2011年07月

2011年07月31日

(番外) イブさん

週末は気軽に、ワイン&グルメ。
ワイン選びや、美味しい料理のセレクトはマーケティングに通じます。

身内のちょっとした祝い事の際、我が家の定番になっているのが
神楽坂のカフェバー、
イブテラスのロティスリーチキン。

Yves


西アフリカ、トーゴ出身のシェフ、イブさん。
自ら調理機の輸入も手掛ける看板料理は見た目にも華やか。

付け合わせの、香草の風味が効いたポテトと併せて皿に盛るだけで
パーティ気分を盛り上げてくれます。

余分な水分を飛ばしてカリカリに仕上がった皮と、丸鶏ならではのジューシーな身肉。
芳しい香りが拡がり、思わず手に取ってかぶりつきたくなります。

この味を求めて、かの三國清三シェフをはじめ界隈の名店のシェフたちが
閉店後に集う店としても知られています。

今回合わせたワインは、Villa Puccini Chianti Riserva 2006。
豊かな果実味が口中に拡がる、軽快な飲み口のミディアムボディ。

我が家では珍しいChantiですが、実に好相性。
ささやかなパーティを、イイ感じに盛り上げてくれました。

看板に偽り無し。料理ならずとも、自社を代表する製品やサービスが
大きな飛躍のきっかけとなることは珍しくありません。

自社の一番の強みを見極め、一点集中して行くこと。
ブランド・マーケティングの王道です。

ただし、気を付けなければいけないことは、何が自社の強みなのかの判断基準。
自らの想いばかりで無く、お客様の視点を忘れないことがポイントですよ。


★ 成功に導くブランド戦略は、ご相談ください。
  
Alpha Marketing Corporation


alpha_marketing at 04:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン&グルメ 

2011年07月28日

(95) 似て非なる・・・

◎ 混同されがちですが

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントをお届けする

『マーケティング小咄』。今回のテーマは新規事業と創業。

 

新規事業と創業、どちらも新しいビジネスを立ち上げるのだから

やることは同じだろうという話を耳にすることがあります。

 

結論からいえば、両者は全く別物であり、混同して考えると

取り返しのつかない状況に陥りかねません。

 

創業というのは、文字通り何も無いところから事業を興して行くのです。

そこには、初めて社会的責任が発生します。

 

自ら食べて行かねばなりませんし、従業員の生活も支えて行かねばなりません。

したがって、会社の存続こそが最大の目的になるのです。

 

創業計画を立て、実際に会社を立ち上げたところで、当初の計画通りに

推移することは極めて稀であり、多くの場合、見直しの連続です。

 

それでも、何とか会社を存続させることに執着し、諦めずに取り組んだ末

何某かの体制を築き上げた企業だけが、生き残ることができるのです。

 

その時の姿が、当初の創業計画とは全く異なる事業内容となっていたとしても

何の不思議も無く、ごく一般的なことなのです。

 

創業において重要なことは、創業者の強い意志とある程度の資金力であり

創業計画の緻密性は、さほど重視すべき要素では無いのです。

 


◎ 新規事業は見切ることが大切

 

一方の新規事業は、既に何らかの既存事業がある上での取り組みです。

既に守るべき事業や従業員、取引先など、多くの関係先があるのです。

 

新規事業は、あくまでも企業の新しい利益を生み出すための投資です。

失敗して、企業そのものの経営を脅かすようでは本末転倒です。

 

したがって、綿密な事前調査と、それに基づく事業計画が非常に重要となります。

この段階で、既に成否の50%以上が掛かっているといっても過言ではありません。

 

もちろん、それでも想定外の状況は少なからず起こります。

それに対し、計画を修正することも必要です。

 

ただし、創業の場合と大きく異なる点は、見切ることなのです。

創業の場合、会社を存続させることが命題でした。

 

新規事業においては、想定外の事項や計画の変更なども踏まえた上で

収益事業としての成否を判断することが重要なのです。

 

