2021年02月10日

(254)コロナの後には・・・

◎ もはや限界!?

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスから

マーケティングのヒントをお届けする『マーケティング小咄』。

 

今回のテーマは、事業戦略。

 

 

もはや人災としか思えぬコロナ禍。

本稿執筆中の2月も、東京は緊急事態宣言が継続中。

 

軸が定まらず、ブレまくりの政府の対策は

新規事業の失敗パターンを見るが如し。

 

1年前、未知のウィルスへの対応ならばいざ知らず

これまでの知見が何も生かされていないとしか思えません。

 

 

さて、政策批判が趣旨ではないので

本題に戻しましょう。

 

既に、この1年間に企業も個人も疲弊しています。

それでも、人類共通の敵に立ち向かうべく

 

窮屈な規制を受け入れ、健康への影響も顧みず

唯々諾々とマスク生活を甘受しています。

 

 

多くの企業において経営状況は悪化し

個人の収入も大きく下落しています。

 

企業にとっても個人にとっても、限界に近い耐乏生活。

その源泉は、コロナ後の環境改善への期待。

 

戦時中の「欲しがりません、勝つまでは」という

スローガンを想起するのは、筆者だけではないでしょう。

 

 

◎ さらなる悪化

 

では、果たしてコロナ終息の暁には

以前のような経営環境、雇用環境が戻るのでしょうか。

 

少なくとも、もはやどん底と思える今日の状況が

改善されるのでしょうか。

 

残念ながら、期待できません。むしろ、経済環境は

更に悪化して、大恐慌すら懸念されます。

 

 

それを防ぎ、変化を機会に転換するためには

大幅な財政出動が必要となります。

 

旗振り役となるべき財務相が「将来世代にツケを」

などと子供だましを吐かす政府に期待はできません。

 

現在、不十分ながら実施されている様々な

支援対策も、順次打ち切られて行くでしょう。

 

国民の足を引っ張ることはあっても

政府主導の経済回復など、期待すべくもなし。

 

 

企業も個人も、今、必要なことは

更なる環境の悪化に備えることです。

 

政府の二の舞とならぬよう、環境変化に備えた

ブレない戦略を構築することです。

 

環境が変わるのですから、進むべき道は

従来の延長線上にはありません。

 

市場、顧客、用途、技術など、全方位に目を向け

新たな道を探索し、切り拓かねばなりません。

 

 

既存事業と雖も、新規事業と同様の調査と分析が

不可欠であり、その上で戦略を再構築します。

 

コロナさえ終息すればという楽観は禁物であり

必要なことは悪化を想定した的確な備えです。

 

コロナ下でも順調に業績を伸ばす企業もあります。

多くは業種や業態ではなく、意識と対応力の差です。

 

今できることを、できるうちに。

その意識こそ、最も重要な経営判断と言えます。

 

 

今日の一言:  楽観は 捨てて備えよ コロナ後に

 

 

新規事業のご相談、セミナー・執筆のご依頼はお気軽にどうぞ。

AlphaMarketing Corporation


254












不要不急の・・・。



alpha_marketing at 23:59|PermalinkComments(0) 新規事業 

2021年01月13日

(253)余白の効果

◎ 2つのスイッチ

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスから

マーケティングのヒントをお届けする『マーケティング小咄』。

 

今回のテーマは、ワークスタイル。

 

 

筆者は新規事業を専門としたコンサルタントとして

活動を始めて20年近くになります。

 

定期契約の顧問先、スポットでのコンサルティングに加え

持ち込み案件を含め、常時数十の案件を抱えています。

 

それだけの件数をどのように対応しているのか。

多忙で時間が足りないのではないかとのお声を戴きます。

 

 

結論から言えば、様々な案件に混乱することも無ければ

時間に追われることもありません。

 

家族との時間も十分確保していますし、趣味の料理や

バンド活動なども大いに楽しんでいます。

 

もちろん手抜きをしているわけではありません。

仕事で手を抜けば、長年続けられるはずもありません。

 

 

では何故そんなことが可能かといえば、偏に切り替えが

上手くできているのではないかと自負しております。

 

案件ごとの切り替え、オンとオフとの切り替え。

これを場面に応じて瞬時に行っているのです。

 

かつての会社員時代からの習慣や

独立後の経験に培われたものでしょう。

 

これにより、時間効率が飛躍的に向上します。

ですから、仕事も趣味も充実するのです。

 

