人気のタイラバゲーム。
テイルウォークでもふたつのラインナップを用意しています。
どちらにしようか?悩む方もいらっしゃるようです。
と、いうことで今回は
タイゲームTZタイラバと
ソルティシェイプダッシュタイラバ(以下、SSD)
のカンタンな説明をさせていただきます。

TAIGAME TZ rubber
NCM_5564
フルソリッドモデルがメインにラインナップされています。
SSDに比べても先調子の設計。
感度と釣った感を優先している・・・マニュアル仕様とでもいうのでしょうか?
ドラグも含めタックルセッティングをギリギリまで設定しながら魚にプレッシャーを掛ける!
みたいなアングラーの人には特に面白いロッドだと思います。

ガイドセッティングと、先ほど述べた、”先調子”の
アクション設定により「ブレないリトリーブ」ができます。
タイラバの釣りで一番集中するべき
”着底&巻き上げ”時の感度とクイックレスポンスを得ることができます。
コッ(着底)クルクル(巻き上げ)・・・と移行するリズムをとりやすいというわけです。
慣れてくるとそこでおこる絶妙な変化を感じることができます。
そこで巻きアワセを仕掛けていくこともできるでしょう。
このロッドを使いこなしてきたときに見えてくる・・・シークレットです。

先調子といえど心配しないでください(笑)そこは専用ロッドです。
マダイのバイトの強さに追随するティップセクションのしなやかさと
無段階に曲がりこんでいくフルソリッドなのです。
最後は粘りを持った”芯”と”トルク”で「グサッ」「グサッ」っと、
最近のタイラバに標準装備されている小さなフックを
マダイの唇周辺に絡め掛けることができるはずです。

小口径トルザイトリング&チタンフレームによりブランクの近くをラインが通るため
感度がUPとブランクのパワーをロス無く伝える役目を果たしています。
小口径といえど日本海ではクラゲの発生時期とリンクするタイラバの釣りなので
「クラゲの切れっ端」でガイドが詰まらない絶妙なサイズを選択しています。
クラゲの切れっ端で穂先を折る方も多いみたいですからね。

波の高い状況や荒天時は巻き上げるタイラバが
ぴょんぴょん!?へこへこ!?
「不自然さを嫌う」マダイだけにバイトが遠くなるような(気がする)ときもあります。
そんなときはLアクションなどワンランク軟らかいものにシフトし「ねばーっ」と引く
不自然になる動き自体を吸収することもタックル選択としてアリだと思います。
それをアングラー側で意図的におさえることができるなら問題ありませんが。

ビギナーの方や最初の一本にはMLアクションをおすすめします。
慣れてきたら二本用意しタイラバの重さ、色、など色々
試し反応を見るシステムを作っておくのもこの釣りでは重要です。
慣れないうちはドラグ設定はやや弱めに設定してみてください。

9月にリリースされるC610Hはヘッド2個付けや
重めのヘッドの使用にも負けないパワーモデルです。
潮の早いエリア、ディープ攻略の鍵を握る一本ですね。
タイラバのみならず操作性が必要になるインチクや青物のジギングなどにも使用できるでしょう。
よくばりアングラーにオススメです。


SALTYSHAPE DASH TAIRUBBER
NCM_6857
SSDのシリーズはソリッドティップとフルソリッドを用意しています。
フルソリッドもソリッドティップモデルもタイゲームTZに比べても
センター&バットセクションが軟らかく全体的に曲がります。
これは初心者の方も想定した「オートマチックタイラバ」を狙っています。
ドラグ設定だけ決めあとは巻くだけ!みたいな。
頼りない!?程にフワッとしたアクション設定で穂先からバットまでスムーズに曲がります。
誰でもバタつかない安定した巻きができると思います。
あえて・・・のノーカンジなフィーリングで
「気がついたらノッていた」ことを意図的に起せるロッドですね。

ソリッドティップ、フルソリッドの使いわけは好みが大きいですが
ソリッドティップモデルは「ふわふわ感」の中に操作性を盛り込んでいます。
意外にも太目の穂先でボトムタッチからの巻き上げもレスポンス良く行えます。
万能を求める初心者の方にもおすすめです。

フルソリッドモデルは「細くしなやかに曲がり・・・芯は残る」
細いのでバイトの見え方(表現力)が面白いです。
フルソリッドといえど先調子のタイゲームTZのアクションとは別物です。
先ほどもお伝えしたとおり初心者の方にもオートマチックに
ノセるしなやかさと”間”を盛り込んでいるからです。
アベレージサイズの小さいフィールドやタフコンディションにもおすすめです。

9月にリリースされるC69H/SLはソリッドティップですが穂先をあえて太くしています。
重めのタイラバやインチクを背負ってもティップが「ぺこん」ともたれ曲がらないようにするためです。
当然、インチクなどにも使えますね。ガイドはSSDの従来モデルよりもワンサイズ大きくしています。
これも日本海での大鯛狙いで使用されることを想定した「クラゲ対策」なのです。

Nakachaaan!