新規事業のつくり方 (5)事業化調査のポイントは。新規事業のつくり方 (7)最も重要な要素とは?

2018年01月26日

新規事業のつくり方 (6)既存事業の影響度

新規事業立ち上げの手順を、実際の手順に沿って分かりやすく

解説していくシリーズコラム「新規事業のつくり方」。

 

コンサルティングの現場や、セミナー等でしかお話ししてこなかった

内容も含め、成功に導くための秘訣を公開していきます。

 

初めて新規事業に取り組む方にも、既に取り組んでいる方にとっても

今、何をすべきか、どのように進めればよいのかが明確化します。

 

 

◎ 経営資源を活かせるか

 

新規事業の成否を測る10項目。

今回は2つ目の区分、既存事業における3項目を解説します。

 

 

2)既存事業における3項目:

 

既存事業における優位性が新規事業に与える

プラス(時にはマイナス)要素。

 

 

 ④ 顧客: 既存事業の顧客は新規事業の顧客か否か

 

一般的に、購買意思決定の際、「何を」と同等か

或はそれ以上に「誰から」という要因が大きな影響を与えます。

 

信頼関係の有無が問われているのです。

 

既存顧客とは信頼関係が構築されているので

新規事業にとってプラス要素となります。

 

直接の対象ではなくとも、積極的に

見込み客を紹介してもらえる可能性があります。

 

例えば、化粧品会社が新規事業として男性用化粧品ブランドを

立ち上げる際、既存ユーザーである女性がパートナーに

勧めてくれるというケースがあります。

 

既存ユーザーは、新規事業に際して有力なサポーターですから

活用できるか否かは重要なポイントです。

 

 

 ⑤ 流通: 既存事業の流通網が活用できるか

 

顧客同様、既存事業の流通網が活用できるか否かという点も

新規事業の成否に大きく関わってきます。

 

全く新しい事業分野への進出であれば、流通形態も

一から構築する必要があるケースが多いでしょう。

 

販路の構築は、新規事業を展開する上での

最重要課題の一つです。

 

たとえ間接的な繋がりであっても

活用できるのであればプラス要素となります。

 

 

 ⑥ ブランド力: 当該市場に通用するブランド力があるか

 

ブランド力とは信頼度であり、既存市場においては

品質や価格などの様々な要素によってプラス

もしくはマイナスのイメージを形成しています。

 

より消極的な効果としては、単なる認知という場合もあります。

 

全く新しい市場への参入に際しては、認知されているだけでも

大きなプラス要素となる場合があります。

 

ですから、ブランド力も新規事業の成否を測る上で

重要なファクターとなります。

 

 

上記の3項目では、自社の経営資源がどれだけ新規事業に

プラスの影響を与えられるかを測ります。

 

新規事業がスムーズに立ち上がるか否かを左右します。

次回も、引き続き残りの4項目について解説して参ります。

 

 

★ 新規事業に関するお問い合わせ、講演・執筆のご依頼はこちら

 

★ 新規事業の手順が分かるセミナーはこちら



BNB006














暖簾の効果やいかに!?





alpha_marketing at 15:25│Comments(0) 新規事業 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新規事業のつくり方 (5)事業化調査のポイントは。新規事業のつくり方 (7)最も重要な要素とは?