 

テレワークという新しいワークスタイルでは

時間管理の考え方が重要となります。

 

キーワードはスイッチ(切り替え)。あくまでも筆者の

やり方ではありますが、ご参考になれば幸いです。

 

 

◎ 集中と余白時間

 

筆者はコンサルタントとして独立する以前

15年間会社員として7社に勤務していました。

 

何れも新規事業の立ち上げやマーケティング分野で

常時複数案件を並行して担当していました。

 

昼は社内外の打ち合わせや電話対応でいっぱい。

就業時間後に企画を練ったり資料を作成したり。

 

当然のことながら残業も多かったのですが

好きな仕事だったので苦には感じませんでした。

 

とはいえ、時間に追われている感は否めず

効率を上げ内容を充実させたいと考えていました。

 

 

当初はちょっとした課題があれば

手当たり次第に対処していくというやり方でした。

 

なにしろ抱える案件が多かったので

それが一番早い対処法だと信じていました。

 

状況としては、自ら時間をコントロールしておらず

仕事に急き立てられていたという状況です。

 

案件ごとに頭を切り替えることに慣れたとはいえ

集中するまでにはある程度時間を要します。

 

その間に、別の案件が持ち込まれれば

効率が悪いこと甚だしいのです。

 

 

そこで、自ら時間を区切り、1コマ45分を目安に

業務内容を区切って、個々の案件に集中します。

 

来客予定も含め、その日必要な時間を確保し

必要に応じて会議室に籠って雑音を排しました。

 

日中は、敢えてある程度の余白時間を残し

突発的な要請にも対応できるようにしました。

 

これだけで、日中の時間がかなり効率化しました。

アフター5の企画も、グラス片手にということも。

 

集中力を高めたこともさることながら

余白時間が効果的だったように思います。

 

 

独立して間もない頃は、気持ちの余裕がなく

スケジュールを埋めることに意識が向いていました。

 

結構、時間に追われた時期があったのですが

この経験を想い出し、余白時間導入で改善しました。

 

 

◎ オンとオフ

 

先の例は、案件ごとの切り替えですが

次はオンとオフとの切り替えをご紹介しましょう。

 

会社員時代を振り返ると、新人時代から

比較的自由裁量で活動させて戴きました。

 

市場調査と称した外出や直行・直帰も報告のみ。

時にはプライベートな時間にも充てていました。

 

制度があったわけではありませんが、寛大な上司の

お目溢しもあり、自主的にそうしていました。

 

 

とはいえ、当時を振り返れば実質的な労働時間は

社内でも最も長い方だったのではないかと思います。

 

加えて、相応に実績も上げていたので

大目に見てくれていたのでしょう。

 

或は「あいつを縛っておくと面倒だから、勝手に

泳がせておけ」が本音だったかもしれませんが。

 

ともあれ、自由な活動で成果を出せた秘訣は

オンとオフの切り替えにあるように思います。

 

 

仕事の案件ごとに切り替えて集中するのと同様

プライベートの時間も集中して楽しみます。

 

時にリラックスしたい時であっても

リラックスすることに集中します。(わかるでしょうか)

 

ただし、そうしたプライベートタイムに

不意にビジネスアイデアが浮かぶこともあります。

 

その時、一瞬だけそこに意識を向け

メモなど残して、本来の目的に集中します。

 

 

イメージとしては、意識の8割を今過ごすべき

時間に集中し、少しだけ意識に余裕を持っておく。

 

すると、無意識に近いアンテナが有用な情報を

キャッチすれば瞬時に切り替えるのです。

 

ですから、オンもオフもシームレスで繋がり

全ての時間を犠牲にすることなく活用できるのです。

 

極端に言えば24時間オンタイムでもあり

全てが自由時間でもあるのです。

 

 

現在も、常に全ての案件を考えていたらパンクします。

常時念頭にあるのは定期クライアントのみです。

 

スポット案件は、あくまでその場でのアドバイスのみ。

ストック案件は、必要に応じて引き出します。

 

細目は無視して、製品やサービスであったり、

人であったり、ポイントのみ記憶しています。

 

オンとオフの切り替えと同様

その場に応じて必要な情報は随時引き出します。

 

 

例えば、新型コロナの感染対策であれば

関連の医療機器、除菌設備、医療サービスなど

 

多岐に渡るストック案件や過去の経験から

関連したものを抽出して活用します。

 

