2013年09月

2013年09月18日

(190) おもてなしの心

◎ おもてなしの現場

コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントを
お届けする『マーケティング小咄』。今回のテーマは、顧客視点。


五輪招致のプレゼンテーションで一躍話題となり

流行語大賞候補ともいわれる「おもてなし」。


お客様の意を汲んで、それに相応しいサービスを提供する

いかにも日本的な、細やかな接客態度を表している言葉だと思います。


先般、意外なところでそんな光景を目にしました。

場所は、都内の高校で開催された文化祭。


各学年、各クラスがそれぞれ趣向を凝らした創作劇が名物企画。

脚本から舞台装飾、照明や音響に至るまで、全て生徒たちの手作り。


演技も堂に入っており、笑いあり、涙ありの展開は実にお見事。

高校生の視点で、実社会をよく観ているものだと感心しきりでした。


何よりも、必死さ、直向さが感じられ、甲子園球児たちにも通じる

純粋な意気込みに心打たれました。

 

 

◎ おもてなしは、思い遣りから

 

いくつかのクラス劇を観ると、やはり2年生と3年生の差は歴然です。

最も成長著しい時期の1年間は、大きな差となって表れます。


知識や経験、最上級生としての責任感と言った要因もあるでしょう。

しかし、それ以上の差はお客様視点の有無であるように感じました。


より良く見せたいという向上心は共通であり、その為に工夫をし

練習を重ね、準備をしてきたことに変わりはありません。


そこに、どう見せればお客様に分かりやすいだろうか。

どのように語り、演じれば観る者の心に響くだろうかという視点。


そして、舞台に立つ者ばかりでなく、自分たちの自信作を伝えるために

廊下や階段で、声をからしてお客様にアピールする集客スタッフ。


彼らを気遣う主役たち。そこにお互いを思い遣る心があり

それが、おもてなしの精神に繋がっていたように思います。


最後の場面で舞台後方の幕が引っ掛かり、舞台装置を動かす

黒子の姿が覗いたのも、実は演出ではないかと勘繰るほど。


更に、驚いたのはお客様の入退場時における水際立った誘導でした。

押し付けでなく、お客様と一体となって舞台を成功させようという意識。


教室という狭い会場で、少しでも多くの方に気持ちよく楽しんで戴こう

という配慮に溢れ、これぞ、おもてなしの精神と感じました。


本当に、学ぶべきところの多い行事に参加させていただきました。

生徒の皆さん、ありがとうございました。

 

 

今日の一言: おもてなし その精神は 思い遣り




  10年の実績、100件を超す新規事業。
  顧客視点の価値創造
は、ご相談ください。
  
Alpha Marketing Corporation



alpha_marketing at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マーケティング 

2013年09月06日

(番外) ワンコインでお気軽に

初めてお問い合わせをいただく際、どのように話せばよいかと思い悩み

メールや電話をすることが躊躇われたというお話しをよく耳にします。

 

経営の現状に何となく不安を抱き、行き詰まりを感じているのだけれど

どのように相談すればよいのか分からないと仰います。

 

また、折角お会しても、ご相談のポイントが分からなければ

時間の大半を、そうした基本説明に費やすことになりかねません。

 

そこで、こうした皆様を対象に、60分・500円という新サービス

『ワンコイン・アドバイス』を始めました。


500yen














 


経営上の疑問や、日頃の漠然とした悩みなど、内容は問いません。

ご相談内容についてのご相談ということでも結構です。

 

追加費用も、付帯条件も一切ございません。

法人、個人、経営者、被雇用者は問いません。

 

後日、初回限定のスポットコンサルティングをお受け戴くこともできます。

目的を絞って、意義のあるサービスを提供できると思います。

 

東京23区内であればお伺いいたします。

または、市ヶ谷でお会いしましょう。

 

ワンコインで気軽にご相談、ご出張の際にお立ち寄り戴くのも結構です。

一人で思い悩まず、どうぞお気軽にご相談ください。

 

お申し込みは、Eメールにてお願いいたします。

info@alpha-marketing-corp.com



  10年の実績、100件を超す新規事業。
  経営に関するお悩み
は、ご相談ください。
  
Alpha Marketing Corporation



alpha_marketing at 12:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中小企業経営