2011年11月

2011年11月27日

(番外) 未知との遭遇


週末は気軽に、ワイン&グルメ。

ワイン選びや、美味しい料理のセレクトはマーケティングに通じます。

 

レストランでの食事の醍醐味の一つ、それは新しいワインとの出会い。

ソムリエに好みを伝え、お勧めのセレクトに身を委ねる。

 

決して他人任せではなく、自分の希望を的確に伝えられるか

或いはソムリエがそれを的確に引き出してくれるか。

 

料理との相性もしかり、その日の気分もしかり。

会話がかみ合わなければ、ワインリストの中から既知の銘柄を選ぶまで。

 

上手くかみ合えば、会話そのものが楽しいものですし

結果として美味しいワインと巡り合えれば、この上ない喜びです。

 

中でも気に入った出会いは、その時の料理や会話も含め忘れないもの。

そんな1本が”Chateau Fonbadet”。 


Fonbadet

 

出会ったのは10年ほど前、浅草のとあるフレンチ・レストラン。

当時、まだ子が無かったこともあり、妻とよく食べ歩き、飲み歩きしました。

 

初めて訪れた店でしたが、ソムリエとの会話を楽しんで選んだこの1本。

Pauillacの土の香りがするワインが飲みたいと言ったのが始まりでした。

 

あまり知られていませんが、と勧められたのですが、これが大当たり。

手頃な価格で実に美味い!

 

もちろん供された料理も、どれ一つ期待を裏切らない、嬉しい一夜でした。

想えば、カエルを初めて食したのもこの店。

 

その後、行きつけのワインショップなどで探してもらったのですが

輸入量が少ないらしく、なかなか見つかりませんでした。

 

ところが昨年、ネットショップで数年ぶりに邂逅。
かのムートンと畑が隣接しているという事実も初めて知りました。

 

かくして我が家の定番の一つとなったFonbadet
ジビエの季節、鴨のローストと合わせたいなと考える今日この頃です。

 

こうした出会いも、件のソムリエの知識と会話力の賜物。

これは、我々コンサルタントにとっても必須の能力です。

 

コンサルタントというと、教える人というイメージがあるかもしれませんが

実際にはクライアントの本質的課題をいかに引き出すかが成否の分かれ目。

 

ご自身が意識していない内包する課題を質問によって導き出し

如何に気付かせるかが勝負なのです。

 

課題が見つかれば、後はそれを解決するばかり。

解決した暁には、美味しいワインで乾杯です。



<緊急告知>

『中小企業サバイバル支援特別企画!』

中小企業にとって、これからの半年が生き残りの分かれ目。

事業再生のために即効性のある魔法の杖はありませんが

3ヶ月あれば仕組みが作れ、6ヶ月あれば成果が表れます。

   1社限定、特別増枠です


★ 企業経営に関するお悩みは、ご相談ください。
  Alpha Marketing Corporation



alpha_marketing at 04:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン&グルメ 

2011年11月25日

(112) 打ち手早けりゃ結果も早い

◎ 即断、即決、即実行

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントをお届けする

『マーケティング小咄』。今回のテーマは経営改革。

 

夏の終わり頃から兆候のあった金融機関における融資先の絞り込みと

それに伴う市場の縮小による中小企業を取り巻く経営環境の悪化。

 

秋以降厳しさを増すことは必定であり、それに備えて企業体質の強化を図ることが

急務であるとの警鐘を鳴らしたのが9月下旬。

 

101日に募集を始めた特別支援企画にいち早く応募されたのが

雑貨の輸入・販売会社を営む40代の2代目社長。

 

即断、即決、即実行がモットーで、やってみて失敗しても学ぶことはあるが

やらずに後悔したくはないと仰る。

 

お話を伺うと、とても勉強熱心な社長で、ビジネス書や歴史書など読書量も豊富。

様々なセミナーにも参加され、良かれと思えば何でも実行してきたとのこと。

 

失敗もあったものの積極姿勢が功を奏し、親から受け継いだ会社の売上規模を

10年余で5倍に成長させたという実績をお持ちです。

 

今回も、金融機関からの資金調達が難しくなってきたことや市場の低迷を肌で感じ

何か手を打たなければと考えていた矢先だったとのことでした。

 


◎ 大切なのは理解と実行

 

課題は、年末に向けた資金調達と事業の見直し。

特に滞留在庫品や、不採算で宙に浮いた案件が多数見受けられました。

 

即実行という社長のモットーで、それロングテールだと言って扱い品目を増やしたり

やれブルーオーシャンだと言っては新しい市場を求めたりした結果でした。

 