 

◎ 新時代のワークスタイル

 

こうした現状で、スケジューリングは

空き時間を十分に確保することから始めます。

 

その上で、クライアントへの訪問や調査などや

プライベートの予定を順次入れて行きます。

 

全ては同等に必要な時間であり

場面に応じてオンとオフを素早く切り替えます。

 

ですから、私のスケジュールは余裕度が高く

空き時間は読書や自由な発想に充てられます。

 

時には昼寝や昼飲みもします。

有効に使えばリフレッシュ効果は絶大です。

 

 

テレワークにおいて、最も重要なことは時間管理。

ポイントは、スケジュールに余白を設けることです。

 

目標とする成果から逆算して、必要な時間のみ確保し

後は自由な時間と割り切るべきです。

 

私のように、オンとオフを共存させるには適性や

多少の慣れが必要かもしれません。

 

少なくとも、オンタイムを集中することにより

仕事の効率は格段に向上し、成果に直結します。

 

如何に自由時間を確保するかという視点に立てば

オフタイムも充実し、快適な時間を過ごせるでしょう。

 

 

自由時間は、趣味に興じるもよし、外出するもよし。

読書や勉強に充てるのも良いでしょう。

 

いつもとは違った人と語らい、違った視点から

社内外や市場の環境を俯瞰するのもお勧めです。

 

折角の新しいワークスタイルですから

有効に利用したいものです。

 

 

今日の一言:  切り替えて 余白楽しめ テレワーク

 

 

新規事業のご相談、セミナー・執筆のご依頼はお気軽にどうぞ。

AlphaMarketing Corporation


253
















余白が大切・・・。



alpha_marketing at 11:43|PermalinkComments(1) ビジネススキル 

2020年12月08日

(252)コロナだからこそ新規事業!?

◎ その差は何処に?

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスから

マーケティングのヒントをお届けする『マーケティング小咄』。

 

今回のテーマは、コロナと新規事業。

 

 

2020年も残すところ3週間余り。

振り返れば、コロナに終始した一年でした。

 

本来であれば、東京オリンピックで沸き返るはずが

世界規模での経済収縮と、大きな混乱の年でした。

 

こうした中、企業の新規事業への

取り組みはいかがでしょうか。

 

 

総じて言えば、予定していた計画を中止したり

延期したりした企業が多いのではないでしょうか。

 

筆者のクライアントを見ると、面白い結果が見られます。

2019年以前からお付き合いのある企業は

 

ほぼ予定通り新規事業の計画を推進している一方で

今年初めてご相談戴いた企業は計画を見合わせています。

 

 

見合わせの理由を伺うと、先行きが見通せないから。

または本業が不振で新規事業は後回しと仰います。

 

一見すると、確かにその通りと思われるかもしれません。

しかし、果たしてその考え方は正しいのでしょうか。

 

コロナによる経営への影響は、どの企業にも等しく

及んでいます。両者の差は一体何なのでしょうか。

 

 

◎ 先ずは意識を変えること

 

最も重要なことは、コロナ禍に伴い市場が変わり、環境も

ルールも条件も全てが一変したという事実の認識です。

 

テレワークのメリットを知った企業も労働者も、仮にコロナが

終息しても元のワークスタイルに戻ることはないでしょう。

 

外食や旅行、その他あらゆる生活場面。企業間の

取引においても、一過性ではない変化が生じています。

 

こうした状況下において、コロナ以前のビジネスが

同じ状態で旧態に復することは殆ど期待できません。

 

最悪の場合、市場が完全に消滅することさえあるでしょう。

ここでの採るべき手段はゼロベースでの見直しのみです。

 

 

通常時であれば、売り上げが落ちれば

そのビジネスの範囲内で対策を検討すればよい。

 

アフターコロナでは、まず徹底的な状況分析が重要です。

市場はあるのか、回復の余地はあるのか、活路は何処か。

 

自社が保有している経営資源は何で、想定する顧客は誰か。

提供できる価値は何で、市場のニーズはあるのか。

 

こうした分析、仮説設定、検証を繰り返しながら

事業の再定義をして行く必要があるのです。

 

 

その結果、商品の位置付けも、市場も、顧客も、競合も

従来とは全く異なる結果となったとしても不思議ありません。

 

この作業は、新規事業を構築していく過程と

何ら変わりないのです。

 

