2016年01月

2016年01月25日

『制約は 優れた企画の 生みの親』

Facebook Pageにて掲載しているミニコラム【今日の一言】から。

 

     『制約は 優れた企画の 生みの親』

 

企画を立てる際、何も制約を設けずに、自由に発想せよと言われると

かえって何から手を付けてよいか分からないことがあります。

 

或は、あれもしたい、これもしなければという想いばかりが広がり

実現性の乏しいものとなることもしばしばです。

 

現実の場面では、予算や人員、期間や場所など

様々な制約があります。

 

予算に限りあれば、広告費をかけずにPRを活用しようとか

人員に限りあれば外注を使おうとか、様々な発想が求められます。

 

他企業との提携やメディアとのタイアップなど

工夫次第で企画は如何様にも広がります。

 

制約があれば、それは足枷ではなく、むしろ発想を広げるためのツールであり

企画者にとって、腕の見せ処と考えるべきです。




※ Facebook Pageはこちら。よろしければ、お立ち寄りください。

   http://www.facebook.com/AlphaMarketingCorp

 

『ワンコイン・アドバイス』 好評受付中。

初回限定60分・500、お気軽にご相談ください。


BS239jpg 

 










頭を捻って・・・。



alpha_marketing at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マーケティング 

2016年01月19日

『繁忙期 慌てず騒がず 順序良く』

Facebook Pageにて掲載しているミニコラム【今日の一言】から。

 

     『繁忙期 慌てず騒がず 順序良く』

 

ビジネスに予期せぬ事態はつきものです。

臨機応変に対応すべく、日頃から、ゆとりあるスケジュールを心掛けています。

 

しかし、先週はたまたま懸案事項が山積の上不測の事態が重なり

さすがに必要業務量がキャパシティを超えそうになりました。

 

そんな時、効率よく処理するために確保すべき手順がいくつかあります。

 

第一に、全体の作業計画を立てることです。気持ちの焦りから

手当たり次第に業務に取り組んでも結局は非効率という場合が多いのです。

 

先ず、全体の業務内容と必要時間を洗い出し

優先順位をつけることです。

 

集中してやらねばならぬ業務、切り分け可能な業務

翌週に回してよい業務、そして外注可能な業務に振り分けます。

 

集中してやらねばならぬ業務を、日時を決めて割り振ります。

切り分け可能な業務は、余った時間にやればよいのです。

 

第二に、外注業務を発注する際、業務内容をきちんと説明し

納期を明確にし、作業手順書を添えることです。

 

この一手間を疎かにすると、こちらの意図とは異なる内容が上がってきて

結局二度手間になるという非効率が生じます。

 

ですから、絶対に必要な手順です。

これは、社内の他部門に依頼する場合も同様です。

 

そして第三に、スケジュールには必ず空白の時間を設けることです。

 

何らかの突発事項が生じるリスクはいつでもあるのです。

その為の余裕が無ければ、全体のスケジュールが崩壊します。

 

その時間に何事もなければ

切り分け可能な作業を充て込めばよいのです。

 

忙しい時ほど、一歩退いて全体を俯瞰することで

心にもスケジュールにもゆとりが生まれます。

 

こうして、今回も何とか課題解決のめどが立ちました。



※ Facebook Pageはこちら。よろしければ、お立ち寄りください。

   http://www.facebook.com/AlphaMarketingCorp

 

新サービス『ワンコイン・アドバイス』始めました。

初回限定60分・500、お気軽にご相談ください。



BS238jpg 

 







作業工程を定めて・・・



alpha_marketing at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中小企業経営 

2016年01月11日

『煙に巻く 商法続いた 例なし』

Facebook Pageにて掲載しているミニコラム【今日の一言】から。

 

     『煙に巻く 商法続いた 例なし』

 

先日、娘と利用したキッズ向けの某サービス

様々なパッケージメニューが設けられ、詳細な説明を受けます。

 

こんなお得なサービスが付きます、今月限定、今週限定

今だけ、本日限りと、これでもかの矢継ぎ早なご提案。

 

よくもこれだけ覚えられるものだと感心しつつも

聞かされる身としては消化不良も甚だしい。

 