その上で、追加投資か撤退か。判断を誤れば経営を脅かしかねません。

計画が進行してしまえば、それまでの投資を惜しんで判断の目を曇らせます。

 

だからこそ、撤退基準を予め事業計画に盛り込むことが必要なのです。

忘れられがちですが、大切なポイントです。

 


今日の一言: 失敗も計画の内、新規事業



★ 成功確率80%の新規事業計画は、ご相談ください。
  Alpha Marketing Corporation


alpha_marketing at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新規事業 

2011年07月26日

(94) 新規事業の人材

◎ よく訊かれることですが

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントをお届けする

『マーケティング小咄』。今回のテーマは新規事業人材の育成。

 

新規事業を担当させるに相応しい人材とは、いかなる素養の持ち主か。

経営者の方からよく戴く質問です。

 

一般的にいえば、好奇心が強く、粘り強く取り組む意思と柔軟に発想する企画力。

そして何よりも、物事を肯定的に捉える人であることが重要でしょう。

 

新規事業においては、次々と未知の領域に出くわします。

いちいち否定的に問題点を探していては、一向に前に進みません。

 

ただし、これらはあくまでも一般論であり、新規事業にスペシャリストというのは無く

むしろゼネラリストで無ければ務まらないと言えるでしょう。

 

新規事業において必要な各要素である市場調査、営業開拓、利益計画など

それぞれの分野におけるスペシャリストは、既存部門の支援で事足ります。

 

しかしながら、新規事業の推進者は、それぞれの分野に精通してはいなくとも

実務に当たるスペシャリストの話を理解し、使いこなすことが必要です。

 

ですから、対外的な事象に限らず、社内の各業務の対しても関心を払い

肯定的に取り組む姿勢こそ重要なのです。

 

これは経営感覚に近いものと言えましょう。初めから身に付けている能力

というより、実際の経験を通じて育てるべきものなのです。

 


◎ 新規事業の人材育成法

 

筆者の経験を披歴すると、新人時代、商社の新規事業開発部門において

命じられたことは、一から新規事業の計画を立てること。

 

先ずは見本市やら、百貨店の催事やら話題のスポットやらネタ探しに奔走。

テーマを見つけたら、市場調査。図書館、現地、関係者へのヒアリング。

 

海外企業へのアプローチに際しては国際部の取締役に稚拙な英文を修正され

営業本部長に関連企業の紹介を依頼して、業界情報に関するインタビュー。

 

財務計画策定に当たっては、俄か勉強の知識を基に、金融機関出身の常務に

教えを請い、社長秘書から稟議書のスムーズな通し方を伝授され。

 

悪縁苦闘の末、でき上がった計画書の数々は、今から思えば噴飯もの。

実際に日の目を見ることはありませんでしたが、日々新しい発見の連続でした。

 

こうしたある日、社長が水面下で進めていた、社運を賭した大型案件が

正式契約に向けスタートし、プロジェクト・メンバーの末席に加わりました。

 

慣れない英語での会議では、契約条項に関する激しい攻防。
市場動向の調査から、販売計画の試算にリスク要因の分析。

 

文字通り、毎日が未知との遭遇でしたが、苦に感じることは全くありませんでした。

一通り、自分ひとりでやってみるという経験が、生きてきたのだと感じました。

 

改めて問うまでも無く、新人が作った新規事業計画に期待していたわけでは無く

新規事業の人材育成の手段であったのだと気付かされました。感謝です。

 


今日の一言: 経験が 人を育てる 新規事業



★ 失敗しない新規事業の人材育成は、ご相談ください。
  Alpha Marketing Corporation


alpha_marketing at 10:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 新規事業 

2011年07月20日

(93) 北陸三県

◎ 傍目で分からぬ実態も

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントをお届けする

『マーケティング小咄』。今回のテーマはセグメンテーション。

 

越中泥棒、越前詐欺に加賀乞食。

これは、ずっと以前、福井県にある取引先の社長に伺った言葉です。

 