むしろ、既存事業の再定義の結果が

新規事業となるというケースもあるでしょう。

 

 

前述の既存のクライアントに対しては、コロナの影響を踏まえ

計画中の新規事業案件の再定義を実施したのです。

 

もちろん、その必要性は予め十分ご理解の上です。

だからこそ、予定通り計画を進めることができたのです。

 

 

さて、いつまでもコロナを嘆いてばかりでは未来はありません。

生き残りを賭け、新規事業の意識で切り拓きましょう。

 

 

今日の一言:  意識変え 事業見直し 道拓け

 

 

新規事業のご相談、セミナー・執筆のご依頼はお気軽にどうぞ。

AlphaMarketing Corporation


252




















道を切り拓け!



alpha_marketing at 18:29|PermalinkComments(0) 新規事業 

2020年11月05日

(251)音楽と料理と新規事業?!

◎ 趣味と仕事の関係性

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスから

マーケティングのヒントをお届けする『マーケティング小咄』。

 

今回のテーマは、新規事業的発想。

 

 

本ブログでも時々触れている通り

筆者の趣味はギター演奏と料理。

 

にわか仕込みではなく、何れも小学生の頃から

興味を持って取り組んでいるものです。

 

新規事業との関わりは、およそ社会人人生を通して

ですから、かれこれ35年になります。

 

もちろん、趣味も仕事も好きで関わっているのですが

その関わり方に共通点があるので、そんなお話を少し。

 

 

ギターは小学6年生の時に始め

中学時代には、初めてのバンドを結成しました。

 

以来、大学を卒業するまでずっとバンド活動を続け

オリジナル曲や、有名バンドの曲をカバーしていました。

 

後者の、有名バンドの曲を演奏する際

人によって対応は様々です。

 

 

大別すると、原曲を完全に再現することを追求する方と

原曲をモチーフとしながら自分なりの表現を目指す方。

 

善し悪しの問題ではなく、考え方の問題です。

あくまでも、演奏者個人の価値観の問題でしょう。

 

プロのギタリストでも、ライブにおいてご自身の音源を

忠実に再現される方もいらっしゃいます。

 

一方で、ステージ毎に全く異なる演奏をされる方もいます。

後者である私は、当然こちらを支持します。

 

むしろ、折角のライブでCDと同じ演奏をされたら

がっかりしてしまうというのが本音です。

 

筆者にとってギターは自己表現する為のツールであり

ライブは場のエネルギーを表出する手段だと考えるからです。

 

 

有名ギタリストのフレーズを真似して練習することはあっても

再現して演奏することに全く意義を見出せないのです。

 

常に自分なりの工夫やアイデアを加え

新しいものを表現して行きたいと考えているのです。

 

 

◎ 新規事業的発想法

 

もう一つの趣味である、料理についても

似たような考え方を持っています。

 

料理をする際、レシピを見ながら作る方がいます。

何度も作っている料理であってもレシピが手放せない。

 

レシピに記載されている料理が揃わないと作れない。

そんな方は意外に多いのかもしれません。

 

 

筆者の場合、レシピを見ることは殆どありません。

初めての料理に挑戦する際、参考にする程度です。

 

あくまでも、手元にある食材を見て何が作れるか、

或は食べたいものを想起して、必要であろう食材を調達。

 

その際必要なのはレシピではなく、自身の感性。

この料理に何を入れれば美味しいだろうか。

 

こんな調味料を入れたら美味しくなるのではないか。

食材が手元に無ければ、何か他のもので代用できないか。

 

 

このように考える過程こそ料理の面白さであり

時に少し狙いを外しても、リカバーすることもまた楽しい。

 

重要なことは、どんな出来上がりにしたいのかという

明確なイメージを持つことです。

 

それによって、過程はともあれ、結果として

何かしら美味しい料理に仕上がるものです。

 

レシピありきでは、出来上がりのイメージは希薄になりがち。

手順を間違えた際のリカバリーも難しいかもしれません。

 

 

新規事業においては、こうした柔軟な発想こそ

最も重要な要素であると言えます。

 

必ず上手く行くレシピなどどこにもありませんし

必要なリソースが必ずしも揃うわけでもありません。

 

そんなものを探している間に、タイミングという

非常に重要な要素を逸してしまうかもしれません。

 

今ある材料は何かをしっかり見極め

事業の出来上がりを明確にイメージすること。

 

全ては新規事業の成功に向け必要な発想法と

密接に結びついているようです。

 

 

今日の一言:  レシピより 感性磨き 創意せよ

 

 

新規事業のご相談、セミナー・執筆のご依頼はお気軽にどうぞ。

AlphaMarketing Corporation


251

























いかに表現するか・・・。



alpha_marketing at 00:30|PermalinkComments(0) 新規事業 

2020年10月04日

(250)目的は何か?

