2017年07月07日

『事業枠 越すも越さぬも 自己基準』

Facebook Pageにて掲載しているミニコラム【今日の一言】から。

 

  『事業枠 越すも越さぬも 自己基準』

 

先日お会いしたビルメンテナンス会社の社長

元は広告代理店で営業をされていたとか。

 

音楽業界から不動産業界、医療業界など

多岐にわたる人脈と、仕事上のお付き合いから派生して

実に様々な事業を展開されています。

 

本質は営業なので、ご依頼があれば

どんな業界や業種でも対応してきた結果と仰います。

 

周囲におられる方々も、証券会社出身の配管工事会社社長や

大手家電会社の財務畑出身の医療機器会社社長など多士済済。

 

皆さん、それぞれの業界の第一線でご活躍の際

本業にまい進することで、新たな道を切り拓かれたのです。

 

高い専門性があったからこそ新しい分野が開拓でき

そこに踏み込む決断力があったればこそ

今日の成功があると言えるでしょう。

 

彼らの共通点は、常にお客様ありきで発想し

実行してきたということです。

 

元々異業種からの進出ですから、業界慣習に捉われず

顧客企業への付加価値提供を意識されています。

 

先ずは本業を磨くこと、そして業種や業界の枠を超えて

一歩を踏み出すことが成長の鍵であるといえましょう。

 

そもそも、事業領域や業種の括りなどというものは

自身が決めればよいことなのですから

自ら狭い枠に閉じ籠る必要などないのです。

 

 

※ Facebook Pageはこちら。よろしければ、お立ち寄りください。

   http://www.facebook.com/AlphaMarketingCorp

 

『ワンコイン・アドバイス』 好評受付中!

初回限定60分・500、お気軽にご相談ください。

BS295













壁をぶち壊せ!?



alpha_marketing at 03:17│Comments(0) 中小企業経営 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字