(245)テレワークの先にあるもの

2020年06月09日

(246)メモとパソコン

◎ WEBセミナー、始めました!

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスから

マーケティングのヒントをお届けする『マーケティング小咄』。

 

今回のテーマは、ビジネスセミナー。

 

 

ここ数年、専門である新規事業をテーマとした

オープンセミナーを年間56回開催しています。

 

5月度は、コロナ禍に伴う企業活動の自粛により

会場に足を運べないというご意見が多数寄せられました。

 

主催者と協議した結果、WEBを使ったライブ配信の

セミナーを実施しました。

 

 

新規事業の場合、ご参加いただく方の専門分野や

業種・業態、求める内容も千差万別です。

 

いつもは、受講者の現状を伺いながら

或は理解度を確認しつつ進めるセミナー。

 

一方通行の配信ではそれもままならず、果たして

伝わっているのかとの不安を抱きつつ話を進めます。

 

 

初めてのWEBセミナーに際し、心掛けたのは以下の2点。

ゆっくり話すことと、受講上の注意を予め伝えること。

 

とりわけ強調したことは、手元の資料ではなく

画面と話に集中して欲しいということ。

 

配布資料には、ポイントしか記されていません。

それだけ見ても、大した意味のないものなのです。

 

解説を聞き、自身や自社に置き換えて考えてみて

気付いたポイントをメモして欲しいです。

 

 

企業において、新規事業の成功をサポートすることが

本来の私の役割です。セミナーは、手段の一つです。

 

単に有益な情報を伝えるのではなく、実際に考え

行動して自社の新規事業に活かして戴くことが目的です。

 

その為に、このプロセスは非常に重要なポイントです。

配布資料への書き込みが、ご自身の思考の結果なのです。

 

 

◎ パソコンの弊害

 

会場でのセミナーでは、何割かの方がパソコンを持参して

カチャカチャと慌ただしく手を動かされています。

 

かつては自身がメモした文字を読み解けぬほどの悪筆の為

レポート作成では大いにパソコンの恩恵に与ってきた身です。

 

それでも、セミナーやインタビューで人の話を伺う際には

必ず手帳やノートに手書きをします。

 

 

理由は2つ。先ず相手の話に耳を傾けることに集中できます。

ポイントのみをメモすることで自身の頭に記憶させられます。

 

当然ながらメモする内容は断片的ですから

必ず見返して、自身で情報を再整理することになります。

 

この過程を通じて、インプットした情報が

初めて自身にとっての価値に変わるのです。

 

 

全ての方がそうだとは申しませんが、一般的にパソコン入力

されている方は、その場で作業の完結を図っているのでしょう。

 

備忘録や会社への報告書として時間内に終えようとしている。

振り返りも無ければ、実務に活かされることもないでしょう。

 

これまでの経験上、更に悪影響を及ぼすことがあるのです。

それは、話の内容がすり替わってしまうことなのです。

 

 

文章であれ、箇条書きであれ、パソコン入力の際

一つのセンテンスとして入力されることが殆どでしょう。

 

文章として完結させために、聞き逃した話し手の言葉を

省略したり、勝手に意訳してしまうことがあるのです。

 

例えば「AB(ではなくC)である」という文章の

カッコ部分を聞き逃せば真逆の内容になります。

 

まさかと思われるかもしれませんが、まとめと称して

確認を依頼された報告書に多々見られるのです。

 

誤りを指摘するとともに、受講の様子を伺うと

何れもパソコンを使って入力された方でした。

 

 

◎ 全ては成果のために

 

因みに、私のセミナーにおいては、メモを取って戴くことを

前提に、エピソードを交えます。

 

エピソードのキーワードをメモすることで

その時の情報が想起されることを期待しているのです。

 

 

また、WEB配信も含めた殆どのセミナーにおいて

後日の個別相談の機会を提供しています。

 

新規事業の基本となる80%は共通項としてセミナーで

お伝えできても、20%は個別要素と考えるからです。

 

多くの場合、その20%こそ直面する課題であり

新規事業推進の足枷となっているのです。

 

試行錯誤の末至った最良の方法であり、実際に

多くの新規事業成功のきっかけとなってきました。

 

 

無料で提供している受講特典であり、多くの受講者が

希望されるのですが、実際に相談される方は何割か。

 

受講した内容を自分なりに解釈し、運用してみる。

思考と行動無くして成果は得られませんね。

 

 

コロナ禍による一連の自粛が落ち着いた後も

テレワークの活用やWEBセミナーの流れは続くでしょう。

 

折角受講されるのであれば、実ビジネスに役立つよう

工夫してみることをお勧めします。

 

 

 

今日の一言:  指よりも 頭と身体が 成果生む

 

 

新規事業のご相談、セミナー・執筆のご依頼はお気軽にどうぞ。

AlphaMarketing Corporation


246



















これはメモ帳?!



alpha_marketing at 15:44│Comments(0) ビジネスセミナー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
(245)テレワークの先にあるもの