2007年04月24日

4月24日

4月24日の日経平均株価は終値で前日比3円60銭安の17451円77銭の小幅反落で取り引きを終えた。
前日の米国市場の下落を受けて、開始早々売りが先行する展開で、一時は17300円近くまで値を落とした。その後先物への大口の買いが断続的に入ったこともあり値を戻していった。しかし、上値は重たく戻り売り圧力も強く、方向感の定まらない推移となった。
総じて様子見気分が強く流れており、出来高・売買代金ともに低調に終わった。決算発表が期待以上でなかった主力株は総じて値を下げる展開となっており、今しばらくは方向感の乏しい相場展開が続くことが予想される。

alphareport at 17:32 この記事をクリップ!
月別アーカイブ