとんど来ない北海道に豊富な水をもたらしてくれるのは雪であり、海のおかげなのです。
 また、海は大きな荷物を運ぶのに役に立ちます。北海道から本州、または世界に運び出したり、北海道に運ばれてくる物資は飛行機や鉄道もありますが、ほとんどは船による輸送です。

 普段、海のそばにいない人も内陸の町に住んでいる人も海の恩恵はたくさん受けています。日本の海に対する心を少しだけ考えてみてください。 

【北海道・札幌】家庭教師のアルファ プロ家庭教師 谷 

 庭のさくらんぼが色づきました。美味しいです(´∀`*)。
昨年は殆ど実がならなかったのですが、今年はたくさん実っています。
うちの木は隔年で実をつけるみたいです。前年は冬に枝が折れてしまったことと春の寒さが長引いたので、なんとなく出来が悪そうだと予想がつきました。今年は昨年のうちに枝を切っておいたのと、その割に花もたくさん咲いていたので期待していましたが、かなりの豊作です。
 松によく発生していた毛虫がさくらんぼの葉もよく食べるのですが、今年は出てきていないし、近年見かけていない気がします。(検索すると松毛虫というそうでマツカレハという蛾の幼虫だそうです。毒を持っているので危険です。)
 013

【北海道・札幌】家庭教師のアルファ プロ家庭教師 谷
    

もうじき夏至ですね。
おひさまが一番高いところに来ています。朝も3時頃には明るくなってきています。

毎年6月14,15,16日は北海道神宮のお祭の日です。別名札幌まつりと言って小学生は15日はおやすみでした(昔は)。 今年は日曜日で普通にお休みですね。母の話によると更に昔は全道的なお祭りだったようで、地方からも大勢人が集まる日だったようです。14日は宵宮(中島公園で屋台とサーカス)で、15日は本祭、16日はお神輿の日です。
今はだいぶ小規模になってしまいました。

毎年この時期は札幌を代表する木の一つ、アカシアが白い花をつける頃です。ここ札幌でこのアカシアと呼ばれているは木は、本名はハリエンジュと言って別名ニセアカシアという名前のほうがよく知られています。北海道は明治時代に多くの西洋人の御雇外国人によって寒冷地向きの農産業が盛んに取り入れられました。その時に多くの外来生物が移植され、その一つがこのニセアカシアです。街路樹として植えられていますが、ポプラもプラタナスも銀杏なども北海道にはもともと存在しなかった植物ですが、もうすでに市民権は得ているようです。自然保護の一環として外来生物の排除が叫ばれるこの頃ですが、人間によって運ばれてくる生物は土着生物との関係でいずれ淘汰されていくでしょう。
 
【北海道・札幌】家庭教師のアルファ プロ家庭教師 谷    

このページのトップヘ