もし無一文になった時、勤勉な越中(富山県)の人は泥棒を働く。

百万石城下でおっとりと育った加賀(石川県)の人は為す術なく乞食となる。

 

一方、楽して儲けようとする越前(福井県)の人は詐欺をするのだと。

極端な比喩ではありますが、非常に示唆に富んだ言葉です。

 

東京をはじめ、域外の方は北陸三県と一括りに捉えてしまいがちですが

その県民性は全く異なるということを仰りたかったのです。

 

ビジネスにおいて、これを見誤ると、的確な戦略を立てることができません。

 


◎ 正確な情報は現場から

 

マーケティングにおいて、対象市場を絞り込むセグメンテーションは

戦略を策定する上で基本となる、非常に重要な要素です。

 

生活必需品であり、地域戦略に重きを置く場合は北陸三県という括りで

問題無いケースもあるでしょう。

 

しかし今日、多くの場合、顧客の指向やライフスタイルに応じた戦略が必要であり

単なる地理的要素で一括してしまうことは危険です。

 

もちろんこれは、北陸地方だけの問題でも、地理的要素に限られた

問題でもありません。

 

市場・消費者のセグメンテーションをする際、一般的な認識やイメージ

或いは個人の思い込みに偏るというのは、よく陥りがちな過ちなのです。

 

特に、インターネットを通じて様々な情報が瞬時に得られる今日、二次情報だけで

知ったつもりになってしまうケースは、むしろ増しているのです。

 

マーケティング戦略上の重要事項であるセグメンテーション。

現場に赴き、現地の方の話を伺いながらしっかりと吟味すること。

 

そのぐらい、慎重に当たるべき重要な要素です。

努々怠り無く。

 


今日の一言: 現場見て、訊いて調べて検証を



★ 成功に導くマーケティング戦略は、ご相談ください。
  Alpha Marketing Corporation


alpha_marketing at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マーケティング 

2011年07月18日

(番外) メインを引き立てるストーリー

週末は気軽に、ワイン&グルメ。
ワイン選びや、美味しい料理のセレクトはマーケティングに通じます。

馴染みの魚屋へ行くと、イワシが何と1尾50円。
生鮮物は安い時が美味い時の原則にしたがって、香草パン粉焼きにすることに。

メインを決めたらそれに合わせてワイン選び。
暑いですから、どうしても泡物が欲しくなります。

そこで選んだのが、冷蔵庫に冷やしてあるカヴァ。
スペイン産のスパークリングです。

最近のお気に入り銘柄、"QU4TRO"のロゼ。
オシャレなデザインのボトルに、シャンパーニュ製法によるきめ細かな泡。

白もありますが、果実味豊かなロゼが断然お勧めです。
前菜からメインまで、これ1本で充分通すことができます。足りればですが。

Quatro


次は前菜をと考え、地元のお気に入りイタリアン"Angela"へ。
出来合いの総菜を買って来ることは滅多にないのですが、ここは別格。

何しろ、充実した前菜一つひとつにプロの技が冴えわたり、家庭では真似できない味。
野菜の食感一つとってみても、切り方や下処理によって全くの別世界。

ピーマンのファルシー、所謂肉詰めですが、こんな普通の料理さえ普通でない味です。
ですから、レストランの食事を家庭で楽しむという感覚なのです。

集めた食材に、旬の夏野菜やスープを組み合わせてストーリーを完成させます。
こうして組み立てられたストーリーは、いつもの食事をエンタテイメントタイムに変えます。

メインのイワシも肉厚の身に適度な脂がのり、予想通りの美味しさ。
こうして、メリハリの利いた満足度の高い食卓を囲むことができました。

メインコンセプトを決め、それを引き立てるためのストーリーを組み立てること。
全てはお客様の視点に立って。これぞマーケティングの真髄です。


★ 伝わるマーケティング・ストーリーの構築は、ご相談ください。
  
Alpha Marketing Corporation


alpha_marketing at 05:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン&グルメ