根雪になりそうな雪が降ってきました。

もうすっかり木々も葉を落としてしまいましたが、近くの神社の大きな銀杏は早くに黄色くなっていてとても綺麗でした。うちの本社前の銀杏並木は他の場所に比べ最後まで黄色くならず、葉も落とさず頑張っていました。

紅葉は、緑色の葉が枯れ落ちる前に葉緑体が分解され緑色がなくなった時に、元からあった黄色い色素や赤い色素、新たに作られた赤い色素によって葉が赤や黄色に見える現象です。

赤い色素は主にアントシアン系の色素で赤や、赤紫、紫色を発色し、黄色い色素は主にカロチノイド系の色素でカロテン類やキサントフィル類が黄色に発色します。

アントシアンは語源的には「花の青緑色」という意味で、シアンは色で言えば青緑色のことなのですが、植物によっては青や赤や紫色を呈することになる色素の総称的な名前です。紫陽花の色もアントシアンなので、pHやその他の化合物によって発色はその時の条件によって変わります。紅葉の時はすごく赤いのですがね。

黄色の方のカロチノイドは、人参のカロテンによって赤っぽいイメージが有るのですが、枯れ葉になるこの時期のカロチノイドはたいてい黄色なんですよね。


11/6
 043
044

11/13
067069

11/20
034
 
11/27
012014
 
12/11
077

Before After
045
078

 【北海道・札幌】家庭教師のアルファ プロ家庭教師 谷