(250)目的は何か?(252)コロナだからこそ新規事業!?

2020年11月05日

(251)音楽と料理と新規事業?!

◎ 趣味と仕事の関係性

 

コンサルティングの現場や身近なトピックスから

マーケティングのヒントをお届けする『マーケティング小咄』。

 

今回のテーマは、新規事業的発想。

 

 

本ブログでも時々触れている通り

筆者の趣味はギター演奏と料理。

 

にわか仕込みではなく、何れも小学生の頃から

興味を持って取り組んでいるものです。

 

新規事業との関わりは、およそ社会人人生を通して

ですから、かれこれ35年になります。

 

もちろん、趣味も仕事も好きで関わっているのですが

その関わり方に共通点があるので、そんなお話を少し。

 

 

ギターは小学6年生の時に始め

中学時代には、初めてのバンドを結成しました。

 

以来、大学を卒業するまでずっとバンド活動を続け

オリジナル曲や、有名バンドの曲をカバーしていました。

 

後者の、有名バンドの曲を演奏する際

人によって対応は様々です。

 

 

大別すると、原曲を完全に再現することを追求する方と

原曲をモチーフとしながら自分なりの表現を目指す方。

 

善し悪しの問題ではなく、考え方の問題です。

あくまでも、演奏者個人の価値観の問題でしょう。

 

プロのギタリストでも、ライブにおいてご自身の音源を

忠実に再現される方もいらっしゃいます。

 

一方で、ステージ毎に全く異なる演奏をされる方もいます。

後者である私は、当然こちらを支持します。

 

むしろ、折角のライブでCDと同じ演奏をされたら

がっかりしてしまうというのが本音です。

 

筆者にとってギターは自己表現する為のツールであり

ライブは場のエネルギーを表出する手段だと考えるからです。

 

 

有名ギタリストのフレーズを真似して練習することはあっても

再現して演奏することに全く意義を見出せないのです。

 

常に自分なりの工夫やアイデアを加え

新しいものを表現して行きたいと考えているのです。

 

 

◎ 新規事業的発想法

 

もう一つの趣味である、料理についても

似たような考え方を持っています。

 

料理をする際、レシピを見ながら作る方がいます。

何度も作っている料理であってもレシピが手放せない。

 

レシピに記載されている料理が揃わないと作れない。

そんな方は意外に多いのかもしれません。

 

 

筆者の場合、レシピを見ることは殆どありません。

初めての料理に挑戦する際、参考にする程度です。

 

あくまでも、手元にある食材を見て何が作れるか、

或は食べたいものを想起して、必要であろう食材を調達。

 

その際必要なのはレシピではなく、自身の感性。

この料理に何を入れれば美味しいだろうか。

 

こんな調味料を入れたら美味しくなるのではないか。

食材が手元に無ければ、何か他のもので代用できないか。

 

 

このように考える過程こそ料理の面白さであり

時に少し狙いを外しても、リカバーすることもまた楽しい。

 

重要なことは、どんな出来上がりにしたいのかという

明確なイメージを持つことです。

 

それによって、過程はともあれ、結果として

何かしら美味しい料理に仕上がるものです。

 

レシピありきでは、出来上がりのイメージは希薄になりがち。

手順を間違えた際のリカバリーも難しいかもしれません。

 

 

新規事業においては、こうした柔軟な発想こそ

最も重要な要素であると言えます。

 

必ず上手く行くレシピなどどこにもありませんし

必要なリソースが必ずしも揃うわけでもありません。

 

そんなものを探している間に、タイミングという

非常に重要な要素を逸してしまうかもしれません。

 

今ある材料は何かをしっかり見極め

事業の出来上がりを明確にイメージすること。

 

全ては新規事業の成功に向け必要な発想法と

密接に結びついているようです。

 

 

今日の一言:  レシピより 感性磨き 創意せよ

 

 

新規事業のご相談、セミナー・執筆のご依頼はお気軽にどうぞ。

AlphaMarketing Corporation


251

























いかに表現するか・・・。



alpha_marketing at 00:30│Comments(0) 新規事業 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
(250)目的は何か?(252)コロナだからこそ新規事業!?