2014年02月

2014年02月28日

『目的と 前提それぞれ 2つあり』

Facebook Pageにて掲載しているミニコラム【今日の一言】から。

 

     『目的と 前提それぞれ 2つあり』

 

素晴らしい製品ができたので事業化したい。

画期的なビジネスアイデアがあるので事業計画をまとめて欲しい。

 

こういうご相談はよくお受けします。

 

お会いして、話を伺うと、製品やアイデアの素晴らしさについては

滔々と語られるのですが、何が目的か不明確。

 

製品やアイデアを事業化することにより、どんな価値が生まれるのか。

市場や消費者にとって新たな価値が生まれるのか。

 

或いは自社の既存事業にとってプラスとなる

というようなケースもあるでしょう。

 

事業の目的を明確化するためには、市場にこういうニーズがある

或いは自社にこういう事業があるというような前提が必要です。

 

これら、前提があっての事業目的なのです。

しかしながら、話はここで終わりません。

 

今までは、事業自体の目的の話です。

次に確認すべきは、事業計画の目的です。

 

自社の新規事業として実行する為の計画作りなのか。

共同事業者を募ることが目的なのか。

 

或いは資金調達が目的なのか。その場合、銀行などの

金融機関からの融資なのか、ファンド等からの出資なのか。

 

ここでは、事業実現のためにパートナーが必要だったり

準備のための資金が必要だったりということが前提になります。

 

目的によって強調すべきポイントも異なれば、書式も異なります。

 

事業計画策定に当たっては、事業と事業計画

双方の前提と目的を明確にしなければ、望む成果は得られません。




※ Facebook Pageはこちら。よろしければ、お立ち寄りください。

   http://www.facebook.com/AlphaMarketingCorp

 

 

新サービス『ワンコイン・アドバイス』始めました。

初回限定60分・500、お気軽にご相談ください。



BS089 

 









目的に応じて打ち手が変わる・・・。



alpha_marketing at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 事業計画 

2014年02月26日

『失敗に 学ぶ力が 進化生む』

Facebook Pageにて掲載しているミニコラム【今日の一言】から。

 

     『失敗に 学ぶ力が 進化生む』

 

先日、自身の経験に基づいた成功事例と

失敗事例をご紹介する機会がありました。

 

そもそも、人に説明するという前提で自身の経験を振り返ることは

そこから学んだことを整理する為に、非常に有効です。

 

一度理解したつもりでも、いざそれを人に説明するとなると

それなりに自身による再定義が必要となります。

 

この過程だけでも、忘れかけていた記憶が蘇り

単なる情報が血となり、肉となります。

 

そして、そこから何を学んだか、何を得られたかと省みた時

失敗から学んだことが如何に多いかということに気付かされます。

 

失敗を悔み、忘却してしまうのでは勿体ない。

折角の失敗体験、明日への糧としたいものです。



※ Facebook Pageはこちら。よろしければ、お立ち寄りください。

   http://www.facebook.com/AlphaMarketingCorp

 

 

新サービス『ワンコイン・アドバイス』始めました。

初回限定60分・500、お気軽にご相談ください。


BS088
 

 







失敗から学ぶべきこと・・・



alpha_marketing at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ビジネススキル 

2014年02月25日

『文章は 削って絞って 整えて』

Facebook Pageにて掲載しているミニコラム【今日の一言】から。

 

     『文章は 削って絞って 整えて』

 

ビジネス文章は苦手という方は

まず、どのように書き始めたらよいかで悩むのではないでしょうか。

 

その上字数制限が設けられていると、上手くまとめきれず

内容が曖昧になったり、尻切れトンボになったりしがちがちです。

 

時間に余裕があれば、先ず必要項目を挙げ、順序を決めた後

それぞれ肉付けして文書化するという方法が良いでしょう。

 

しかしながら、時間の無い時にはもっと手軽な方法があります。

 

先ず、ワープロを使って短い文章を

テーマに沿って想起されたことから作成して行きます。

 

多少の順序や、文脈のおかしいところは気にせず

箇条書きして行くと良いでしょう。

 

文字数も無視して構いません。

書き漏らした事項があれば、後から追加してください。

 

次に、それらの文章を、起承転結を考えて並べ替えます。

重複事項や類似内容を削除した後、全体の文字数を確認します。

 

オーバーしていれば、重要性の低いものからばっさり削りましょう。

こうして、ある程度文字数が決まったら、最後に文章を整えます。

 