反面、本来真っ先に取り組むべき顧客管理は体制ができておらず

数万件のリストを持ちながら、有効な手立ては全く講じられていませんでした。

 

そこで、先ずは既存顧客の分析と、その結果に基づくアプローチによる

売上確保と在庫の縮小。

 

既存事業の整理・統合による事業計画の策定。

それに基づく資金計画の実行といった方向性が、たちどころに打ち出されました。

 

10月中には骨子が固まり、事業計画策定へ。

計画に基づき、金融機関からの資金調達も、ほぼ希望通りで決まりました。

 

既存顧客へのアプローチも始まり、不良在庫と思われていた商品が動き出しました。

現在は、新年度からの組織変更に向け人事案に着手しています。

 

私自身、手掛けた案件の中でも最も早く効果が表れた事例の一つとなりそうです。

やはり重要なことは実行力であると、改めて実感しています。

 

中小企業を取り巻く経営環境は、日々厳しさを増しています。

逡巡している暇はありません。有効な戦略を立てて、実行あるのみです。

 


今日の一言: 迷わずに、即断、即決、即実行!



<緊急告知>

『中小企業サバイバル支援特別企画!』

中小企業にとって、これからの半年が生き残りの分かれ目。

事業再生のために即効性のある魔法の杖はありませんが

3ヶ月あれば仕組みが作れ、6ヶ月あれば成果が表れます。

   1社限定、特別増枠です


★ 成功に導く事業計画作りは、ご相談ください。
  Alpha Marketing Corporation




alpha_marketing at 05:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中小企業経営 

2011年11月18日

(111) 新規事業という選択肢

◎ 自己変革していますか
 

コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントをお届けする

『マーケティング小咄』。今回のテーマは新規事業。

 

2011年も、残すところ1ヶ月余りとなりました。

順調に業績を伸ばしている企業と苦戦を強いられている企業。

 

その差は何かと考えると、一言でいえば自己変革できているか否かといえましょう。

市場や消費者は常に変化しており、相対的に自社の位置付けも変わっています。

 

震災や異常気象、欧州金融危機や円高等、今年は特に変化の大きい年でした。

しかしながら、程度の差こそあれ、この変化は毎年生じている普遍的な流れです。

 

自社の置かれたポジションの変化を正確に把握し、的確な戦略を立てる。

これこそが、企業を存続させ、成長させるための唯一の方法です。

 

近年では、リーマンショックにより、企業は大きな自己変革を求められました。

事業内容や収益構造の見直しに成功した企業だけが成長を続けているのです。

 

秋以降、金融機関による融資の絞り込みが顕著になっています。

中小企業を取り巻く経営環境は、益々厳しさを増して行くことが予測されます。

 

一日も早く変革に着手し、体質改善を進める必要があります。

新規事業も、その為の選択肢の一つです。

 


◎ 失敗しない新規事業のすすめ

 

新規事業というと、新しい事業を展開して事業拡大を図るという

ハイリスク・ハイリターンのイメージがあるかもしれません。

 

しかしながら、ここでご提案するのは、生き残りをかけた

危機脱出のための新規事業ですから、失敗は許されません。

 

既存の経営資源を活用した上で、自社の提供できる製品やサービスを見直し

そこに新たな付加価値を見出して事業化して行こうという取り組みです。

 

先に述べたように、市場や消費者は大きく変化してきています。

価値観が変われば視点も変わって来ます。

変化はまた、チャンスでもあるのです。

 

対象市場を変えたり、或いはそこに属する消費者の価値観が変化すれば

今まで注目されなかったポイントが評価され、新たな収益源となり得ます。


その為には、一にも二にも市場の変化を見極め、自社を見つめ直すこと。

生き残りをかけて、時間はそう残されてはいないのです。

 


今日の一言: 視点変え、価値生み出すも新規事業



★ 失敗しない新規事業は、ご相談ください。
  
Alpha Marketing Corporation


 <ご案内>

 『独立士業のためのマーケティング発想法』
  という
無料PDF資料をご用意しました。

  ご希望の方は、メールにてご請求ください。
   士業以外の方もお気軽にどうぞ。
 
info@alpha-marketing-corp.com




alpha_marketing at 04:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新規事業 

2011年11月06日

(番外) 我が家の野菜大臣

週末は気軽に、ワイン&グルメ。
ワイン選びや、美味しい料理のセレクトはマーケティングに通じます。

 

最近、小学2年生の長女のお気に入りは「野菜の絶品レシピ」という料理本。

目を輝かせ、まさに食い入るように眺めては、読めない漢字を訊いてきます。

 