◎ ビデオ会議の限界

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスから

マーケティングのヒントをお届けする『マーケティング小咄』。

 

今回のテーマは、テレワーク。

 

 

コロナ禍に伴い企業活動の制約が長期化する中で

テレワークも常態化しています。

 

従来の勤務形態における無駄が排除され、働き方改革が

実態として進行したことは怪我の功名といえましょう。

 

改革は制度や掛け声ばかりでは進みませんが

危機に直面すれば、実行は否応なしといったところでしょう。

 

 

内外の多くの会議が、ビデオ会議に移行しています。

社内においては無駄な会議が廃されて行きます。

 

対外的にも、無用な表敬訪問がなくなり

双方にとって、これも良い側面だと思います。

 

 

社内であれば、殆どの会議が遠隔で事足りるでしょう。

しかし、対外的なものはそうは一様には参りません。

 

商談や交渉事、或は相手から情報を引き出したいとき

ビデオ会議では十分な成果は期待できないでしょう。

 

そこには場の雰囲気や、同席者、相手の表情や動作の

微妙なニュアンスなどが影響するはずです。

 

重要な面談はビデオ会議での実現は困難であり

事足りたとすれば、元々大した案件ではないということです。

 

その程度であれば、むしろ書面でやりとりした方が

行き違いが起こりにくいのではないかとさえ思います。

 

 

にもかかわらず、対外的な接触は一切禁止。

打ち合わせはビデオのみというケースも見受けられます。

 

更に問題なのは、テレワークに悪慣れした企業人が

自らの判断で勝手にビデオ会議で済ませてしまうケース。

 

とはいえ、成果が上がらねばいずれ職を追われることに

なるでしょうから、その際は自業自得というものでしょう。

 

 

◎ セミナーの現場でも

 

セミナーでも同様の現象が見られるようです。

当初、多くの企業が出張や会場参加の自粛を決めました。

 

多くのセミナー主催会社では

対応策としてセミナーのビデオ配信を開始しました。

 

 

徐々に自粛が緩和され、今ではセミナー等への参加を

禁止している企業はあまり見かけなくなっています。

 

ところが、実態としては、受講者の殆どは

会場受講ではなくビデオ配信を希望しているのです。

 

テレワークに慣れた身にとって、自宅で気軽に受講できる

スタイルを安易に選択している実態が見え隠れします。

 

 

筆者自身、講師として登壇していますが

ビデオでの受講で事足りるセミナーはそれなりということです。

 

多くの場合、知識提供型と想像され

関連の書籍に代替されるかもしれません。

 

一方、受講者が自ら考え、手を動かしたり、講師との双方向の

コミュニケーションはビデオ配信では極めて限定的です。

 

前者が学ぶことそのものを目的としているのに対し

後者はそれを成果に結び付けることを目的としています。

 

 

ワークスタイルの変化は、自らを磨く好機でもあります。

参加者が少ない今こそ、密なコミュニケーションが可能です。

 

もちろん、どこのセミナーでも万全な感染対策を取っていますので

安全確保の上での、心理的な「密」ですのでご心配なく。

 

筆者の経験上でも、ビデオ受講の方に比べ

会場参加のかたの意欲は旺盛なように見受けられます。

 

学ぶことが目的ではなく、それを実行して成果を上げることが

目的であるなら、ぜひ会場に足を運ばれることをお勧めします。

 

ちなみに、筆者のセミナーは会場受講、ビデオ配信を問わず

個別面談の機会を設けていますのでご活用ください。

 

テレワークという新しいワークスタイル。

活用して差をつけるも、単に楽する手段とするも自分次第。

 

折角の好機を、有効に活かしたいものですね。

 

 

今日の一言:  成長の 好機を活かせ テレワーク

 

 

新規事業のご相談、セミナー・執筆のご依頼はお気軽にどうぞ。

AlphaMarketing Corporation    


250














快適だけでは・・・。



alpha_marketing at 05:07|PermalinkComments(1) ビジネススキル