昔ながらの鉛筆舐め舐めでなければ筆が進まないという方はともかく

むしろ、文書作成が苦手な方にこそお勧めの方法です。

 

初めから文章の組み立てに頭を悩まさずとも

思いつくまま進められます。

 

しかも必要事項の漏れもなく

読み手に伝わり易い文書が簡単に作成できます。

 

先ず広げてから絞り込む、これが重要です。




※ Facebook Pageはこちら。よろしければ、お立ち寄りください。

   http://www.facebook.com/AlphaMarketingCorp

 

 

新サービス『ワンコイン・アドバイス』始めました。

初回限定60分・500、お気軽にご相談ください。


BS087
 







ビジネス文書は開いて、閉じて・・・。



alpha_marketing at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ビジネススキル 

2014年02月24日

『質問を 発する前に すべきこと』

Facebook Pageにて掲載しているミニコラム【今日の一言】から。

 

     『質問を 発する前に すべきこと』

 

ちょっとネットで調べれば、誰にでも分かるような情報を

いちいち問い合わせてくるものぐささん。

 

ビジネスの本論と関係の無い開発経緯や

詳細情報を求めて来る顕微鏡さん。

 

どうでも良いような些細な誤植や変換ミスを

鬼の首を獲ったかのように指摘する重箱さん。

 

プレゼンテーションが始まったばかりなのに

皆まで聴かずにいきなり質問してくるせっかちさん。

 

会議の席で、的外れな質問を繰り返す能無しさん。

セミナー会場で、個人的な質問をするおバカさん。

 

これら全ては、他人の時間を奪う極悪人

即刻、打首獄門の刑に処すべし。

 



※ Facebook Pageはこちら。よろしければ、お立ち寄りください。

   http://www.facebook.com/AlphaMarketingCorp

 

新サービス『ワンコイン・アドバイス』始めました。

初回限定60分・500、お気軽にご相談ください。


BS086
 

 











ビジネスルールを守れぬ輩は・・・。



alpha_marketing at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ビジネススキル 

2014年02月21日

(203)継続してこそ

◎ マーケティング戦略は役に立たない?

 

マーケティングは、既に起こっている状況を後付で分析するものなので

将来に向けた戦略構築には役立たないと指摘される向きがあります。

 

確かに多くの場合、まず現状分析から入るので

その意味ではご指摘の通りかもしれません。

 

しかし、それは現状分析という一断面の話であって

マーケティング活動全体におけるごく一部に過ぎません。

 

むしろ、マーケティングにおいて重要なことは

分析結果に基づき仮説を立てることであるといえます。

 

同じ状況を見ても、分析の角度によって

全く異なる見解がなされることもあります。

 

ですから、分析作業においては予見や先入観を捨て

慎重かつ客観的に判断する必要があります。

 

起こっている現象の本質を理解して、その要因を探ります。

そして、因果関係に関する仮説を立てるのです。

 

この作業だけで終わってしまえば、確かに起こっている現象を

後付で分析しているだけであり、仮説自体の正否すら分かりません。

 

 

◎ 真相を探れば

 

かつて、ニューヨークにおける劇的な犯罪減少の後付の要因分析が

地下鉄の落書きを一掃したことによると流布されたことがあります。

 

しかし、同時期の犯罪減少は他の地区でも見られており

一方、落書き一掃作戦の成果が上がらぬ事例も報告されました。

 

実際の主たる要因は全く別のところに在ったようです。

異なる角度からデータを眺めることで、それが明らかとなりました。

 

1970年代の人工中絶合法化により、犯罪者予備軍となりやすい

貧困層などの出生率が減少したことが真因のようです。

 

ビジネスにおいても同様、立てた仮設が正しいとは限りません。

市場の実態や消費者の行動は、必ずしも合理的ではないのです。

 

だからこそ、仮説を立てて実行し、その結果を分析する。

この一連の活動を継続することで精度を高めて行くものなのです。

 

全ての会社にも共通するマーケティング戦略などありません。

仮説と検証の継続によってのみ、自社の戦略が生まれるのです。

 

 

今日の一言: 継続が 精度高める 無二の途



 10年の実績、150件を超す新規事業。

  実効あるマーケティング戦略の構築は、ご相談ください。

  Alpha Marketing Corporation

  『ワンコイン・アドバイス』好評受付中!


IronMan













継続することが重要・・・



alpha_marketing at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マーケティング