あれが美味しそう、これを食べてみたいと興味は尽きないようで

上手な野菜の選び方も学んでいます。

 

そこで、我が家の野菜大臣に任命し、買い物の際、自らの目で野菜を選ばせることに。

これがなかなかのもので、大した目利きぶりです。

 

更には、本を見て自らメニューを決めるようになり、週末は必要な野菜を買い出しに。

実に季節感のある、絶妙なメニュー選びをするのです。

 

先日も、人参のタラコ炒めという、なかなかシブいメニューを選択。

これがまた、ご飯にもお酒にもよく合う絶品でした。

 

人参は細切りにするのですが、最初に斜めに薄切りした際の硬さに応じて

太さを決定するようにとの細かい指示が飛びます。

 

細切りした人参1本分を油で炒めて、しんなりしたら大さじ各1杯の酒と水を加え

蓋をして弱火で23分煮ます。

 

薄皮を除いてほぐした一腹分のタラコを加え中火で和えて、なじんだら

小さじ1/2杯の醤油と小さじ1杯のみりんを加え、汁気がなくなるまで炒めるだけ。

 

選んだ人参も柔らかく旨味があり、我が家の野菜大臣の面目躍如たる出来栄え。

合わせたキャンティ・クラシコにもピッタリでした。



Brolio

 


与えられたポジションが人を育てるということがあります。

 

我が家の場合、野菜大臣就任が契機となり、長女の野菜に対する興味の対象が

より深く、より広く拡大しているようです。

 

新たに役職を与えられ、或いは新社長に就任した途端豹変し

隠れた才を発揮するというケースは、実際によく見かけるものです。

 

特に、マーケティング関連の企画や制作等の分野においては

常に新しい感性を採り入れることで組織全体が活性化します。

 

失敗を恐れることなく、後進に機会を与えることも、重要な経営戦略の一環です。



★ 組織を活性化させる人事戦略は、ご相談ください。
  
Alpha Marketing Corporation


お知らせ
士業経営のヒント満載の無料PDFレポート
『独立士業のためのマーケティング発想法』
好評進呈中です。詳しくはこちらをどうぞ。



alpha_marketing at 03:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン&グルメ 

2011年11月04日

(番外) 独立士業・コンサルタントの皆様へ、無料レポートのご案内

厳しい経済環境の下、企業の経営悪化の影響は専門サービスを提供されている
独立士業やコンサルタントの経営をも脅かしています。

長年の顧問先からの契約解除や新規顧客の減少などから
サービス価格の値下げという状況も見られます。

 

しかしながら、皆様にとって専門サービスは商品であり
値下げにより商品価値を下げてはいけないのです。


値下げ競争になれば、大手資本にかなわないことは
士業ビジネスにおいても同じであり、消耗戦になることは必定です。

 

折角の商品である皆様の知識とご経験を活かさないことは、社会的な損失です。

経営が上手くいかないのは、マーケティングという

皆様の専門外の実践経験が不足しているが故であり、皆様がお持ちの
高度な専門知識や見識とは全く無縁の理由によるものです。

 

一方、私の得意とする専門領域が、たまたまマーケティングであり
その実践を生業としているのです。


このノウハウを皆様にご提供することで、経営にお役立ていただけるのではないか
という思いで本資料を作成いたしました。

タイトルはズバリ
『なぜ値下げするのですか?独立士業のためのマーケティング発想法』 


既にご覧いただいたある士業の方からは、「過去に受講した□万円のセミナーより
分かり易く実践的な内容でした」とのご感想を頂戴しております。
 

資料はPDF版で、メールの添付ファイルにてお送りします。
匿名、フリーアドレスでも結構です。
どうぞ、お気軽にご請求ください。

 

 

資料請求先: info@alpha-marketing-corp.com

         件名に「独立士業希望」と明記の上お送りください。

         差し支えない範囲で、お名前、事務所名、ご専門分野、連絡先
         メッセージ等を
  添えていただければと存じます。
         (匿名でも結構です)

 

 

  主な内容

 1.     はじめに

 2.     あなたはどなた?

 3.     誰に、何を提供するのか

 4.     3分、30秒、1

 5.     顧客は何処に?

 6.     コラボレーションの流儀

 7.     価格戦略

 8.     相対価格と絶対価格

 9.     業務の切り分け

 10.   拡大戦略

 11.   おわりに




★ 士業経営のマーケティング戦略は、ご相談ください。
  Alpha Marketing Corporation



alpha_marketing at 05:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