メニュー表を残してもらい、しばし検討することに。

こういう場合は、そもそもの目的に立ち返るに限ります。

 

先ず必要最低限のメニューを絞り、それに追加して

欲しいサービスをプラスして行けばよいのです。

 

するとどうでしょう、お得ですと勧められたパッケージより

はるかにお得なオーダーができました。

 

周りを見渡せば、お孫さんを連れた高齢者の方も多く

勧められるままに財布のひもを緩めていらっしゃる。

 

知ってか知らずか、スタッフも本当にお得なパッケージと

信じてサービスをご案内しているようです。

 

敢えて指摘はしませんでしたが、こういうのを

優れたマーケティングとは言えません。

 

携帯電話や保険商品なども、もっとシンプルで

分かりやすくあって欲しいと願うばかりです。




※ Facebook Pageはこちら。よろしければ、お立ち寄りください。

   http://www.facebook.com/AlphaMarketingCorp

 

新サービス『ワンコイン・アドバイス』始めました。

初回限定60分・500、お気軽にご相談ください。


BS237jpg
 








煙に巻く商法は続かない・・・。



alpha_marketing at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マーケティング 

2016年01月01日

マーケティング小咄 (番外) スタートダッシュ! 新規事業

◎ 年頭のご挨拶

 

新年 明けましておめでとうございます。

本年も、お引き立てのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、所謂アベノミクスの成否はともあれ、政治的安定が

内外に好影響を及ぼしていることは紛れもない事実であり

経済的にも比較的安定しているように思われます。

 

とはいえ、多くの中小企業にとって、景況感は乏しく

むしろ悲観的に思われている経営者も多いでしょう。

 

しかし、現状を俯瞰すると、金融機関や投資家は

資金はあれど、適当な投融資先が見出せずにいます。

 

流通においても、新しい製品や価値を求めていながら

魅力ある商材が見出せず、従来通りの展開に甘んじています。

 

いわば、中小企業にとって絶好の機会なのですが

当事者がそれと気付かず、一歩を踏み出せないのが実情です。

 

申年の今年、見ざる聞かざる言わざるを決め込んでいては

市場から取り残されるばかりです。

 

申の如く、俊敏な行動と柔軟な身のこなしこそが

中小企業の優位性であるはずです。

 

新たな年、ぜひ一歩を踏み出してみませんか。

 

 

◎ 新規事業強化月間

 

一昨年の秋から、金融コンサルタントと連携して

資金調達も含めた新規事業支援をスタートいたしました。

 

既に昨年、いくつかの案件が融資を受けたり

事業計画を再構築して立ち上げに成功しています。

 

新たな年の初めに当たり、新しい価値創造支援に向け

1月を新規事業強化月間と位置付けました。

 

弊社では、初めてご相談される方を対象に

1時間500円のワンコインアドバイスを実施していますが

新規事業案件のご相談につき、時間制限を設けません。

 

1日2社限定で、じっくりご相談をお受けいたします。

このような方は、迷っているより、先ずはお気軽にご相談ください。

 

● 新規事業を始めたいが、何をやればよいか決まっていない

   ⇒ 的確な新規事業案件をご紹介します

 

● 事業のアイデアはあるが、どのように形にすればよいか分からない

   ⇒ 失敗しない事業計画を立てましょう

 

● 事業計画はあるが、資金調達が必要だ

   ⇒ 資金調達のサポートをいたします

 

● 既に立ち上げた新規事業の成果がなかなか上がらない

   ⇒ 原因を分析し、事業計画の見直しをしましょう

 

御社にとって、リスクは僅か500円。

もちろん、その後のコンサルティング契約の義務は全くありません。

 

成功確率80%の実績、ぜひお確かめください。

 


お申込み・お問い合わせは下記宛メールにて・・・

info@alpha-marketing-corp.com




2016StartDash





スタートダッシュが肝心・・・。





 
10年の実績、成功確率80%の新規事業。

  実効ある新規事業戦略は、ご相談ください。

  Alpha Marketing Corporation

  『ワンコイン・アドバイス』好評受付中!



alpha_marketing at 04:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新規事業